* menu
閉じる

グルメグルメ

2018.01.23

北広島エーデルワイスファーム
カフェでお得に逸品のランチを

writer : タカハシアキコ

札幌のお隣、北広島市にあるエーデルワイスファームは、全国の食通に愛される高級ハム、ベーコン、ソーセージを製造している工房です。80年前、牧場の家庭で手作りしていた時代を受け継ぎながら、いまも職人の手で丁寧に作られる絶品ハムやベーコン、ソーセージ。そのまろやかな旨みがあふれ出す味わいは、一流シェフたちにも称賛される逸品です。
北広島市にあるエーデルワイスファーム外観
店内
全国から訪れる人たちのお目当ては、敷地内にある白いロッジ風のエーデルワイスカフェ直営店はもちろん、そのすぐ隣に立つファーマーズカフェ(Farmers Cafe)。
職人の手で丁寧に作られる絶品ハムやベーコン、ソーセージ
極上のハムやベーコンなどが使われたシンプルなメニューは、お店にとっては採算度外視の贅沢さ、お客にとってはうれしいばかり。予約必須のファーマーズカフェ、わざわざ立ち寄る価値、アリです。

全国の食通に支持される、手作り極上ハムとベーコン!

エーデルワイスファームは、札幌と新千歳空港をつなぐ道央自動車道の、輪厚(わっつ)スマートインターチェンジのすぐそばにあります。こちらのインターはETC搭載の車でないと利用できないので、レンタカーを借りる場合は意識しておくと便利ですよ。
看板
北広島ICで降りるなら車で約15分、札幌中心部からは国道36号線を通って40分ほどです。周辺にある看板を目安に進んでいきましょう。公共交通機関を使うなら、快速エアポートも停車するJR北広島駅で降りて、タクシーで10分ほどです。
敷地内にある直売店には、ハムやベーコン、ソーセージなどの商品がたくさん並んでいます。試食もすすめてくれるので、自分で気に入ったものを買えるのもうれしいところ。
試食もOK
エーデルワイスファームの商品は、添加物を極力抑えているため、賞味期限が短く基本的に直営店か通信販売でしか手に入りません。伝統的なドイツの製法をもとに、豚肉を長期氷温熟成法で漬け込み、ナラの薪などでいぶした手作りのハムやベーコン。出来上がるまでには2ヵ月もかかり、1kgのお肉からは600gしか製造できない貴重な逸品です。
伝統的なドイツの製法での手作り

提供写真:エーデルワイスファーム

予約必須の人気ぶり、山小屋風カフェでゆったりランチを

直営店の隣にあるファーマーズカフェ(Farmers Cafe)の建物は、かつては大切なお客さまを招くゲストハウスとして使われていたとか。公式サイトには、日替わりランチプレートを含む月ごとのメニューが掲載されているので、事前にチェックして訪れる常連さんも多いそうです。
直営店の隣にあるファーマーズカフェ
直営店の隣にあるファーマーズカフェ店内
店内は20席ほどですが、太いカラマツの梁に、吹き抜けや大きな窓があって明るく開放的な雰囲気。オープンから午後2時までは予約で満席になることが多いので、確実に食べたい人は電話で予約しておきましょう。待つ場合も、名前と電話番号を伝えておけば、空いた時に連絡してくれますよ。直営店をのぞいたり、敷地内の草花を愛でながら過ごすのもおすすめ。とくに7月はバラとクレマチスの花が咲き乱れる名所としても知られ、たくさんの人が写真を撮っていくそうです。

お得すぎ! 極上ハムと厚切りベーコンが詰まった贅沢丼

平日は、20食限定の日替わりランチプレート(1,200円)がお得。なかでも好評のメニューが「ハム・ベーコン丼」。2ヵ月もかけて丁寧に作られた貴重なロースハムとベーコンが、厚切りで惜しげもなく入っているから驚き!
厚切りで惜しげもなく入っているロースハムとベーコン
エーデルワイスのハムは、普通に売られているようなハムとはまるで別格。スモークの香りがほんのりと鼻に抜け、天然塩は控えめに使われているので、しょっぱさではなく快いまろやかさが舌に伝わります。ハムを噛めば思いがけないほど上品な味わいで、しっとり柔らかな食感と、熟成されたポークの旨みがたまりません。
上品な味わいのハム
ジューシーでコクがあるベーコンも「ここまで!?」と思えるほど大きく厚切り。それが何枚も入っていて、まさにこれは「ぜいたく丼」。目玉焼きのトローリとした黄身やご飯と合わせれば、これまた格別。たくさんハムやベーコンを食べても、しつこく感じることはありません。
20食限定の日替わりランチプレート
スープやサラダ、野菜炒めといった副菜に、プチデザート、ドリンクまでが付いています。そのボリュームに「食べられないかも……」と戸惑う人まで、「おいしい!」と完食しちゃうランチプレート。日替わりでは、ほかにも「ソーセージ丼」「焼豚丼」などの、魅力的なメニューがありますよ。

スープや野菜炒めも、塩を使わずベーコンだけで美味!

「うちは家庭の味が基本で、いたってシンプルな料理ばかり」と話すのは、店主の野崎洋子さん。例えば副菜のミネストローネは、生のトマトをベースにたっぷりの新鮮野菜を刻んで入れていますが、調味料は塩をまったく使わず、コショウのみ。
さしい味の上質スープに
エーデルワイスファームのベーコンだけで、びっくりするほどやさしい味の上質スープに。野菜嫌いのお子さんも進んで食べるそうで、ママからレシピを聞かれることもあるのだとか。野菜炒めも調味料は使わず、ベーコンの塩気と旨みだけで旬の野菜の味わいを引き立てています。

食べ比べが楽しいソーセージ3種類に、生ハムのような食感のロースベーコン
スタッフの人たちもにこやかで、メニューに迷ったときや質問にも気軽に応じてくれますよ。食べ比べが楽しいソーセージ3種類に、生ハムのような食感のロースベーコンがのったサラダ付きの「ソーセージグリル」(850円)も、ファームカフェの人気メニュー。
カウンター席
お店にはカウンター席もあるので、おひとりさまもOK。窓越しにファームを守ってきたカラマツの大木を眺めながら、北の大地で手間ひまかけて作られた極上ハムやベーコン、ソーセージを存分にほお張っちゃいましょう!

スマートポイント

  • 直営店では3,000円以上の買い物をすると、ベーコンの端切れ袋などをおまけしてくれます。商品は保存料を使用しないだけに食べごろが短く、温度にも左右されるので、お土産にするなら宅配便で送るのがおすすめ。
  • カフェの特製日替わりサンドイッチ(680円)はテイクアウトもできます。時間のないときは、移動中の車内や観光先で飛び切りのサンドイッチをどうぞ。ただし、こちらも限定数があるので予約した方が無難です。
  • 直売店には、ハムやベーコンに合う厳選されたワインや、北海道の美味しい食品も売っているので、一緒に買って宿泊先でのお楽しみにしても。作家さん手作りのトールペイントや布雑貨も販売していますよ。

ライターのおすすめ

実はデザートも見逃せません。オリジナルのレアチーズケーキやムースなど四種類から一つと、選べる飲み物のセットはなんと500円。コーヒー、紅茶、ハーブティーも近郊名店から選び抜いた豆や茶葉を使っています。

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
1+