* menu
閉じる

観光観光

2015.11.15

橋を渡ると、そこは
魅力が詰まった瀬底島だった!

writer : Misa Alta

本部町にある美ら海水族館は、沖縄を代表する観光スポットとして有名ですが、本部半島の南側を走る449号線を、コバルトブルーに輝く東シナ海を見ながら、美ら海水族館に向かって進んで行くと、青い空をバックに白いアーチが美しい瀬底大橋が目に入ってきます。
橋を渡った向こう側の瀬底島は人口900人(2014年1月時点)に満たない小さな集落ですが、魅力が詰まった素敵な場所です。
hashiwowataruto

歩いて橋を渡ってみよう

橋を車で渡ると、あっという間に通過してしまうし景色も思うように堪能できないものです。
春や秋の(一応沖縄にもあります)涼しい季節や夏の涼しい時間帯に瀬底島へ来るのであれば、車を降りて橋の上を歩いてみましょう。
橋の上
全長は762mあるので、途中まで行って戻って来ても良し、体力に自信があれば、渡り切って戻って来ても良し。瀬底大橋の上から眼下に広がる海を見渡すと、車で渡る数倍の感動があります。
透き通った海
透き通った海の中には魚の姿を見ることもできます。そして橋の向こう側の本部半島や瀬底島、また伊江島の「たっちゅー」も一望できます。
タイミングが良ければ、本部港から出港する伊江島や鹿児島行のフェリーが橋の下をくぐる瞬間に遭遇できます。

自分だけのオリジナルコーヒーを作ろう!

やんばる焙煎工房
瀬底大橋を渡って、島のメインストリート、172号線を島の中央へ向かって進んで行くと、左手に「やんばる焙煎工房」があります。代表は瀬底島出身の仲田睦希さんで、焙煎も仲田さんが行っています。
やんばる焙煎工房の看板
ここでは、コーヒー豆と淹れたてのコーヒーの販売はもちろん、焙煎の体験を行っています。料金は豆の種類にもよりますが、500円から、少量の場合は約5分ほどでできるので、思い出づくりとお土産にピッタリです!
ちなみに、工房のすぐ隣にあるお店は「49ストア&パーラー」で、こちらも仲田さんが経営しています。「49ストア・・・」は「よんじゅうくすとあ」ではなく、「しーくすとあ」と読みます。方言で、瀬底を「しーく」と呼ぶそうです。
しーくで焙煎される、やんばる焙煎工房のブレンドコーヒーはやんばる限定販売のゴールドの他、マンデリン、モカド、ダークなどがあり、それぞれのブレンドは豆本来の味が生かされています。
やんばる焙煎工房で販売しているコーヒー豆

心を癒す沖縄の原風景

瀬底島には瀬底大橋のたもとにある、アンチ浜ビーチと島の西側にある瀬底ビーチ以外に一見、観光できる場所があまりあるように見えませんが、
瀬底公民館を中心に徒歩で見て回れる「瀬底島歴史の道 散策ルート」があります。
瀬底島の歴史散策マップ
散策ルートはAとBそれぞれ約45分くらいで回れるルートで、集落の中の文化財や、御嶽(うたき)と呼ばれる聖域、神社を見ることができます。
御嶽(うたき)と呼ばれる聖域
また、特別な文化財など以外に、福木の並木道や瓦屋根の上の漆喰シーサーなど、昔ながらのたたずまいを残す集落の中を歩いているだけで、不思議と心が癒されます。
昔ながらのたたずまいを残す集落

ごはん派にうれしい家人寿(やーにんじゅ)

伊江島を見渡すことのできるテラス席
歩き回ってお腹が空いたら、和食が食べたい!という人におすすめなのが、カフェレストラン・ペンション家人寿(やーにんじゅ:方言で「家族」の意)です。広々とした駐車場があるので、駐車も楽々です。赤ちゃんを連れていても、ゆっくりくつろげる畳間の他、テーブル席と、瀬底の集落とその向こうの海に浮かぶ伊江島を見渡すことのできるテラス席があります。
やーにんじゅ定食
メニューは定食や丼ものの他にカレーや沖縄そばなどがあり、
値段は650円~1200円とお手ごろです。
「やーにんじゅ定食」は、カレー風味ソーキの煮つけやマグロの酒盗ソースのかかった島豆腐、刺身、季節の野菜と魚、もずくのみそ汁、もっちもちの自家製じーまーみー豆腐の他、あっさり味の自家製紅イモチーズケーキと飲み物が付いて1200円です。
ロケーション、値段、そしてお腹も満足できるカフェです。

スマートポイント

  • 本部側にも瀬底側にも橋のすぐ手前に無料の駐車場があります。
  • 太陽の厳しい季節には、涼しい時間帯に散策するか日よけの長そでなどの準備をおススメします。橋の上は意外と風が強いので、持ち物が飛ばされないように気を付けましょう。
  • やんばる焙煎工房のコーヒー(ゴールドブレンド以外)は県内のスーパーかねひで、ドンキホーテ、空港でも購入が可能です。豆は袋入り以外に、ドリップ1杯分のパックが80円で販売されています。お土産にもgood!

ライターのおすすめ

本部側の橋のたもとにある、小さなビーチからは、橋と瀬底島と伊江島が見える、よくばりな眺めです。

Misa Alta

沖縄には、ここにしかない興味深いモノや場所がたくさんあります。多くの人に沖縄の持ついろいろな顔を知ってもらえたらいいなと思います。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0