* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.02.13

元祖の味、薬膳カリィ本舗
アジャンタ総本家

writer : 金子 美里

スープカレーとライス
いまや、札幌のご当地グルメとして全国に知られるスープカレー。その元祖といわれるのがアジャンタです。誕生のきっかけとなったのは、家族の健康を守りたいという想い。切実なその想いが、スパイスたっぷり食欲をそそるスープを作り出しました。その気持ちを大切に守りながら、食べやすさやおいしさを追求していったことで、大きな食のムーブメントが生まれたのです。
元祖の味を守り続ける薬膳カリィ本舗アジャンタ総本家。原点の味を確かめに、ぜひ立ち寄りたい一店です。
店内

はじまりは家族の健康を想う気持ち

スープカレーの生みの親は、アジャンタ創業者の辰尻宗男さんです。
喫茶店を営んでいた辰尻さんがこの料理を開発したのは、お客さんのためではなく家族や自分のためだったといいます。体調の悪い父親と、自身の健康を守りたい…。そんな気持ちからスタートした食べ物でした。
漢方やスパイス、薬草など、効用を考えながら調合を工夫し、自身を実験台にして、試行錯誤を繰り返しながら、味がよく、体を整えてくれるスープを長年かけて開発しました。
アジャンタ創業者の辰尻宗男さん
当初は家族だけで味わっていたものでしたが、香りに誘われた喫茶店の常連客にも提供するようになり、いつしか具材も加えて、現在の形が完成。そうして、アジャンタが1974年に誕生し、スープカレーの歴史が始まったのです。
外観

体にやさしいスパイスいっぱいの薬膳スープ

原点を大切にする店のスープには、たっぷりと体によい成分が含まれています。野菜と鶏ガラでだしをとったスープに加えるのは、45種類の体によい素材を調合した特製スパイス。
漢方薬としても使われるスパイス
中には、漢方薬としても使われる朝鮮人参やクコノミ、シナモンやトチュウなどが15種類も入っています。
とりかりぃ
「とりかりぃ」1,000円。スープには、辛味とともに、じんわり体に染みこむような、まろやかな旨みがあります。食べながら、体の中からゆっくり温まってくるような味で、ほっと体が癒やされた気持ちに。

また、ほろほろと、口の中でとろけるように崩れる鶏肉は、絶品の一言。
シンプルな具で、スープの味をしっかりと味わわせてくれるところに、元祖たる自信を感じるメニューです。ご飯は、プラス50円で、十六穀ご飯も選べます。

一番人気の「とりかりぃ」のほか、野菜やミートボールの入った「かしみーる」などのメニューも。

辛さは味を見ながら自分で調節

辛さの調節は、自分自身で行うのが店のスタイル。テーブルにはマサラと呼ばれる辛味のスパイスが常備されており、スープの辛さを確認し、自分好みで加えていきます。
マサラ
このマサラも健康を考えて調合されたもの。
一味に加え、食欲増進や胃腸などを整えて体の調子をよくするハーブ系・ホット系のスパイスが入っています。

さらなる刺激を求める人は、注文のときに「スペシャルすぱいす」200円を頼んでみて。

シンプルながら味わい深いサイドメニュー

あくまでシンプルに、薬膳のスープを提供する薬膳カリィ本舗アジャンタ総本家。トッピングやサイドメニューも、種類をいたずらに多くするのではなく、体によいもの、安全なものを追求。
らっきょう
カレーにつきものの「らっきょう」50円は自家製。酸味のきいた味が、ほどよいアクセントになってカレーの味を引き立てます。
チャイ
シナモンなど数種のスパイスを使った「チャイ」300円には厳選した紅茶を使って、深い味を出しています。

店名に込められた原点となる想い

インド南部にある渓谷岩壁に作られた寺院郡で、辰尻さんは、そこで現地の人と温かい交流を深めたそうです。特別の想いを持った地を胸に刻むように店名にしました。
店名のアジャンタは、そのとき訪れた場所の一つ。
ガネーシャ神が飾られた店内
ガネーシャ神
店内には、インドの医術の神・ガネーシャ神がそこかしこにかざられ、原点となる思いを忘れず表しているよう。

地下鉄東豊線の元町駅から徒歩約5分。決してアクセスのいい場所とはいえませんが、元祖の味はわざわざ行く価値ありのおいしさです。

スマートポイント

  • 骨なしチキンやキッズ向けのメニューもあるので、ファミリーで利用にも適しています。
  • 専用駐車場があるので、車で旅行をする人は便利に利用できます。
  • テーブル席、カウンター、小上がり席があり、人数やシーンに合わせた使い方ができるのがうれしい。

ライターのおすすめ

シンプルなだけに、スープの旨みをじっくり味わえるスープカレーです。ほろほろに煮込まれた鶏肉のやわらかさとおいしさは、ぜひ味わってほしいです。

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0