* menu
閉じる

観光観光

2016.04.05

札幌2大ドームが1路線に!
地下鉄東豊線は一番深い?

writer : 上坂 由香

つどーむ(札幌コミュニティドーム)のある栄町駅から、さっぽろ駅、大通駅、豊水すすきの駅を経由し、札幌ドームがある福住駅までをつなぐ地下鉄東豊線。札幌市にある地下鉄3路線の中で一番新しく、一部南北線と並行して運行している区間もあります。
改札口
札幌2大ドームのアクセスにかかすことのできない地下鉄東豊線は、豊平公園駅にきたえーる(北海道立総合体育センター)もあり、スポーツ観戦やコンサートなど、イベントが行われる日の熱気は3路線で1番!大変多くの利用者でにぎわいがあり、とても魅力的な地下鉄です。

東豊線の大通駅ホームは地下4階! 札幌で1番深い場所です

札幌市営地下鉄ご利用ガイド
自動券売機横に置いてある「札幌市営地下鉄ご利用ガイド」は、構内位置を確認する必需品。地下鉄専用1日乗車券(大人830円 こども420円)を使えば、1日何回でも乗り降りできますよ。
連絡通路
東豊線への乗り換えは、南北線真駒内方面をご利用の方は、ホーム中央の連絡通路へ。南北線麻生方面ご利用の方は、一度、改札口まで上がり改札を出ないで真駒内方面ホームへ移動し、ホーム中央の連絡通路へ。
大通駅構内図
東西線新さっぽろ方面ご利用の方は進行方向へ、東西線宮の沢方面ご利用の方は進行方向と逆へ進み、突き当りの青色の階段を上がり、連絡通路へ。連絡通路を進んでいくと、東豊線ホームに続く階段、エスカレーター、エレベーターがあります。東豊線のホームは地下4階。とても深い場所にホームがあり、荷物がある場合はエレベーターを使うのがオススメです。

つどーむのある栄町からモエレ沼公園へ

電車

写真提供:札幌市交通局

東豊線のシンボルカラーは青。札幌の地下鉄全線の車輪はゴムタイヤなので、車内はとても静か。
栄町駅
地下鉄東豊線栄町駅からつどーむ(札幌コミュニティドーム)へ行くには2番出口へ。
つどーむ
2月になると、雪まつりの特設会場にもなり、シャトルバスも運行しているつどーむ。少年サッカーや軟式野球などに使われ、フリーマーケットなどのイベントも行われています。
案内板
隣には陸上自衛隊の駐屯地があり、その先に道内の空路を結ぶ丘珠空港があります。
空港までは栄町駅交通広場にある4番バス乗り場から空港連絡バスで。また、年間を通して楽しめるモエレ沼公園へは、環状通り東駅から中央バス「東69」、「東79」で。世界的彫刻家イサム・ノグチが設計し、公園まるごとアート作品というスケールの大きさ。モエレ山(標高62m)までの登山や曳き馬体験もできますよ。北海道らしさ満載の公園で思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか。

札幌にも「寺町」がありました

中央寺
東豊線でさっぽろ駅や大通駅を通過した後は、すすきのが「寺町」といわれていたころのなごりを残す豊水すすきの駅。6番出口から地上へあがると中央寺があり、そのほか大小6か所の寺院が立ち並びます。駅名にすすきのとあるとは思えない、厳かでノスタルジックな気分にひたることもできる界隈なのです。

試合のある日はものすごい熱気ある路線に!

福住駅
福住駅に着くと、選手たちの大きな写真がたくさん飾られており、彼らの熱い視線を感じながら、札幌ドームが近いことを実感します。3番出口から地上へ出て10分ほど歩くと、銀色のドームが見えてきます。試合のある日は大変混雑する路線ですが、券売機が込み合うため、事前に帰りの乗車券を買っておくのがポイントですよ。
札幌ドーム
現代の札幌っ子が東豊線と聞いて一番にピンとくるのが、なんといっても南の終点・福住駅にある札幌ドーム! 道産子の愛すべきプロ野球チーム、北海道日本ハムファイターズや、プロサッカーチーム、北海道コンサドーレ札幌の試合が行われるメインスタジアムです。

スマートポイント

  • 東豊線のホームは可動式ホーム柵がないため(平成29年4月までに全駅可動予定)、小さな子ども連れの場合は十分に注意してください。
  • 地下鉄駅券売機に置いてある「ご利用ガイド」の24ページから25ページのコンコース図を確認すると、東豊線までの経路がよくわかります。
  • 東豊線は、先頭車両か後ろの車両に乗ると、降りた時にすぐ階段やエスカレーターがあり、真ん中付近はエレベーターが設置されているホームが多く乗り換えにも便利。

ライターのおすすめ

東豊線の車両は新しくてとてもキレイ(9000形)。大通駅から乗り換えに使う連絡通路には、コンビニやイスがおいてあるエリアがあるので、一休みしながらどうぞ。

上坂 由香

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0