* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.08.06

北の屋台をハシゴして
味わい尽くそう十勝の味覚!

writer : MAYO

石のオブジェ
冬の寒さが厳しい北海道では屋台はあり得ない。北海道人の誰もが持っていた先入観を打ち破って誕生したのが、帯広の北の屋台です。
店内
オープンしたのは2001年7月29日。ねじり鉢巻のおいちゃんがいる居酒屋からビストロ風、韓国・中華料理とバラエティー豊かな20軒が並ぶ屋台街。十勝はもちろん、道東の釧路からも新鮮食材が届き、それぞれのお店の個性あふれる味を提供しています。

待ちきれない! 5時開店の店に合わせてGO!

ホテルが建ち並ぶ帯広駅前から歩いて数分。西1条通と東銀座通の間にある屋台街は彫像「いきぬきん」を中心に、大きく二つのブロックに分かれています。
彫刻「いきぬきん」
営業時間・休業日は20店それぞれで、早いお店は夕方5時から開店。提灯に明かりが灯りはじめ、6時には全店の店先が明るくなります。
北の屋台
徐々に客足も増えて、地元の常連さんはもちろん、出張らしき人や観光客、外国人、女性の姿も。誰でも気軽に、おいしく楽しい屋台街です。

屋台でチーズ&ワインが、とっても十勝っぽいんです

いわゆる「和」の居酒屋やおふくろの味を出す店と並んで、ビストロ風の洋風な店が立つのも、この屋台街の面白いところ。店主がソムリエの「プチ・プレジール」では、国内外のチーズコンテストで賞を取った十勝を代表する工房、共働学舎新得農場のラクレットチーズが味わえます。
プチ・プレジール
ラクレットは、半分に切ったチーズの断面をあぶってとかしながら、フランスパンやジャガイモにとろ〜りとのせて食べるヨーロッパアルプスの料理。
とろ~りチーズ
黒こしょうを軽く挽いて、アツアツのうちにワインと一緒にいただくのがベスト。とろけるチーズの濃厚な風味が口のなかに広がって、小さな幸せ(プチ・プレジール)にひたれます!
のび~るチーズ

貝殻付きのホタテや生干せシシャモに、思わずゴクリ

北の屋台では3年ごとに出店者を更新していますが、2001年のオープン時からずっと続いているお店もあります。その1店が魚介居酒屋の「こころ」。ねじり鉢巻のおいちゃんご夫妻のお店です。
居酒屋「こころ」
十勝の野菜や釧路で揚がった魚介が「うまいよっ!」と生きのよさを誇るように並ぶカウンターのショーケース。食欲がそそられないわけがありません。
食材たち
何年も通い続けている常連さんも初めてのお客さんも、ひとたび席に着けば、すぐに馴染める気さくな雰囲気。どの店も8〜10席ほどで、和気あいあい。暗くなるほどに、にぎやかな笑い声がお店の外まで聞こえてきます。
いくつも並ぶ屋台

お肉やわらか、低カロリーのエゾシカ肉も味わえます

チーズにワイン、魚介、野菜料理ときたら、肉質のいい豚肉や牛肉、羊肉がそろう十勝のこと、肉料理も食さねば満ち足りない気分。6年前から出店している「煙陣」では、北海道ならではのエゾシカ肉も味わえます。
煙陣
ハンターでもある店主自らが仕留めたエゾシカのタタキは、正しく処理されているので臭みが一切なく、やわらかく美味。北海道特有のピリリと辛い山ワサビがいいアクセントを添えます。
エゾジカのタタキ
せっかくなので、帯広で唯一の燻製専門店一番の人気メニュー、道東・厚岸などから取り寄せた新鮮カキのスモークも。オリーブオイルとハーブにたっぷり漬け込んだ、お酒の種類を選ばないクセになっちゃう逸品です!
カキのスモーク

ハシゴしないのはもったいない!

羊肉専門店に串揚げ・串焼きの店、やきとん、おばんざいに味噌料理。店をのぞくたびに、胃袋が誘惑される北の屋台。
チラシ
日本屈指の食材の宝庫・十勝に来て、ここに立ち寄らない手はありません。どうせなら数軒ハシゴして、野菜から魚、肉、チーズまで十勝を食べ尽くす勢いで! あっちこっちとお店を渡り歩ける屋台の魅力を満喫しましょう!
立ち並ぶ北の屋台

スマートポイント

  • 事前にホームページでお店の営業時間やメニューをチェック。目星をつけておくといいでしょう。
  • お店の混み具合は予知不能。絶対に逃したくない味があったら、ホームページに記載されている各店主さんの連絡先へ電話を。場合によっては予約も受け付けてくれます。
  • 屋台街で女性が気になるトイレは、「いきぬきん」彫像の向かいにあります。もちろん男性・女性別で、女性用は洋式の水洗トイレを二つ完備しています。

ライターのおすすめ

スペインのタパスじゃないけれど、1店1〜2品で3〜4軒ハシゴするのが、やっぱりオススメ。何度も来られるわけではないので、とにかく十勝の味を食べ尽くしてください!

MAYO

札幌生まれの札幌育ち。一時期、京都・東京で過ごす。北海道大好き、沖縄大好き、旅行大好き、キャベツ大好き。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0