* menu
閉じる

観光観光

2016.08.08

十勝川温泉を望む大パノラマ!
十勝が丘展望台と花時計の公園

writer : タカハシアキコ

帯広から車で20分ほど、十勝川温泉はお肌がすべすべになるモール泉が昔から高い人気を呼んでいます。でも、お楽しみはそれだけではありません! 温泉街北の小高い丘に立つ、十勝が丘展望台へも足を延ばしてみて。
十勝が丘展望台
十勝川や広大な十勝平野、遠くは日高の山々をぐるりと望むワイドビュー。まさに気分は大空と大地のなか、爽やかな気分になること間違いありません。ふもとの十勝が丘公園では、カラフルな花々で彩られたジャンボ花時計ハナックも見どころ。無料で開放されている足湯もあります。夏に行われるモール温泉夢ボタル鑑賞会、冬は光と音のファンタジックショー彩凛華(さいりんか)など魅力的なイベントもたくさんありますよ!

十勝川温泉街から車で5分、絶景のビュースポット

十勝温泉街から車ですぐ、歩いても10分前後のところに十勝が丘公園があります。広大な芝生の中でもカラフルな色で目立つのは、世界一を誇ったこともある花時計ハナックです。
十勝が丘公園
その奥には小高い丘、右側のテレビ局の送信所が見えるあたりに、十勝が丘展望台があります。さっそく公園わきの道から行ってみましょう。
レトロなランプが付いたシラカバ
十勝が丘展望台の看板
車で約5分、公園を回り込むようにカーブした道の先に、十勝が丘展望台があります。レトロなランプが付いたシラカバが目印。駐車場も20台止められます。

気分爽快!十勝川と平野、山々を望む雄大なパノラマ

180度以上のパノラマが広がるこの展望台は、絶好の撮影スポット。好きな場所から景色を存分に眺めてみましょう。
180度以上のパノラマ
十勝平野を潤す十勝川に沿って、左手前に温泉街が並んでいます。太古の昔は葦(あし)が生えていたという河畔の地。悠久の年月を経て積もった植物の地層を温水が通ることで、天然の化粧水ともいわれるモール泉が湧き出るそうです。自然の恵みに感謝ですね。
案内板
案内板も設置されているので、眺めている場所の確認に便利です。お天気がよければ十勝ポロシリ岳などの日高山脈の山々も見えます。

休日には無料のシーニックカフェでお茶やコーヒーも

展望台には、春から秋の期間限定で週末や祝日にシーニックカフェがオープン。地元の観光ボランティアによる運営で、無料でコーヒーやお茶もサービスしてくれます。素晴らしい眺めと、すがすがしい空気の中でいただくお茶は一段と格別です。
シーニックカフェ
展望台の様子

写真提供:十勝シーニックバイウェイ トカプチ雄大空間

観光パンフレットも置かれているほか、ボランティアの方がいろいろと親切に教えてくれます。荒天時には中止することもあるのでご注意を。

2万もの花々で彩られた巨大花時計ハナック

展望台の後には、十勝が丘公園にも寄ってみましょう。トイレや売店、足湯もあるので小休憩にも便利です。お子さん連れは広い芝生の敷地内にあるアスレチック遊具で存分に遊べます。
十勝が丘公園内
巨大な花時計ハナック
なんといっても目を引くのは、直径18メートルの巨大な花時計ハナック。かつてはギネスブックに認定されたこともあるとか。
花時計に植えられた季節に合わせた花々
大きな時計の針にも驚きますが、チューリップやパンジーなどお花畑のように広がる花々にもうっとり。この花時計は年に5回、季節に合わせた植物を2万株も植えているそうです。近くでお花をゆっくりと観賞するのもいいですね。

天然モール泉の足湯に入らない手はない!

足湯の建物
公園内には足湯もあります。木造りの建物内にあるので、寒い時や荒天時でもOK。北海道遺産にも指定されたモール温泉に、ここでも入らないわけにはいきません!
足湯
コーヒー色をしたお湯に足をつけていると、居心地のよさにずっと入っていたくなりそう。窓からはハナックも見えますよ。
売店「WELCOMEハナック」
近くの売店「WELCOMEハナック」では軽食やジュース、ソフトクリームを販売しています。足湯用のタオルも120円で売っていて便利。十勝平野を一望できる展望台と花時計の公園、しかも足湯付き。季節ごとに催されるイベントと、時期を合わせて行くのもおすすめですよ。

スマートポイント

  • 十勝が丘展望台は夕日の撮影スポットとしても有名です。展望台までの道が狭いので、車ですれ違うときや降雪時は気をつけて。
  • 無料の足湯はもうひとつ、十勝川温泉の玄関口に当たる十勝川温泉観光ガイドセンターの裏にもあります。センターでタオルを購入できるので、手ぶらでも大丈夫。
  • 展望台からもよく見える斜張橋の十勝中央大橋は、別名白鳥大橋と呼ばれていて付近は白鳥の越冬スポットにもなっています。初冬から3月中旬ごろまで、十勝川に浮かぶ美しい姿を間近に見ることができますよ。

ライターのおすすめ

十勝が丘公園で行われる「彩凛華(さいりんか)」は1月下旬から2月の夜、650を超える光のオブジェで会場が彩られます。光と音のレーザーショーも開催、寒さを忘れるほど感動モノのイベントです!

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0