* menu
閉じる

観光観光

2015.05.27

沖縄美ら海水族館
マニアは知ってる5つのコツ!

writer : 阿久津彩子

年間来館者数300万人超の人気観光地といえば、「沖縄美ら海水族館」。国内最大の水槽「黒潮の海」を中心に、約740種、21,000点の海の生き物たちが展示・飼育されている、沖縄旅行の定番施設です。
ジンベエモニュメント
写真:海洋博公園・沖縄美ら海水族館

館内には、最大の魚類・ジンベエザメやカラフルな熱帯魚など、みどころがいっぱい。今回は事前に知っておくと「沖縄美ら海水族館」が数倍楽しめる、おトクな5つのポイントをお教えします。

1、「タッチプール」でイノーの生き物に触れ合おう!

館内に入ってすぐの「タッチプール」では、イノー(沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海)に住むナマコやヒトデを直接触ることができます。

色、形、感触にみんな興味津々の様子で、子供も大人も思わず笑顔。
タッチプール
特に触ってみて欲しいのが、マンジュウヒトデ。プックリとした体にゆっくり手を置いてみると・・・それは置いてみてのお楽しみ!
タッチプール

2、表情豊かな「サンゴの海」・「熱帯魚の海」に癒される

次に進んでいくと、目の前に広がるのはサンゴや熱帯魚が泳ぐ「サンゴの海」・「熱帯魚の海」。これらの水槽は人工的なライトだけでなく、自然光を取り入れています。それだけに朝や昼、夕方など、訪れる時間や天候によってさまざまな表情を見ることができるんです。
サンゴの水槽
より自然に近い環境を再現した海の世界。

水槽内では毎年6月頃サンゴの産卵が確認されており、産卵する様子を映像で紹介しています。

ちなみに、入館前に必ず目にするジンベエザメのモニュメントを過ぎ、エスカレーターを下る前に隠れたスポットが。右側へ20歩ほど進んだ奥に、「サンゴの海」・「熱帯魚の海」を上から眺められる場所があります。時間によっては給餌シーンに遭遇するかも!
魚のエサやり

3、色々な角度からジンベエザメを眺めよう

大小さまざまな個水槽を抜けて進んでいくにつれ、浅瀬からどんどん潜るように展示シーンが変化。メインの大水槽「黒潮の海」で悠々と泳ぐジンベエザメは、いつ眺めても感動ものです。

正面もステキですが、おススメのビュースポットはこの3つ!
ジンベエザメ

ビュースポット①カフェ「オーシャンブルー」

「黒潮の海」隣りのカフェ「オーシャンブルー」では、ドリンクや軽食を楽しみながら、巨大水槽を観賞できます。
営業時間 10月〜2月8:30〜18:00  3月〜9月8:30〜19:30(L.O終了30分前)
カフェ_オーシャンブルー

ビュースポット②「美ら海シアター」

沖縄の海に住む生き物の生態や、人と海の関わりなどが上映される「美ら海シアター」。
上映時間以外はスクリーン裏の窓から「黒潮の海」が出現。映画館気分で座席から見るジンベエザメはスクリーンに収まらない大きさです。
アクアルーム

ビュースポット③「アクアルーム」

ジンベエザメの由来は、服の甚平のような特徴的な模様から。けれどおなかの部分はまっしろなんです。天井がアクリルパネルの「アクアルーム」では、魚の腹部もばっちり確認!思わずポカ〜ンと口を開けてしまう、迫力あるシーンを体感できますよ。
アクアルーム2

4、一日2回のジンベエザメの食事シーンは必見

15時と17時には給餌解説があり、3尾のジンベエザメが垂直に立ち泳ぎをして食事をする貴重な姿が見られます。左右2ヶ所と中央奥が餌場なので、右か左の水槽間際をキープするのが◎。海水を巻き込んで餌を吸い込む、ズオオォーっという巨大な音に注目です。
ジンベエザメ食事シーン

5、最後は上アングルからジンベエザメを堪能!

「黒潮探検」は、大水槽「黒潮の海」を真上から見学できるプログラム。10時から閉館まで(14:30〜17:30は除く)、水上に設けられたブリッジから自由に観覧できます。
黒潮探検マップ
足元は透明パネルなのでこわごわ・・・
黒潮の海透明パネル
時間帯によってはスタッフの水槽解説も実施中。
10:30 / 11:30 / 12:00 / 12:30 / 13:30 / 14:00 / 18:00 / 18:30※
※18:30の回は夏期(3〜9月)
黒潮の海3
水面ギリギリを泳ぐジンベエザメやマンタは、上から見るとより一層大きい!水槽を隔てていないので臨場感が違います。

上下左右あらゆる角度から、海の生き物たちのダイナミックな姿を堪能。その出会いと感動は、きっと忘れられない旅の思い出になるはずです。

スマートポイント

駐車場は北ゲート駐車場(P7)が便利。利用無料の電気自動車(EV)の普通充電器を設置しています。
※利用予約不可、設置数の関係上で利用できない場合もあります。

阿久津彩子

得意ジャンルは食・人・体当たり。沖縄の旬を味わえるおいしいお店から本当は秘密にしたい穴場スポットまで幅広くご紹介します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

4+