* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.06.30

大宜味村『前田食堂』といえば
名物「牛肉そば」が一番人気!

writer : 小川研

沖縄本島北部西海岸の大宜味村(おおぎみそん)は、“長寿の郷”として知られています。また、喜如嘉(きじょか)の「芭蕉布」といった伝統工芸や、シークヮーサーの産地としても有名です。国道58号を北に、平南橋を越えて少し行った右手に見えてくる、何とも懐かしい雰囲気の平屋建て。古き良き大衆食堂の風情漂う『前田食堂』は、創業43年。1972年、沖縄が日本に復帰した年にオープンした老舗中の老舗です。定番の沖縄そばの他、看板メニューの「牛肉そば」など、地元のスタミナ源として、長く愛されています。
前田食堂01

ボリューム満点「牛肉そば」の濃厚な味わい!

前田食堂の一番人気は何と言っても特盛りの「牛肉そば」(700円税込 ※以下全て税込)! 沖縄そばの上に、もやし&牛肉炒めが、直径18cmほどの器からこぼれ落ちそうなほどたっぷり乗っています。ニンニク+バター風味に黒胡椒が、ピリっと効いた、かなりのアジクーター(沖縄の言葉で“濃い味”)。
前田食堂02
その下に隠れた250gの麺は、名護市の三角屋製麺所の、平麺気味な太麺を使用。ツルツルした喉越しが何とも贅沢です。スープは豚骨ベースに、炒めものの旨みが浸透し、濃厚な味わいに仕上がっています。
前田食堂03
ところで、このボリュームを完食する自信の無い、特に女性の方などは、前もって「麺少なめで」と伝えれば、対応してくれるので、ご安心を。

定食など各種メニューも充実

もちろん食堂ですので、その他メニューも豊富です。定番の「沖縄そば」(大550円)や、「ソーキそば」(大700円)、「てびちそば」(大700円)も揃います。いずれも透明度の高いスープは一見あっさり系?と思いきや、豚骨とカツオのコクがしっかり浸透し、旨味が醸成されています。ご飯ものでは、「焼肉おかず」(800円)、「牛肉おかず」(1,000円)など、いずれもボリューミーな内容で、スタミナ満点。満腹&満足間違いなしです。海で泳いだ後や、山でトレッキングする前など、エナジーチャージに最適です。
前田食堂04

地元とともに歩んできた43年間

創業は、沖縄復帰の1972年。43年もの間、現在の大宜味村津波の地で営業を続けてきました。元は自宅だったという店舗はおよそ15坪。テーブル&椅子の他に、奥には畳部屋もあるので、家族連れでもゆったりお食事を楽しめます。

ところで、4人家族の場合、例えばオーダーは、お父さんはもちろん牛肉そばを。お母さんはコラーゲンたっぷりなてびちそば(小600円)。お子さん2人はそれぞれソーキそば(小600円)か、沖縄そば(小600円)+ライス(120円)とソーキ(120円)といった組み合わせが、間違いないでしょう。
前田食堂05
大宜味村出身、二代目となる現オーナーは寡黙な人柄。厨房で一心に料理を作る様は、職人的な雰囲気が漂います。片や、女将さんは気さくな親しみやすいキャラクターで、絶妙にバランスの取れたご夫婦です(笑。ただ、残念ながら、女将さんは写真NGでした…泣)。
前田食堂06
6割は地元客で、そのほとんどが昔ながらのリピーターと言います。変わることのない、懐かしく温かいおふくろの味わい…。土日やお昼時にできる大行列、その理由が分かった気がしました。
前田食堂07

スマートポイント

  • 11:30〜14:00頃までは、確実に混み合い、待ち時間も長くなるため、少し時間をずらして行くのをオススメします。
  • ソーキ、てびち、ラフテーが贅沢に乗った「三味そば」(700円)は、隠れた人気メニューです。見た目も豪華で 一度に様々な味を楽しめます。
  • 前出のソーキや、てびち(140円)など、ボリュームありながらもリーズナブルな単品メニューを、沖縄そばなどと上手に組み合わせれば、さらに満足度は高まります。

ライターのおすすめ

前田食堂、店舗の裏には、人懐っこいワンちゃん「海(かい)くん」がいますので、食後にちょっと遊んでみてはいかがでしょう。すごい勢いで尻尾を振って大喜び。犬好きにはたまらないですよ。

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0