* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.01.12

[宮古島]地元客が並ぶ有名店
くになか食堂のフワフワ天ぷら

writer : 砂川葉子

くになか食堂といえば天ぷら、というくらいの地元の有名店です。
くになか食堂には、天ぷらのテイクアウト専用の入り口があり、3時前後は天ぷらを買い求める地元客が列をなすほどです。
くになか食堂といえば天ぷら
食堂でも天ぷらは注文でき、メニューの宮古そばには、天ぷらが2個ついてくるうれしいサービスもありますよ。
これほどまでに地元に人気の天ぷらは、ぜひ食べてみたいですね!
くになか食堂で、お腹も心もたっぷりと満たしましょう。

くになか食堂名物の天ぷらをテイクアウト!

沖縄でてんぷらといえば、フワフワの衣に、薄い塩味がついていて、おかずというよりはおやつ感覚で気軽食べる県民のソウルフード。
くになか食堂
カウンターのみ
くになか食堂の左手側のガラス戸を開けば、厨房をのぞくカウンターのみで、ここから店員さんに声をかけて天ぷらを注文します。
魚天ぷら、野菜天ぷら、イカ天ぷらの3種類のミックスで、値段は3個で100円です!安いですねえ!
たった3個を注文するなんて恥ずかしいかな、なんて思わずに、気軽にカウンター超しに声をかけてみてださいね!
カウンター超しに声をかけて
天ぷら好きなら、「500円分ください」といっちゃってください!
たっぷりと15個の天ぷらもシェアすれば、あっという間になくなっちゃいます。
揚げたてのアツアツ、フワフワの天ぷらは、手が止まりません。
ほら、早速こんな風に助手席で広げちゃってます。
ドライブのお供に天ぷら
ドライブのお供に天ぷら、ぜひお試しください!

くになか食堂の宮古そばは天ぷら付きでワンコインの安さ

くになか食堂は、天ぷらだけじゃありません。
食堂では、ボリューム満点の島の家庭の味を堪能できます!
いろいろなメニュー
くになか食堂のそばは、ワンコインの500円。
しかも、くになか食堂名物の天ぷらが2個付きです!
そして、くになか食堂のおそばのスタイルがまた独特です。
めんの上にはひらりと一枚の菜っ葉、
その上に三枚肉とかまぼこが行儀よく並んでいます。
この菜っ葉さんは、飾りじゃありません。
おそばのスタイル
あっさりとした透明なスープをゴクリと飲んで、そばをすすって、三枚肉のをかじりついて、スープに浸った菜っ葉をしゃくっと食べる。これがおいしくて、いい口直しにもなるのです。またまたずずっとそばをすすって、菜っ葉を食べる、このサイクルが良いんですね。
これは、くになか食堂の女将・和子さんのアイデアで、
そばだけだと野菜が不足しないかと始めた優しさなのです。

意外と寒い宮古島の冬、くになか食堂のみそ汁でポッカポカ

冬なら「みそ汁」がオススメだね、と和子さん。
え?みそ汁?と、?マークの方はまずはご覧ください。
沖縄でみそ汁とは、豆腐とわかめがプカプカと浮かんでいるようなものではありません。
汁から盛り上がるほどにたっぷりの具が入ったどんぶりいっぱいのみそ汁に
ご飯もセットなのが、沖縄の食堂のみそ汁、これがくになか食堂のみそ汁定食(600円)です。
みそ汁定食
人参、玉ねぎ、ニラ、キャベツ、もやし、豆腐、小松菜、菜っ葉、豚肉、卵、それにポークも入ってます!
「旅の人が分からんでから、みそ汁と野菜炒めなんか頼んでからビックリするわけさ~、だから、教えてあげるわけよ~。」と楽しげに笑う和子さん。
はい、私もかつてやらかしてどうしようかと途方にくれてことがあります。
店内
昔を思い出しちょっと苦笑いしながら、ちょっと甘めのスープをすすります。
意外と寒い、沖縄の冬、味噌汁を食べれば体も心もホカホカです。

スマートポイント

  • くになか食堂のメニューは数は少ないけど、どれもボリューミーで安くておいしい!チャンプルー系も焼き飯もおすすめですよ。
  • くになか食堂の天ぷらは、3個で100円で買えます。少ないと恥ずかしいかな、と思わずにぜひカウンターで頼んでみてください!とてもおいしいですよ!
  • くになか食堂は、午後3時前後は天ぷらを買い求める地元客で混み合うこともあるので、ご了承くださいね。

ライターのおすすめ

畑や集まりの差し入れには、くになか食堂の天ぷら。現れた瞬間から歓声とともに「くになか食堂だね!」と香りで嗅ぎ付けられるくらい、地元では愛されている食堂です。

砂川葉子

岐阜県出身、宮古島諸島のどこかの小さな島に在住。農業と民宿業、島興し業と並行してライター業にも携わる。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0