* menu
閉じる

観光観光

2015.03.22

琉球開闢の神が降臨した島
パワースポット浜比嘉島

writer : KIKO

浜比嘉の森
紺碧の海に守られた浜比嘉島には30を超える拝所があり、
祈りと祀りの年中行事がたくさん行われ、
時空を超えたやすらぎに満ちている。
昔ながらの瓦屋根や琉球石灰岩の石垣、緑豊かな島は
レンタカーで主要スポットのみで通りすぎるのはもったいない。
時間が許すならばぜひ島全体がパワースポットとも言える
浜比嘉島を徒歩で散策し、パワーを充電してほしい。
浜比嘉大橋
浜比嘉大橋ふもとの無料駐車場から今渡ってきた
浜比嘉大橋と平安座島を望む。胸のすくような海の色です。
徒歩でまわる時におすすめしたいのが、
平安座島から浜比嘉大橋を渡って島に着いて
すぐ右側にある無料駐車場です。
集落の道幅は狭く車では景観の楽しみが半減してしまいますから、
健脚の方はここに車を駐めるのがスマートです。トイレ休憩もできます。
浜比嘉島には浜区、比嘉区がありますが
今回は浜区の神人(地域の神事のリーダー)である
後當繁(ごとうしげる)さんに拝所のいくつかを案内していただきました。
浜区の後富さん
浜区公民館の敷地内にある有名な拝所、
「地頭代火の神」(じとーでーひぬかん)の前で静かに笑う後當さん。
浜区の行事で、まずはこのヒヌカンを拝んでからはじめることも多く、
村の信仰をあつめています。島外の方が浜比嘉を見てまわる時にも
こちらの神様に挨拶することからはじめるといいね、とのこと。
地頭代火の神の隣の浜区公民館で年に何度か地域の踊りで
才能を発揮しているメンバーのうち2人は
自分の子供だよ、と誇らしげに語っていらっしゃいました。

地頭代火の神から歩いてゆける範囲の拝所をふたつご紹介します。
こちらはヌン殿内(ぬんどぅんち)。
神女の家ですが、典型的な昔ながらの島の家の風情にほっこりします。

拝所ぬんどぅんち
こちらは東の御嶽、別名シヌグ堂。
落ち延びてきた武士が追っ手から隠れ命を凌いだ場所。
立派なガジュマルの木から元気をもらえそうです。
静かに自分との対話をしてみたい場所です。
拝所シヌグ堂
ここからは歩くには少し遠くなりますが健脚の方はぜひ!
景色のご褒美がありますよ。
浜区から比嘉区へ抜ける山道の途中に、
天女が羽衣をはずし水浴びをしたという
伝説の「世ちゃ川」(ゆちゃがー)があります。
天女伝説のゆちゃがー
線香が供えられて、絶えまなく信仰が続いているのを感じます。
この世ちゃ川に行く途中に良い景色に出会えます!
樹木の切れ間から、浜比嘉大橋全景と平安座島!
浜比嘉大橋
そして山の上から浜集落へ降りる新しい階段!
垣間見える瓦屋根がかわいらしいし、
水平線近くに人気の海中道路が見え、その向こうは沖縄本島です。
浜集落への階段
より健脚の方ならば、
ここまでは歩いても苦にならないかもしれません。
山を越えて比嘉区の水辺に降りれば「アマミチューの墓」があります。
昔は通路がなく干潮時にしか渡れなかったそうですが、
今でもスリリング&ワイルド。滑って海に落ちないようにご注意!
海辺の岩道
一方、琉球開闢の男性神シルミチューは
島の奥まったところにあるので、健脚の方でも時間はかかります。
車で行かれる際はシルミチュー手前の海際に広場があるので
そちらに駐車してください(広場は無料です)。
シルミチューの洞穴
厳かな緑深い中、108段の階段を上がった先に
シルミチューの洞穴があります。子宝祈願で有名な場所です。
空気感が不思議で霊験あらたかな雰囲気に身が引き締まります。
こんなに楽しめて心も充電できるのに無料なんて素晴らしい!

もう一つ癒しの無料スポットをご紹介します。
浜区の「ふるさと海岸」です。
ふるさと海岸
人工ビーチですが、沖縄本島屋慶名が目の前に綺麗に見え、
白砂の上でくつろげます。島の人たちも良く利用しているとのこと。
浜集落を奥までビーチ沿いに進むと突き当り左側に
無料駐車場とトイレがありここに駐車すると便利です。
ただふるさと海岸は遊泳場ではないので泳ぐには注意が必要です。

小腹がすいたら浜比嘉名物モズクてんぷらで休憩はいかが?
浜比嘉大橋からふるさと海岸へ向かったら
集落の角に丸吉食品があります。
丸吉食品
ミックス天ぷら3種とホットコーヒー
画像はミックスてんぷら(モズク、イカ、魚)350円
ホットコーヒー150円

神の島だから敷居が高いと思うかもしれませんが、そんな方は
年間を通しての最大人気イベント「浜ハーリー」に
訪れてみるのがいいでしょう。
沖縄全域から強豪チームが集まり競い合う爬竜船競漕で、
丸吉食品さんの目の前の漁港で行われます。
活気があって楽しいですよ!
旧暦5月4日の糸満ハーレーより後の日程で、例年行われています。

KIKO

沖縄移住歴10年以上! 紆余曲折人生そして沖縄民謡歌手へ。 歌と文章で大好きな沖縄の魅力を発信していく。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

5+