* menu
閉じる

グルメグルメ

札幌一人旅でも気軽に本格寿司
すすきの駅近くの穴場、すし家

writer : タカハシアキコ

2018.01.07

地下鉄東豊線の豊水すすきの駅、地下鉄南北線のすすきの駅で降りて徒歩5分ほど、角に立つ小さなお寿司屋さん、すし家は「本当のお寿司を、気軽にすすきので食べたい!」という地元の人や出張サラリーマンが通うお店です。
大ぶりのホタテやホッキ、ツブ、甘エビ
大ぶりのホタテやホッキ、ツブ、甘エビ。それに、とろけるウニ、上品な味わいのイクラや、鯛にも負けないといわれるソイといった、北で獲れる魚介類のネタがいっぱい! 丁寧な仕事ぶりと包丁の技がさえる、職人さんの目にかなった旬のネタのお寿司も楽しみです。
旬のネタのお寿司
すし家外観
ガラス張りでカジュアルな雰囲気から、観光でふらりと入ってみて、次の旅行でも訪れるなど、リピーターになる人も少なくないとか。気になるお値段は、壁にしっかりと表示された明朗会計。ひとり旅でも、とても入りやすいお店ですよ。

札幌すすきので、寿司専門店のデビューはいかが?

すすきのといえば、映画「探偵はBARにいる」などの舞台としておなじみ。女子旅なら、初めての夜の街は「ちょっと……」という気もするし、だけど少しはのぞいてみたい……気もしますよね。
すし家は地下鉄駅直結の札幌っ子でにぎわうファッションビル「ススキノ ラフィラ」の建物からほど近く。老舗のジンギスカン専門店「成吉思汗だるま 本店」を目印にしていけば、道の斜め向かいにあります。
すすきのの角地に面した建物
すし家は角地に面した建物の二面が大きなガラス張りで、小さいながらも目立つお店。「すし1かん110円より」とある通り、お値段は本当に1カン110円から。心配な人は、窓からさりげなくお店のなかをのぞいてみてくださいね。カウンター奥に、お寿司の種類と値段がしっかりと書かれています。「すすきので寿司なんて、ひとりでも1万円札が飛ぶんじゃ……」とドキドキする必要もありませんよ。

1カン110円から食べられる明朗会計、コスパも抜群

素敵な笑顔のスタッフ、千葉さんが「いらっしゃい」と迎えてくれます。隣では職人さんが、一心にネタの仕込み中。お店に張られたカジュアルな「1カン110円から」という文字で「なんだ、そこそこの寿司か」と思ったアナタは、大いなる勘違いですよ。
スタッフの千葉さんと職人さん
L字型のカウンター
店内はL字型のカウンターで10席のみ。東京やすすきので確かな味を知るサラリーマンが「ここは旨いのにすごく安い!」と、お客さんをよく連れてきたりするから、満席で入れないことも。予約が多いお店でもあるので、すし家を目指していくなら、電話で予約をしておいたほうが無難です。ちなみに、店内は禁煙ではないので嫌煙家はご注意を。
ニシンの握り寿司
道産子をうならせる、旬のニシンの握り寿司。ニシンといえば骨が多く脂が多い魚と思いきや、すし家の握りは上品な脂の乗りで、なめらかな味わい。もちろん鮮度も抜群で、ニシンという魚の新たな魅力に開眼してしまいそう。これは、職人さんのひたすら小骨を抜く作業と、長年にわたる包丁の技がさえるからこその一品なのです。
職人さんのひたすら小骨を抜く作業

ホタテ、ウニ、イクラ……口のなかは北の魚介まつり!

すし家は、イカ、たこ、玉子など1カン110円から、アワビ、ボタンエビなど660円までの価格帯があります。約50種類からいろいろなお寿司を頼みたくなれば、それなりに値段は上がっていくのでご注意を。それでも、上質なお寿司を味わえるすし家のコスパは抜群です。
定番の中トロ
定番の中トロも、お客を裏切らない本物の味わい。口に入れるとシャリがパラリとほぐれて、ネタのじゃまをしない感じが、またいいんですよねえ。
イクラとクリーミーな塩水ウニ
道民が味にうるさいイクラは、職人さんがバラして煮切り酒としょうゆに浸けたもの。薄味で、イクラ自体の旨みが引き立っています。クリーミーな塩水ウニは口のなかでとろけていき、フレッシュなカキは手作りのポン酢がかかって、噛めばプリッと旨みが広がり……、これはもう北の魚介まつりといったところ。レモンと岩塩でいただく大きなホタテや、贅沢ボタンエビの握り、サービスで付いてくるその卵とミソの軍艦巻きまで、おいしくいただきます!
大きなホタテや贅沢ボタンエビの握り

丁寧な仕事ぶりが活きる味、珍しい北の味覚も

別のお店で食べ飲みした後に、少しだけお寿司をつまむのも、または最初から気合十分でたっぷり食べてもOKなのが、すし家の良いところ。「たこまんま」と呼ばれるタコの卵巣を、イクラのようにほぐして漬けた軍艦巻きなど、北海道で獲れる旬の珍しいネタを食べてみるのもおすすめです。
メニュー
朗らかで気さくなスタッフの千葉さん
朗らかで気さくなスタッフの千葉さんに、お寿司のおすすめを聞いてみるのもいいですよ。ちょっとした世間話が弾んだりするこのお店、ここで知り合って結婚したお客さんもいるのだとか。日本酒もたくさんそろえているので、寿司をつまみながらちょっと一杯、といくのもいいですね。
日本酒一覧
美味しい寿司を作ることに専念する職人さん
職人さんは、美味しい寿司を作ることに専念! カウンターの目の前に並ぶ新鮮なネタを見ていると、あれもこれもと食べたくなってしまいます。敷居の高さゼロで明朗会計のすし家、すすきの探検の一歩で訪れてみてはいかが?

スマートポイント

  • すすきのという土地柄と小さなお店のため、曜日や時間にかかわらず満席になることがあるそう。確実に行きたい場合は、電話で予約をしておきましょう。
  • 何を頼むか迷ったら、松(3,850円)・竹(2,750円)・梅(1,870円)の各10カンを注文しても。折り代110円プラスで持ち帰りもできます。
  • あまり混んでいないときは、お店でのちょっとした会話も楽しみ。すすきのの観光情報も教えてもらえるかも? あまり話しかけてほしくない人は、スタッフや常連さんがそれとなく配慮してくれます。

ライターのおすすめ

最初に「握りにしますか、お刺身にしますか?」と聞いてくれます。ほかで食事をした後など、お刺身で頼んでちょっとお酒を飲むのも、すすきのらしい楽しみ方ですよ。

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン