* menu
閉じる

観光観光

2016.02.19

煌めく東京駅舎&丸の内ビル群
「これぞ東京!」な夜景を堪能

writer : 西宮めぐみ

ライトアップされた東京駅
2012年10月に創建当時の美しい姿で蘇った東京駅丸の内駅舎。その周りに続々とオープンする商業ビル群。丸の内エリアの夜景は「東京」を実感させる華やかさとダイナミズムに溢れています。今回は、その素晴らしい夜景を都会の風を感じながら楽しめる、スペシャルスポットをご紹介。どちらも利用無料で、誰でも気軽に利用できちゃいます。飛び切りの夜景を眺めながら過ごす優雅なひととき。東京観光の素敵な思い出にしてください。

東京の新名所JPタワー商業施設「KITTE」(キッテ)

東京駅から徒歩約1分。旧東京中央郵便局舎の一部を保存・再生し、2013年3月に開業したKITTEは、日本のモノづくりへのこだわりや美意識、全国各地のグルメが楽しめる大型商業施設。
地下1階から地上6階までの7フロアに約100店舗のショップやレストランが揃い、観光客にも人気のスポットです。
JPタワー低層棟外観

KITTEガーデンは極上の東京夜景が満喫できる特等席!

6階にある屋上庭園「KITTEガーデン」は約1500平方メートルの開放的な空間。夜にはウッドデッキを歩きながら丸の内の夜景が楽しめます。ここの魅力は、何といっても美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎の夜景が間近に見られること!その周辺にも、丸ビルをはじめ数々の商業ビルやオフィスビルが立ち並び、華やかな丸の内の夜景が楽しめます。もしかしたら東京観光で、もっとも“東京”を実感できる空間かもしれません。
夜のKITTEガーデン
KITTEからの夜景

デートに家族連れにオススメの夜景スポット

心地よい明るさの照明が灯る広々とした空間。手入れの行き届いた芝生。そんな雰囲気の良さに加え、東京駅から徒歩約1分というアクセスの良さ。その上、嬉しい入場無料!!丸の内自体、比較的落ち着いたエリアなので、デートはもちろん家族連れでも行きやすい夜景スポットといえるでしょう。KITTE内には、お手頃価格で楽しめるレストランもたくさんあります。
KITTEガーデン

新丸ビルのレストランフロアは絶好の夜景スポット!

2007年に丸ビルの隣に新設された新丸ビル。その7階には8店の飲食店からなるレストランゾーン「丸の内ハウス」があります。そして丸の内ハウスのテラスこそ、実は知る人ぞ知る絶好の夜景スポットなのです!
夜の丸の内ハウス7Fテラス

東京駅丸の内口の正面だからこそ!の夜景

「東京駅丸の内口」と言えば、美しい赤レンガ駅舎!ライトアップされた姿を正面から堪能できるのも新丸ビルが正面に建っているから。しかもテラスは建物を取り囲むように設置されているため、ほぼ360°の眺望で解放感抜群です。

「丸の内ハウス」で美味しい食事と大人の空間を楽んで

まるでヨーロッパの街並みのような、洗練された店と空間が広がる「丸の内ハウス」。ウイークデーは朝4時までのオープンで、大人がお洒落に遊べるエリアとなっています。欧風料理、グリル、蕎麦、イタリアン、和洋食など、幅広いジャンルの店が楽しめるのも魅力。お店でゆっくり食事をしたり、フロア内の別の店をはしごしたり、テラスに出て飲んだりと、思い思いの過ごし方ができます。
丸の内ハウス テラス

グラス片手にデッキで、美しい夜景に乾杯!

ベンチも多く、ゆったりと座って過ごせるテラススペースは、フロア内の
食べ物や飲み物を持って出られるので、まるでオープンエアのレストランのよう。楽しいおしゃべりと、美しすぎる夜景を楽しみながら、あなたも“大人の遊び場”を満喫してみませんか。ただし、他フロアや別の場所で購入した飲食物は持ち込み禁止なので、ご注意ください。
テラススペース

スマートポイント

  • KITTEガーデンからは東京駅丸の内駅舎だけでなく、在来線や新幹線の線路もよく見えます。屋上の高さは40mくらいなので、日中なら電車の種類も分かる距離。鉄道好きなお子さんも喜びそうですね。
  • KITTEガーデンは“屋上庭園”。 広々とした空間に芝生や樹木など緑が多いのが特長です。ベンチもあるので、観光の合間に丸の内の眺望を楽しみながら、ひと休みしてはいかがでしょう。
  • 新丸ビルの「丸の内ハウス」にある『来夢来人(ライムライト)』は、TVでもおなじみの女装家、ミッツ・マングローブさんプロデュース。女性限定ですが女性同伴なら男性も入店OKです。噂ではミッツさんもたまにいらっしゃるとか。

ライターのおすすめ

東京駅舎のライトアップは21時終了なので(2016年2月現在)、遅れないよう気をつけて。また、丸ビル35・36階のレストランフロアからも美しい夜景が見られます。きらめく東京の夜景を眺めながらのディナータイムも素敵ですね。新丸ビルと丸ビル、紛らわしいですがお間違えなく!

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+