* menu
閉じる

カフェ・スイーツカフェ・スイーツ

2016.06.23

函館っ子に愛される老舗カフェ
カリフォルニアベイビー

writer : 金子 美里

ベイエリア屈指の名店である、カリフォルニアベイビー。大正時代に郵便局として建てられたこの建物は、白壁と、特徴あるフォルムが印象的です。また、アメリカのビールのネオンサインが飾られてレトロな雰囲気も目をひきます。
カリフォルニアベイビー
コカコーラの古いポスターなど、アンティークなインテリアに囲まれた店内に入れば、60年代のアメリカにタイムトリップしたような気分に。懐かしさとかっこよさが同居した、店の雰囲気は港町・函館のハイカラな空気にぴったりです。地元のソウルフードでもある名物のシスコライスをほおばって、函館旅をパーフェクトなものに!

歴史香る街の景色に溶け込む、函館の老舗カフェ

古いレンガ倉庫が並ぶベイエリアは、伝統的な建造物の保存地区にも指定される場所。そんな落ち着いた街並みの一角に、違和感なく溶け込むのが、地元民なら誰もが知る名店・カリフォルニアベイビーです。
店内
1976年に創業したこのカフェは、1917(大正6)年に郵便局として建造された建物を活かし、独特のレトロでポップな雰囲気を醸し出しています。函館っ子に「カリベビ」と愛称を付けられるほど親しまれ、北海道内はもちろん、いまでは全国にも知られる人気店に。地元出身のロックバンドGRAYのメンバーや、元JUDY&MARYのボーカルYUKIが通っていた店としても有名です。
カリフォルニアベイビー外観
函館の老舗カフェ
歴史ある街ならではの、古い建物を利用した店舗は、函館ではこの店が先駆けで、その後の地元カフェ文化に大きな影響を与えました。ベイエリア観光をするなら、街を代表する名店に、忘れず立ち寄りたいですね。

60年代アメリカを思わせる懐かしさいっぱいの店内

広々とした店内
真っ白な壁の洋館風建築に足を踏み入れると、目の前には木の床と白いモルタルの壁のコントラストがいきた、広々とした空間が広がっています。往年のポスターやコカ・コーラの看板、使い古した傷も味わい深いテーブルなど、どこに目を向けても、どこか懐かしくてお洒落。店内に流れるオールディーズのBGMが、さらにレトロ感を高めます。
店内
アンティークな家具に囲まれた店内
古き良きアメリカを再現したいと、オーナーが収集したインテリアのなかには、米軍住宅から払い下げられた椅子も。アンティークな家具に囲まれて、大きな窓の外へ目を向ければ、ベイエリアの風情ある街並み。思わずタイムトリップしたような、不思議な気分を味わわせてくれる空間なのです。
カリフォルニアベイビーの店内

地元っ子なら知らない人はいない!? 名物シスコライス

北海道内でも、とくにご当地グルメの数が多い地域といわれる函館。そのなかでも、必ず3本の指に入るのが、オリジナルのシスコライス(770円)です。
オリジナルのシスコライス
バターライスの上には、ビッグなフランクフルトが2本。さらにその上から、こぼれんばかりにミートソースがかかっていて、迫力もボリュームも満点の一皿です。
シスコライス
メニュー名のシスコは、アメリカの都市サンフランシスコから。函館と同様「坂が多くて、市電の走る港町」であるサンフランシスコをイメージしたそう。盛りのよさと親しみやすい味がウケて、いまでは地元を代表する料理に。
その評判は観光客にも伝わって、オンシーズンには、名物メニュー目当てに来店する人で店がにぎわいます。ベイエリアに来たなら、必ず食べたい話題の味ですよ。

街歩きに疲れた腹ペコさんにも大満足を約束します!

シスコライスはボリュームたっぷり。一瞬ひるんでしまうほどの量にも見えますが、甘みと酸味のバランスがとれた自家製ミートソースと、あっさりしたバターライスが絶妙にマッチし、女性でもぺろりと食べてしまうおいしさです。
シスコライス
食べ応えのあるフランクフルトは、噛むごとに味が出て、最後まで飽きることなく楽しめます。空腹が満たされたら、落ち着いた店の雰囲気を味わってのんびり。

趣きある街並みの函館は、街歩きの時間がつい長くなりがち。おまけに坂も多いので、気づけばお腹がペコペコということも少なくありません。そんな腹ペコさんもきっと、店を出るときには、満足の笑顔になっているはずです。

店内
各国のビール
西波止場の風情を感じるカリフォルニアベイビー。名物に加えて、各国のビールも多数そろっているので、大人なカフェとして利用してみるのもステキですよ。

スマートポイント

  • シスコライスをはじめ、メニューにはボリュームたっぷりの洋食がそろいます。各国のビールもそろっているので、夕食を楽しむのも○。
  • とくに観光シーズンのランチタイムは混雑必至。ゆっくり味わいたいなら午後2時前後の来店がオススメ。
  • 店はベイエリアにあり、金森赤レンガ倉庫や観光スポットが集まる元町も徒歩圏内。市電の電停も近いので、どこへ行くにも、どこからくるにもアクセス良好なのがうれしいですね。

ライターのおすすめ

カリフォルニアベイビーの隣は、ラッキーピエロ、ハセガワストアが軒を連ねています。函館三大ご当地グルメの店が勢ぞろいする圧巻の光景は、私にとって記念撮影スポットの一つです。

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
5+