* menu
閉じる

観光観光

2016.05.13

辺銀愛理のセレクトショップ
Lifestyle shop 石垣ペンギン

writer : 伊藤麻由子

「石垣島ラー油」でおなじみの辺銀食堂
認知度バツグン!な沖縄・石垣島の「石垣島ラー油」でおなじみの辺銀食堂。その姉妹店『Lifestyle shop 石垣ペンギン』は石垣島をはじめ、国内外からのセレクトグッズを取りそろえたショップです。2010年にオープンし、2016年3月1日からは、これまでより辺銀食堂に近い場所に新装オープンしました。なんとすぐ裏手になったので、お食事前や後に行くのに便利!その品ぞろえたるや離島のショップとは思えないハイセンスぶり。ここでしか手に入らないお土産もあります!立ち寄り必須です。

商品セレクトのバックボーンにあるのは辺銀愛理の人生

辺銀愛理さん
『Lifestyle shop 石垣ペンギン』をご紹介するには、オーナーの辺銀夫妻について改めて伝えなければ始まりません。なぜって、彼らのライフスタイルがあってこそ、店のライフスタイルがあるからです。
とにかくふたりはワールドワイド。ご主人の辺銀暁峰さんは中国生まれ、奥様の愛理さんは東京生まれのアメリカ育ち。そんなふたりは中国で出会いました。
まーるのホワイトビーチ
遠距離恋愛の末、二人は東京で新婚生活を始めますが、その後も地球のあちこちを旅行し、沖縄・石垣島に引っ越す前には、なんと南極やモンゴルの旅にでていたとか。とにかく、いろいろなものを見て感じて知っている二人なのです。
ピパーチ
1999年.そんな彼らが一緒に生活を育む場所として世界中から選んだのが石垣島でした。自然と文化、人、食材、流れる時間、そして、運命。ここだからこそ生まれる何かをどこかで予感していたのかもしれません。

『石垣ペンギン』は他にないセレクトショップ

店内のディスプレイ
2016年3月1日に、『石垣ペンギン』は辺銀食堂の裏手1分の場所に移転しました。以前は、石垣島離島ターミナルと辺銀食堂の中間ほどのところ。辺銀食堂との距離が縮まりました。
店内
さて、その肝心の『石垣ペンギン』ですが、グローバルな辺銀愛理さんのセレクトショップですから、ただの雑貨が並んでいるわけはありません。沖縄・石垣島をはじめ国内外から幅広く、衣類から食品まで愛理さんのアンテナにかかった実にさまざまなものが集められています。
中でもオリジナル手ぬぐい「ペンギンてぃさーじ」はオススメです。これは沖縄のゴーヤーややぎなどがペンギンの背中に多数描かれており、正誤表もついていてわくわく楽しめます。
魅力的な店内
愛理さんコラム担当の沖縄フィギュアは、沖縄そばをはじめ精巧で愛らしく必見。よりよい生活を提案する魅力的な店内は品揃えも変化するので、それを楽しみにまた訪れなきゃと、そんな感じです。

お土産にしたいものがたくさん!

ハンドメイドのペンギンの琉球張子
店内にセレクトされているのは、約20ヶ所以上からの品々。職人さんがこだわって作ったもの、一点ものなど、一つひとつ見ているとつい時間を忘れてしまいます。中でも人気なのは玩具ロードワークスの豊永盛人さんが作るペンギンの琉球張子。ハンドメイドで一つずつ作るので、表情もそれぞれ。沖縄おもしろカルタなども並んでいます。
旅慣れた愛理さんならではのデザインの洋服
とりわけおすすめなのが、旅慣れた愛理さんならではのデザインで「こんなものだったらずっと着ていたい!」というコンセプトの、「トラベルペンギン」。ポケット収納でコンパクトに持ち運べるジャケット、短時間で乾燥するペンギンT。その良さは着ればわかります。
石垣島作家オオゴマダラさんのチンアナゴストラップ
その他には、石垣で生まれたジュエリー、土からこだわった八重山藍の藍染商品、手作り釉薬と島の土で作る陶器、そして、この島でであって感動した島のハーブなどを使ったスパイスなど。お土産にも最適です。

「辺銀食堂の石垣島ラー油」はここで予約ゲット!

辺銀食堂の石垣島ラー油、激辛タイプ、にんにく油
いまだに人気冷めやらぬ、全国の食べるラー油の元祖「石垣島ラー油」。手作りで生産量が限られる商品なので、確実にほしい方は事前に予約をして、販売店の『Lifestyle shop 石垣ペンギン』でゲットしてください。事前予約しておけば、旅行から戻って実は買い忘れてしまった!なんて悲しいことにはなりません。来店日を指定すれば、営業時間内いつでも購入できるそうです。また激辛ファン垂涎の商品は当日在庫があれば購入できます。
石ラーをかけている料理イメージ
現在、「石垣島ラー油」は2種類。香り深くまろやかな味わいで、お子様からも人気の定番ラー油。激辛好きのお客様の声から生まれた「辺銀食堂の石垣島ラー油(激辛)」。そして、炒め物などに使うとさらに美味しくなる「辺銀食堂のにんにく油」。まだの方はお試しあれ。
辺銀食堂でおいしい食事をして、『石垣ペンギン』でよりすぐりの買い物をして、「石垣島ラー油」をお土産にどうぞ!

写真=辺銀暁峰
Photos : Gyoho Pengin

スマートポイント

  • 辺銀食堂の「石垣島ラー油」の事前予約はこちらから!予約専用フリーダイヤル 0120-392-545。受付は月~金までで、時間は12~17時です。ちなみにお取り寄せはこちらから0980-88-7030 月~土(9~18時)。
  • オリジナルブランドとしておすすめの「CHI MU MO」。これは琉球衣装をベースにデザインした羽織もので、世界で出合った生地を沖縄の縫子さん達が縫製。とにかく心地よくておしゃれ。要チェックです。
  • 一息つきたい時に石垣ペンギンのちょっとしたスペースでオーガニックのレモネードやコーラをどうぞ。その他にもタイミングで珍しいドリンクが入荷していることもあります。

ライターのおすすめ

私のおすすめは、CHIMUNOブランド。白の薄手のタイプや親子でおそろいの生地タイプは柄も可愛いし、何着もほしくなってしまいました。元カメラマンのご主人のライカTシャツはカメラ好きにはたまりません。

伊藤麻由子

撮影でアフリカを回り、沖縄の離島45をも行き着くす。写真と文章で島の良さを最大限に惹きだす。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0