* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.07.20

丘の上の美味しいパン&カフェ
プラウマンズランチべーカリー

writer : Hinata

看板
静かな住宅街の坂道の途中に、小さな看板がある。

その奥にはほそい階段が続き、緑が生い茂る公園のような細道を抜けると白かべのシンプルな外人住宅カフェに小さな庭、その向こうには遠くに広がる海と街を見下ろす景色が広がっていた。
庭
ドア
「Ploughman`s Lunch Bakery」今年で7年目を迎えるプラウマンズ ランチベーカリーは、この5月にリニューアルオープンしたところだ。

今回は、古材を使って作った店内やアンティークなインテリアに新たな息を吹き込むべく家具を一新、デザイン関係の仕事もしている店長、屋部さんのセンスの良さが店内を今までより更に居心地よくした。

全体的にスタイリッシュでナチュラルな空間にレコードから流れる古き良き音楽がしっとりと寄り添っている。
店内
パン

パンの持つ個性

今日は、リニューアルされたカフェメニューとして新たに加わるものを初めてお披露目してくれた。
サンド
生ハムと県産パインのカンパーニュサンド(サラダ・スープ付き950円)。

ほんのり塩味の生ハムに、バルサミコと黒糖のソースをあえたパインが程よい甘みと酸味を絡ませていて、そこにエメンタールチーズがコクと風味を加えている。

ぎっしりしたカンパーニュ系のパンで具材の旨みを閉じ込めてある、しっかりした噛みごたえの満足度の高いサンドメニューだ。

ここのサンドメニューなどは、all day breakfastという形式で  一日中いつでもオーダーすることができる。メニューは固定しないで素材に合わせて変化していくので、その時々の美味しいものを食べられるのが嬉しい。

プラウマンズのパンには、なんだか初めて食べるような食感のものがある。

私がこの店で個人的に好きなのが「アーサーパン」。
アーサーパン
口に含んだ時にふわっと広がる海の香りともっちりしていて水分感がある感じ、ぎっしりではなく程よい空気感と柔らかさを持っていて、所々に感じる塩分とパン全体の持つ優しい甘みが交互にやってくる。そんな、パンの魅力をじっくりと感じとれるパンだ。

その理由が、屋部さんのお話を聞いていて腑に落ちた。とってもオリジナルな作り方をしているのだ。

パンが持つ生命力

8
「自分はパンづくりの専門家ではなく、ほぼ独学でやっているから他店とは全然ちがうかもしれない。水分量も多く、発酵時間もかなり長くおいている。それは専門でないからこそできる挑戦だとも思っていて。きまりごとにあまり沿わず自分の勘でやっています。」
店長
そんな屋部さんの毎日は、朝の5時からはじまる。次の日のパンの仕込み、それから当日のパンの成形や焼きの作業。

日々の準備とは、パンを取り巻くその日の状態を知るということ。気温・湿度・水温・酵母の状態・寝かせる温度・それらの組み合わせ…毎日違う環境を、毎日計り、感じとってベストな状態を準備する。

そんな中で、まるで生き物をあつかうようにパンが持つ生命力を最大限に引き出そうとしている。

日々きっちり計る繊細な作業でありながら、型破りなオリジナリティーをもって、挑戦していく大胆さ。そして最後にパンそのものの力にゆだねる客観性は、リアルにパンの持つエネルギーを感じているからこその信頼からくる手放しだ。

それがきっと、プラウマンズの持つパンの味の魅力なのだろう。

そんなことをぼんやりと考えながら、 今日もパンに想いを馳せてみる。
10
文章 Hinata
写真 Yoshiaki Ida

スマートポイント

  • 朝8:00-12:00で10食限定のAMplateは、パン4〜5種にスクランブルエッグ、サラダ、スープ、エメンタールチーズにドライイチジクがついたワンプレートでなんと850円!予約OKなので、ぜひお試しを。
  • サンドメニューをプレートで頼めば、ドリンク(別途注文)は100円引きになりお得。
  • 店内と外の席で全く違った雰囲気を楽しめるし、もちろんパンもテイクアウトできる。

ライターのおすすめ

アーサーパン、ぜひ一度お試しくださいな。あと、新メニューのサンドはやばウマでした!

Hinata

神戸出身。西表島の生活を経て沖縄本島へとたどり着く。独自の感性で沖縄の物語を伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0