* menu
閉じる

公設市場

沖縄の食文化がひと目でわかる!
五感を刺激する大人気市場

writer:編集部(2015.03.24)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

那覇空港から車で約20分、沖縄屈指の観光地「国際通り」からすぐの「那覇市第一牧志公設市場」。新鮮な食材と、地元の人達のパワフルな笑顔に出会うことができます。沖縄ならではの食材は、五感と食欲を刺激すること間違いなし!「マグロの解体ショー」などイベント盛りだくさんの「市場の日」も催されているので必見です。

Point1

沖縄の食文化を凝縮したような市場

那覇市第一牧志公設市場は、沖縄の食文化がひと目でわかる場所。色鮮やかな熱帯の魚介類、解体した部位がそのまま豪快に売られている豚、素朴な島野菜など多種多様です。沖縄では市場を「マチグヮー」と呼び、元気なお母さん達は「アンマー」と呼ばれています。活気ある市場は最高の観光地です。

Point2

1階で食べたくなったら2階へ!

沖縄独特の食材の中から、お気に入りを選ぶのは至難の業。そんな時は、お店の人とゆんたく(おしゃべり)をして選ぶのも公設市場ならではの楽しみ方です。旬の食材や、食材に合った調理方法などさまざまなアドバイスをもらえます。市場で購入した魚介類は、2階の食堂ですぐ調理(別途500円)してもらうことができるので自分だけの組み合わせが可能!

Point3

市場の魅力を大解放「市場の日」!

毎月18日前後に開催される、那覇市第一牧志公設市場の魅力が詰まった「市場の日」。大迫力のマグロ解体ショーをはじめ、豚の解体ショー、芸能披露などが目白押し!公設市場組合自慢の演目をご覧になれます。また、公設市場の2階にある「ひやみかちマチグヮー館」では、ほぼ毎日芸能披露を行っています。市場と合わせて訪れるとお腹も思い出もいっぱいになれますよ。

スポット詳細

アクセス

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0