* menu
閉じる

観光観光

2016.03.03

[宮古島]シュノーケリングで
人気のスポット新城海岸

writer : ほりかわくみ

「宮古島のビーチでシュノーケリングをするなら
どこがおすすめですか?」
と、島に住んでいる人なら必ず聞かれるこの質問。

一番答えにあがるのが
「新城海岸」ではないでしょうか。
新城海岸
新城海岸は宮古島の東部、
城辺(ぐすくべ)という地域にあるビーチで
夏場は海水浴を楽しむ観光客で賑わっています。

宮古島観光の定番スポットでもある
東平安名崎からも車で約10分と近く、
合わせて訪れる人も多いスポットです。

空港からは海沿いのルートがおすすめ

宮古空港から新城海岸までは車で約25分。

空港からだといくつかのルートで行く方法がありますが
おすすめなのは宮古島で通称「一周道路」と呼ばれる
海沿いの道から行く方法です。

空港から県道243号線を経た後、一周道路と呼ばれている
83号線へ突き当たると、そこを右へ曲がります。
あとはまっすぐ進むだけ。

なぜこのルートがおすすめなのかは
通ってみたらわかるはず。

それは時折見える海の景色がとても美しいからです。
時折見える海の景色
車の窓を開けて海風を感じながらのドライブは
とても気持ち良いですよ。

そして車を走らせること、約15分。
新城海岸の看板
この看板が見えたら、海岸まではあともう少しです。

崖下のビーチまで急な坂を下ります

看板を左折し、海岸へと向かいます。

すると見えてきたのは・・・
見えてきた海
海だ!!!

しかし、まだすぐにたどり着くわけではありません。

新城海岸は崖の下にあるので
かなり急な坂を下らなければなりません。
急な坂
車が滑らないよう道が凸凹に舗装されています。
アクセルは踏まなくても十分スピードが出るので
気をつけて運転してください。

ちなみにこの坂を下る手前に
車が2台分くらい駐車できるスペースがあります。
駐車できるスペースからの景色
そこからの景色もとてもきれいので
写真撮影におすすめのポイントです。

撮影スポットを見逃すな!

坂を下まで降りると駐車場があります。
駐車場
無料で駐車できます。

車を止め、早速海へ!!
新城海岸の入り口
ここが新城海岸の入り口です。

この日はシーズンオフだったので見通しの良い
風景が広がっていました。

しかし、夏場はマリングッズをレンタルするショップや
海の家ができるので、この場所はいつも賑わっています。

周囲には木が生い茂っているところがあり
その隙間から見る海の景色が素敵なので
写真撮影のスポットにもなっています。
木が生い茂っているところ
隙間から見る海の景色

熱帯魚も珊瑚もとってもカラフル

ビーチの長さはおよそ700m。
海
白い砂浜と海
海へ向かって右側が
シュノーケリングポイントになっています。

遠浅なので、潜らなくてもすぐ目の前に
カラフルな珊瑚礁の風景が広がっています。
珊瑚礁
カラフルな珊瑚礁の風景
クマノミ
スズメダイやクマノミなどの熱帯魚も
あちこちで姿を見せてくれます。

水深が深くないのでお子様連れでも
十分楽しめると思います。

泳ぎ疲れた時は、無理せず
木陰で海を眺めならが休むと良いでしょう。
木陰
海の家で宮古そばなどの軽食や飲み物を
販売しているので休憩の際に利用しましょう。
マリングッズのレンタルも行っています。

シュノーケリングは自己責任で

海から上がったら、着替える前に
湧き水を利用したシャワーがあるので
海水や砂がついた体を流すのにとても便利です。
湧き水を利用したシャワー
夏場だと混雑している時があるので
順番を守って利用するようにしてください。

最後に、新城海岸は沖縄県の条例に基づく
海水浴場ではありません。

泳ぐ際はすべて自己責任になります。
看板
このような看板があるので、よく読んでから
新城海岸でのレジャーを楽しんでください。

スマートポイント

  • 太平洋と東シナ海の絶景を望むことができる東平安名崎からも近いので、観光するなら東平安名崎と合わせて訪れてほしいスポットです。
  • 空港から新城海岸へと向かう途中に比嘉ロードパークというちょっとした休憩所があります。ここからの景色も美しいのでぜひ立ち寄ってみてください。
  • 近くのゴルフ場、オーシャンリンクス宮古島には大浴場があり、大人1,000円/子ども500円で利用が可能です。宿泊施設に戻らなくてもさっぱりできるのでおすすめです。

ライターのおすすめ

島の東側に位置するので、朝日を見ることができるスポットでもあります。昼を過ぎると崖の向こうに太陽が隠れてしまうので、泳ぐなら午前中からお昼過ぎまでの太陽が見えている間がオススメです。

ほりかわくみ

初めての訪問時に魅了され、そのまま宮古島に移住し十数年が経過。趣味の写真を活かし島の良さを最大限に伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+