* menu
閉じる

観光観光

2015.06.25

古き良き沖縄の原風景が残る
『備瀬のフクギ並木』

writer : 小川研

沖縄本島北部、本部町と言えば『沖縄美ら海水族館』で知られています。その、すぐ奥にある備瀬地区には、福木(フクギ)による、本島最大と言われる防風林、通称『備瀬のフクギ並木』が広がっています。自然とともに息づく、沖縄の昔ながらの情景は、初めて訪れた人を、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。新鮮な緑の息吹で、夏でも涼しげなマイナスイオンが充満する、文字通り“癒しの自然スポット”…。大興奮!の水族館で楽しんだ後、ちょっとしたクールダウンに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
フクギ並木1

長きに渡り集落に寄り添ってきた鎮守の森

フクギとは、オトギリソウ科フクギ属の熱帯性常緑高木です。東南アジア、主にフィリピンから台湾が原産です。樹高10〜20m、真っ直ぐに生え、太い幹はかなりタフ。また、葉の密度も高いため風害や塩害に強く、沖縄では、備瀬のフクギ並木以外でも、街路樹や防風林・防潮林、さらに耐火性もあることから屋敷林としても植栽されてきました。
フクギ並木2
さて、ここ備瀬集落では、およそ100年前に、防風林として整備された備瀬のフクギ並木。数千本にも及ぶ木々の中で、最も古いものは、推定年齢300年もの歴史があると言われています。長きに渡って、集落と、そこに暮らす人々に寄り添い、風や日差しから、静かに守り続けてる鎮守の森…。言いようのないロマンを感じさせてくれます。
フクギ並木3

迷路のような並木道に迷ってしまったら…?

一歩足を踏み入れると、まるで迷路のように整備され入り組んだ区画…。正直どこに立っても同じ様な景観で、いつの間にか自分がどこにいるか、分からなくなってしまいそうです…。
フクギ並木4
でも大丈夫。そんな時は、ちょっと立ち止まって…。耳を澄ませば、どこからともなく響く潮騒の、音。何とはなしに、その方向に足を向けてみれば、ぽっと視界が開けることでしょう。隣接する『備瀬崎海岸』。そのキラキラした水面に、自然と口元もほころんできそう。閉ざされた緑の空間から、突如広がる壮大なオーシャンブルー…。偶然に味わう、その刺激的なコントラストを期待して、わざとぐるぐる道に迷うのも、一興です。
フクギ5
フクギ並木6

水牛車でよんな~よんな~に巡るのもオツ

駐車スペースやお食事処のある、並木道入口辺りから先端の備瀬崎まで、およそ1km。木漏れ日が心地よい、自然豊かな緑のトンネルは、徒歩で巡るのが基本です。
フクギ並木7
フクギ8
それでも、時間が無い方には、レンタルサイクルもあるので便利。さらには、水牛車でのんびり散策するサービスもチェックしてみてください。
フクギ9
集落内は古い造りの民家がほとんどです。地元の人々がのどかな生活を送る日常は、派手な観光地には決して無い、素朴でナチュラルな、沖縄本来の“よんな~よんな~”(沖縄の言葉で「ゆっくりゆっくり」)な時が流れています。何も考えず、気の向くまま、足の向くまま、歩いてみてください。一周りした頃には、旅の疲れはきっと吹き飛んでいますから。
フクギ並木10

スマートポイント

  • 並木道の中には、数軒、宿泊施設もあります。のんびり過ごすには、お泊まりで旅程を組んでみてください。特に、コテージ『ふくぎハウス』や、貸別荘『フクギリゾート Ruruma』など、一組限定の宿がオススメ。
  • 並木道の水牛散策は、所要約25分。料金は4名まで2,000円(1名追加ごとに500円プラス)。詳細は、http://heatwave-okinawa.com/hw/208.html
  • 並木道を抜けた海辺のオープンカフェ『チャハヤブラン』は、女性に人気です。http://www.cahayabulan.com/cafe_CAHAYA_BULAN/Welcome.html

ライターのおすすめ

天気が良ければ、備瀬崎海岸から眺める夕陽も格別です。『沖縄美ら海水族館』の割引サービス「4時からチケット」(16:00~閉館まで。大人通常1,850円が1,290円に)で入館後に足を伸ばすコースが◎

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0