* menu
閉じる

観光観光

2015.03.22

本島最北端の大石林山で
運気アップ

writer : 中本岩郎

大石林山の石③

どうせ北部に行くのなら

南の島の沖縄であっても、北部、中部、南部、離島等と
それぞれの地域に色濃い名所が点在する。
沖縄本島最北端といえば辺戸岬を思い浮かべる方が多いと
思うが、岬のすぐ手前に太古の石を鑑賞できる大石林山
という施設があるのをご存知だろうか。
受付を済ますと、公園の入り口まではバスで送迎してくれる。
山道なので多少の揺れはご愛嬌ということで。
入り口にはトイレや休憩できるカフェもあるので、
一息つける憩いの場。

石に宿りし力とパワースポット

この一帯の山林は安須杜(アシムイ)と呼ばれ、
中には40を超える御願所や拝所があり、
琉球王府時代から聖地として崇められていた。
昔から聖なる地として伝えられてきた安須杜の
一部を歩くことができ、
体力や見たいモノに合わせて「美ら海展望台コース」
「亜熱帯自然林コース」「巨石・石林感動コース」
「バリアフリーコース」の4つのコースから選べる。
車イスやベビーカーでも安心なバリアフリーコース、
多くの人に施設を楽しんでほしいという心配りが伝わる。
今回は「巨岩・石林感動コース(1km約35分)」から
「美ら海展望コース(700m約30分)」に移るという
自称「欲張りコース」を回ることに。
大石林山の林
足元にはチップが敷かれるなど歩道は整備されているので、
比較的歩きやすい。
大石林山の橋
傘
雨に備えて要所要所に傘が設置されており、
夏場は日傘が置かれるというので、
多少の雨や強い日差しでも歩ける。
歩いていて驚くのは無数の岩と摩訶不思議なカタチ。
岩にはそれぞれ「ふくろう」「巨人の腰掛」
「らくだ」などの名前が付けられており、
中にはお客さんやお子さんの声から命名されたものもあるという。
大石林山の石①
大石林山の石④
大石林山の石②
岩肌にゴツゴツした凹凸があるのは、
水分に含まれるバクテリアに侵食されたため。
深い緑の中で、気が遠くなるほど長い歳月を掛けて作られた自然の芸術。
大石林山の石⑤
西遊記の孫悟空が生まれた岩山をイメージして命名された、
その名も「悟空岩」。2億年前に地殻変動で隆起した石灰岩が
雨水などにより侵食され、全ての岩を形作っている。
大石林山の石⑥
大石林山のパワースポット
パワースポットの岩は「林山の壁」と呼ばれ、
地上界と天上界の神様が集うと言われる。
大石林山の石⑦
人間の骨盤の形をしている「骨盤石」には、
子宝を願う人が遠方からも訪れる。
大石林山の石⑧
三回くぐると生まれ変わると伝えられている
「生まれ変わりの岩」
大石林山からの景色
美ら海展望台ステージから果てしなく続く海を眺めると、
本島の先端に来ていることを実感できる。
この日は生憎の曇り空だったが、
奥に見えるのが与論島、沖永良部島、
そして手前が本島最北端の辺戸岬。
大石林山の外観
写真を撮影しながら歩いたため二時間弱かかったが、
不思議と長くは感じなかった。
これもパワースポットのお陰だろうか。

自然の生命力を感じる下山道

山から降りるとスタート地点の休憩所に到着。
そのままバスを利用して下まで降りてもいいが、
今回は亜熱帯森林コースを歩いて下山することに。
大石林山の緑
先ほどまでの山とは雰囲気が異なり、
ソテツやガジュマルの木が生い茂っている。
大石林山の林②
御願(ウガン)ガジュマルと呼ばれる樹には、
キジムナーが住むと伝えられてる。
大石林山の石③
この根が地面につくと、
養分を吸い上げ一つの柱のようになっていく。
自らの命を繁栄させるべく、
無数に伸びていくガジュマルの生命力は圧巻だ。
下山になると坂に従って足は進むが、
無理せず緑々とした空気を吸いながらゆっくりと歩き、
三十分程で元の受付まで降りてこれた。
大石林山のスタッフ
パワースポットや自然も魅力的であるが、
施設の受付から最後の送り出しまで、
係員の人達が優しく声をかけてくれる。
この施設のパワーは自然だけではなく、
働く人からも出ているのではないだろうか。
そんな気がした大石林山。
神々しい森は古くから地域の神聖な場所として拝まれており、
大切な場所であることを忘れずに。

期間限定のイベント情報や割引券もあるので、
サイトをチェックしてから訪れよう。

中本岩郎

地域の青年会に所属し、エイサーを通し真心溢れる沖縄の人々の虜に。地域に根付く文化の深部を発信する。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+