* menu
閉じる

観光観光

2016.04.13

[久米島]人が秘密にしたい
絶景スポット登武那覇城跡

writer : 糸数麻美

登武那覇城跡(とんなはじょうあと)は、町指定史跡で、琉球王朝時代・伊敷索(ちなは)按司の三男の笠末若茶良(がさしわかちゃら)によって築かれた城跡
です。あまりガイドブックには載らない登武那覇城跡ですが、久米島の絶景が見られるオススメの観光スポットなんです。

絶景の穴場スポット

平日のお昼は、サラリーマンが休憩したり、週末は家族で遊びに来たり、島人の憩いの場となっている登武那覇城跡。
緑いっぱいの自然に囲まれた登武那覇城跡は、見晴らしも良く、お天気の良い日は、ハテの浜や近隣の島々も見ることができます。
久米島の絶景
登武那覇城跡の説明とマップ
自然に囲まれた登武那覇城跡
東屋
沖縄の日差しは、とても強いので、暑い日は室内で過ごすことも多いですが、この東屋に避難すれば、夏場でも涼しい風が通り抜け、快適な休憩やピクニックが楽しめます。

海だけではなく、山遊びも楽しめる。久米島の魅力のひとつです。

更なる絶景

公衆トイレの裏側に、まるで絵本にでも出てくるかような森の階段があるんです。
森の階段
階段を登り切ったら、こんな場所にたどり着きます。
原っぱ
実は、森の階段を登らなくても、東屋がある場所から、更に舗装された坂を登ると大きな駐車場に到着します。駐車場から階段を登っていくと、さらに素晴らしい景色が広がっています。
休憩所歩道入り口看板
素晴らしい景色
この場所にも、ひっそりと東屋がありますので、下の東屋が混み合っている場合はこちらでの休憩もオススメです。
上の東屋
自然遊びに最適な道具もいっぱい落ちています。
松ぼっくり
大きな石がゴロゴロある不思議な空間は、子ども達も興味深々。絶好の遊び場に変わります。
大きな石の上に上る子供

日の出も絶景です。

雨が降っていなければ、朝早起きをして、登武那覇城跡に行くのもオススメです。
運が良ければ、海から登る幻想的な朝日や1~3月くらいまではクジラを見かけることも。また、元旦は、初日の出を見るために、多くの島人や観光客が訪れるそうです。
朝日
久米島の景色
大人は、木陰でひと休み。子ども達は、芝生でのびのびと遊べる登武那覇城跡。
久米島の景色を眺めながら、のんびりと休憩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スマートポイント

  • 城跡とありますが、島内の具志川城跡や宇江城城跡のような積み上げられた石垣などはありません。
  • 公衆トイレがありますので、休憩スポットにも最適です。ただし、お店や自動販売機などはありません。登武那覇城跡に向かう途中の一周線には、大きなスーパーがありますので、事前に購入しておくとピクニックも楽しめますよ。
  • 登武那覇城跡周辺には、久米島紬の里ユイマール館やふれあい館など、島ならではのお買い物を楽しむスポットもあります。

ライターのおすすめ

あまり観光客には知られていないですが、絶景ポイントのひとつです。お天気次第で、渡名喜(となき)島・粟国(あぐに)島も見えますよ。雨の日でも東屋を活用すれば、情緒溢れる久米島の雨の風景を一望できます。

糸数麻美

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

7+