* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.05.19

【沖縄子連れ旅】NY和琉絆道
沖縄料理や民謡に満たされる夜

writer : 鈴木亜希子

子連れで夜の沖縄を満喫したいなら
ゆいレール県庁前駅から徒歩10分ほどの那覇市久米にある
「NY和琉 絆道(エヌワイわりゅう きずなみち)」へ。
「NY和琉 絆道(エヌワイわりゅう きずなみち)」
定番の沖縄料理から創作料理などの
子どもも大人も虜になるお料理が
お座敷の個室で気兼ねなくゆっくり楽しむことができる居酒屋です。
そしてオーナーやスタッフによる三線ライブは
さらに沖縄を体感できる時間。
沖縄の夜は、絆道で家族でたっぷり満喫してください!

子連れにうれしいお座敷の個室で沖縄の夜が始まる

のれんをくぐると沖縄民謡が流れていて
一気に気持ちが上がる店内。
沖縄民謡が流れている店内
子連れにはうれしいお座敷の個室があります。
家に帰って来たような寛げる和室
家に帰ってきたようなほっとくつろげる空間で
宴の始まり始まり~。
ビールとお料理
定番の沖縄料理やオリジナルの創作料理など
とにかくメニューが豊富で何から食べようか迷ってしまいますが、
「もずくの天ぷら」はもっちもちでいくつでも食べれてしまうおいしさ。
沖縄で作られた陶器「やちむん」に盛られたお料理
そして器にも注目を!
沖縄で作られた陶器「やちむん」が使われており
ここでも沖縄らしさを感じることができますよ。

オーナーが自ら手作りする絶品「ジーマミ豆腐」

絆道でぜひ食べていただきたい一品はこちらのジーマミ豆腐。
おいしそうなジーマミ豆腐
ジーマミとは沖縄の言葉で「ピーナッツ」のことで
ジーマミ豆腐はピーナッツの絞り汁で作られたお豆腐なのです。
絆道のジーマミ豆腐はオーナーが自ら手作りをしており
ピーナッツの香りや味がとても濃厚でプルンプルン!
仲良くあぁ~~ん!
子どもにも大人にも大人気メニューのひとつなのです。
あまりのおいしさに取り合いになることがありますのでご注意ください~。

「絆道だからこそ!」の三線の生演奏に聴き惚れる

絆道のカウンターに置かれている
沖縄の音楽には欠かせない楽器である三線(さんしん)。
沖縄の音楽には欠かせない三線
お料理に舌鼓を打っていると
アーティストでもあるオーナーがその三線を持って登場!
<img src=
絆道ではオーナーやスタッフによる生演奏で
沖縄民謡を目の前で聴かせてもらえます。
三線の音色と歌声に聴き惚れること間違いなし。

時には見知らぬお客さん達同士が一体となって
大盛り上がりすることもあるんだとか!
地元のお客さんも多いので
これぞ沖縄!という熱い夜も体験できるかもしれませんよ。

〆はこれ!いかすみジューシーで楽しいハプニング?!

真っ黒なこの料理の正体は「いかすみジューシー」
真黒ないかすみジューシー
いかすみの濃厚なコクと絶妙な味付けが渾然一体となっていて
たとえ満腹でもスルスル食べれてしまいます。

夢中になって食べていると…
歯が真っ黒なお子さん
はっ?!歯が真っ黒なんですけど~!笑
真っ黒になった歯
これは飲み物を飲めば取れますのでご安心を。
こんなハプニングも思いっきり楽しんで
素敵な沖縄の夜を過ごしてくださいね。

スマートポイント

  • 子連れにかなりありがたい個室のお座敷席はとても人気なので早めの予約を!
  • ラフテーやゴーヤチャンプルーなど定番の沖縄料理をたっぷり堪能できて、さらに飲み放題付きのお得なコースプランもあり。詳細は予約時にお問い合わせを。
  • 〆には沖縄でよく使われるあの食材を使った「B型ラーメン」もおすすめです。味は濃厚なのに胃にもたれない不思議なラーメンもぜひお試しあれ!

ライターのおすすめ

子連れで行きやすく、おいしい沖縄料理が堪能でき、三線の演奏も楽しめて、アクセスも便利。しかもコストパフォーマンスも最高な居酒屋を那覇市でお探しでしたら間違いなくここですよ~!

鈴木亜希子

2004年沖縄へ移住。看護師をしながら
週末はこどもたちと楽しいことがありそうな場所へのおでかけを楽しんでいます。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+