* menu
閉じる

観光観光

2017.06.20

創造的思考を体感しよう!
カップヌードルミュージアム

writer : 高田 洋子

目の錯覚
【人類は麺類である】この言葉は、世界初のインスタントラーメンを発明した、日清食品創業者 安藤百福の名言です。横浜・みなとみらいにあるカップヌードルミュージアムでは、身近な存在であるチキンラーメンやカップヌードルを作る体験ができるほか、百福氏の発明や発見のヒントを楽しみながら学べます。横浜に来たなら是非行って欲しい、大人も子供も大満足できる体験型食育ミュージアムです。

作って、食べて、楽しみながら学ぶ

みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩8分。ひときわ存在感のある外観が目を引くのは、「カップヌードルミュージアム」(正式名称:安藤百福発明記念館)です。開放感あふれる館内には、さまざまなオブジェや撮影スポット、作って学べる2つのファクトリーやカップヌードルの製造工程を体感できる屋内アスレチック、世界の麺料理を味わえるフードアトラクションなどがあります。
外観

世界に一つだけの「オリジナルカップヌードル」を作ろう!

『マイカップヌードルファクトリー』では、自分だけのオリジナルカップヌードルが作れます。一食300円のカップを自動販売機で購入後、側面にイラストやメッセージなどを自由に書き込んでオリジナルのカップを作成。好きなスープと具材を選んでふたをしてもらうと、あっという間にマイカップヌードルの完成です。味の組み合わせは5,460通り。あなたならどんな味を作りますか?(有料・要整理券または利用券)
チキンラーメンファクトリー

手間ひまかけた愛情たっぷりのチキンラーメン

百福氏がたった一人で研究を重ね開発した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」。試行錯誤を重ねて生み出された麺作りの工程を「チキンラーメンファクトリー」で追体験できます。できたての香りに、お腹がなってしまいそう!(有料・事前予約制・小学生以上が対象)
キチンラーメンファクトリー

世界に広がるインスタントラーメンの輪

お湯さえあれば気軽に食べることのできるインスタントラーメン。世界の総需要は975億食(2016年 世界ラーメン協会推定)とのこと。その始まりが日本人の発明とは、なんだか嬉しくなりますね。
「インスタントラーメンヒストリーキューブ」では「チキンラーメン」から始まるインスタントラーメンの歴史を3,000点を超すパッケージで紹介しています。圧倒されます!
百福シアター

波乱万丈の人生から生み出される、アイディアの源

「百福シアター」で安藤百福氏の生涯をCGアニメーションで学んだ後は、1958年「チキンラーメン」が誕生した「百福の研究小屋」へ。忠実に再現した研究小屋の直筆メモを見ると、感性を刺激されること間違いなしです。外国からの来館者は「アメイジング!」と声をあげていました。
研究小屋

90歳を超えて、宇宙食ラーメンを開発!

研究小屋の後に続く「クリエイティングシンキングボックス」では、生きる上でもビジネスでも役に立つ「クリエイティブシンキング=創造的思考」の6つのキーワードを学べます。小さな子供でもわかりやすいよう展示方法も工夫されています。世界の偉人たちと並ぶ展示を最後に見たら、グッとこみあげるものがありました。多くの方が一緒に並んで写真を撮っているのが印象的でした。
展示物と家族
展示物と男女

スマートポイント

  • 横浜・みなとみらいの観光が決まったら、まずは「チキンラーメンファクトリー」の予約をおすすめ。3ヶ月前の同日午前10時から、インターネットや予約専用ダイヤル(045-345-0825)で予約可能。
  • 「マイカップヌードルファクトリー」の体験には「整理券」または「利用券」が必要です。当日の混雑状況はカップヌードルミュージアムHPから確認できるので、来場前のチェックをおすすめします。
  • 子供たちがカップヌードルの麺となり、製造工程を楽しみながら知ることのできる屋内アスレチック「カップヌードルパーク」は30分の入替制。こちらも混雑状況がHPから確認できます。(3才以上小学生以下・身長90cm以上)

ライターのおすすめ

「NOODLES BAZAAR ワールド麺ロード」にある『カップヌードルソフトクリーム』を是非食べてみて欲しいです! 新しいものにチャレンジする気持ちが、安藤百福氏に近づく第一歩?!

高田 洋子

ライター、歯科衛生士。みなさんのお口の健康を守って20年。いつの間にやらライターに。日々子育て奮闘中。JAZZとコーヒーをこよなく愛す道産子です。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+