* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.02.25

[久米島]畳石から最短距離
お食事処レストハウス畳石

writer : 糸数麻美

久米島の人気観光スポットがギュッと集まった奥武島(おうじま)。
海洋深層水を100%使用した温浴施設「バーデハウス」や本物のウミガメに合える「ウミガメ館」「畳石」など、見所満載なこの場所に、お食事処レストハウス畳石があります。
お食事処レストハウス畳石

優しいおもてなしの心

広々とした店内。
窓の外を見れば、青い空・青い海!最高なロケーションです。座敷は、仕切りもあるので、子ども連れでも安心してゆっくりとくつろげます。
広々とした店内
窓の外
店員さんがまず運んできてくれたのは、熱々の玄米茶。この日は、とても寒かったのですが、その日の気温や気候に合わせ、お冷やお茶を用意しているそうです。座った瞬間から、なんとも、きめ細やかなおもてなし。
玄米茶
健康増進&元気促進のスパ施設バーデハウスが運営している飲食店とあって、「ヘルシー御膳」や「ゆがふプレート」といった、体にも優しいメニューも提供しているそうです。
体にも優しいメニュー
ホテルのレストランのようなホスピタリティ精神で迎えてくれるお食事処レストハウス畳石は、前日までに予約をすれば、予算に応じて料理のリクエストが可能だそうです。メニューに掲載されていない車エビが食べたい、島野菜が食べたい、そんな要望も食材がそろう限り対応してくれます。

人気メニューは、久米島そば

多くの観光客が注文してしまうメニュー、それが久米島そば(540円税込)
小サイズ
こちらは、女性や子どもにありがたい小サイズ。108円引きです。大盛りが食べたい方にも朗報、162円追加すれば、お腹いっぱい食べられますよ。
前日から、豚骨・カツオ・鶏ガラでコトコトと煮込んだスープに、口に入れた瞬間にとろけてしまうほど軟らかい自家製の三枚肉。お値段以上のおいしさです。紅ショウガはお好みでどうぞ。

旅先で野菜不足が気になる方にピッタリな、野菜そばもオススメです。三枚肉とスパム入りの野菜炒めをのせたボリューム満点のおそばは、島人にも好まれています。
野菜そば
何を食べようか迷う方には、そば定食(1,080円税込)もあります。
三枚肉とソーキが1枚ずつ入った合盛そば・じゅーしー(沖縄風炊き込みご飯)・小鉢(沖縄料理)・ミニぜんざいの黄金グルメな組み合わせで提供しています。
ランチタイム中は、ドリンクもサービス。コーヒーや紅茶の他に子どもも喜びそうなシークァーサージュースが選べます。

こんなところにも島スイーツ

食後のスイーツも充実しています。沖縄定番のブルーシールアイスは、8種類そろえています。
ブルーシールアイス
季節限定メニューでは、冬は、温かいホットぜんざい。
夏は、タピオカドリンクや久米島産マンゴーをのせた数量限定のマンゴーかき氷も出るそうです。

帰り際、レジわきに控えめに置かれていたレアなスイーツを発見しました。
サータアンダーギー
お店で手作りしている、ここでしか購入できない数量限定のサータアンダーギーだそうです。
久米島の想い出に、甘いお菓子が苦手な方も、珍しい塩味のサータアンダーギーならチャレンジしてみる価値ありですよ。

スマートポイント

  • 通常に食べるよりもお得な値段になる週替わりメニューもあります。最新情報は、ブログでチェックしてください。
  • 夏は、外のテラス席も解放しています。テラス席なら、水着で海遊びを楽しんだ後でも、着替えることなく、そのまま食事をしてもOKだそうです。また、今シーズンはバーベキューランチも提供予定だそうです。
  • バーデハウスは、入館後周辺への外出も可。お母さんが、バーデハウス内でマッサージをしている時に、お父さんと子どもが食事を楽しみ、後でまたプールで合流する。そんなプランも可能なので、丸一日奥武島で遊べます。バーデハウスから出る際は、一度フロントに声かけをお願いします。

ライターのおすすめ

実は、久米島内でも低価格でおいしい久米島そばが食べられると有名です。島人と同じくらい観光客のリピーターも多いんですよ。心に体にお財布に優しいお店です。

糸数麻美

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+