* menu
閉じる

観光観光

2015.03.22

あのモデルもイチオシ!
注目の「北谷の塩」

writer : 阿久津彩子

美しい海から作る沖縄の塩は、定番のおみやげ品。
その中でもモデルの山田優さんがブログで紹介した「北谷の塩」は
人気急上昇中のお塩です。

どんな味わい?おすすめの食べ方は?製造工程は?
「北谷の塩」の製塩工場を訪ねてみました。
北谷の塩パッケージ

透明感が美しい西海岸、北谷にある製塩所

きたたに、と書いて「ちゃたん」と読む。
製造元の「沖縄北谷自然海塩㈱」は、
美しいサーフポイントとして有名な北谷町にあります。

沖縄北谷自然海塩株式会社
工場内は実際の製造工程が見学でき、
「北谷の塩」の販売スペースを併設。
北谷の塩販売スペース
チョコレートやキャラメル、ちんすこう。
「北谷の塩」を使ったスイーツはどれもおいしそう!
塩ちんすこう

うま味、エコ、リーズナブル。
「北谷の塩」の3つの魅力

お話を伺ったのは、「北谷の塩」を知り尽くす亀里課長。
「北谷の塩はうま味があり、エコでリーズナブルなお塩」と
3つの特徴を話してくれました。

うま味・エコ・リーズナブル。
どれも気になるので一つずつ教えてください!
亀里課長
まず始めに、うま味について。
「北谷の塩」は真空蒸発釜を使い、
65℃の低温でじっくり製塩しているため
海水のミネラル分やうま味成分がたっぷりと塩の中に残っています。
北谷の塩製造工程の看板
だから単に塩辛いのではなく、甘みがある。
カルシウム含有量は他の塩よりも特に豊富です。
塩ができるまでの経過
一般的な平釜と違い、火を使わないこともポイント。
化石燃料の使用が少なく済むので環境に優しく、
さらにコストダウンを実現できます。
そう、まさしくエコ&リーズナブルなお塩なんです!
塩をつくる工場

シンプルな素材でわかる塩のおいしさ

こだわりの詰まった沖縄海水塩100%の「北谷の塩」。
おにぎりやステーキ、野菜の浅漬けなど、
シンプルな素材と合わせることで、
その豊かな味わいをより一層楽しめます。
つくられた塩たち
「もっと塩の話が聞きたい!」という方は、
ぜひ工場に行ってみてくださいね。
情熱が止まらない亀里課長の「北谷の塩」トークは必聴です!
塩の工程を説明する亀里課長

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+