* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.08.07

十勝の大定番、カレーショップ
インデアンまちなか店

writer : 石田 美恵

カレーショップインデアンは、「十勝のソウルフード」といわれるくらい地元に根づいたお店。帯広育ちで故郷を離れている人は、「帰省したら真っ先にインデアンに行く」という人が大勢います。
カレーショップインデアン外観
数ある店舗のなかでも、JR帯広駅から徒歩約5分の「カレーショップインデアンまちなか店」は、仕事や観光の合間に立ち寄りやすく、平日でも開店と同時にお客さんが次々と訪れます。
昔ながらのとろみのあるカレー
昔ながらのとろみのあるカレーは、一度食べると、また食べたくなる特有の味わいです。まちなか店には、ほぼ毎日ランチに来る常連さんもいるそうですよ。

うれしいお手軽価格、なのに味は本格派

インデアンは1968年、帯広市内に1号店がオープンし、現在は十勝エリアに10軒、釧路市に2軒の店舗があります。まちなか店は、2009年にオープンしました。
店内
店内はスッキリ明るく、中央にカウンター席がぐるりと並んでいます。一番の人気メニューは、スタンダードな「インデアン」(421円)。かなりのお手頃価格ですが、食べ応えは充分。
まろやかなカレー
牛肉をたっぷり使い、数十種類のスパイスで熟成させた、まろやかなカレーは、どこか懐かしく、ほっとする味わい。牛肉がよくよく煮込まれ、ほろほろにくずれてご飯となじみます。辛さが「普通」だと、一口目は甘いかな?と思いますが、食べ進むとスパイスが効いてくるので、初めての方は「普通」がおすすめ。
お鍋を持参で買いに来る人

提供写真:カレーショップインデアン

カレーはお持ち帰りもでき、常連さんにはお鍋を持参で買いに来る人も。また、学校や地域のイベントなどには、お店から大鍋で届けるサービスもあります(50名以上利用の場合)。さすが地域密着店!

3種のルーと5種の具材から、ベストチョイスを探してみよう

メニューはシンプルですが、インデアンカレーで使うルーは3種類に分かれています。定番の「インデアンルー」は牛肉たっぷりのふくよかな味が特徴。「ベーシックルー」は牛肉ベースに玉ねぎを加え、どんな具材ともよく合います。「野菜ルー」はじゃがいも、にんじん、玉ねぎ入りのマイルドな味。
シンプルなメニュー
この3種類を具材によって使い分けています。たとえば、ぷりぷりのエビがたくさん入った「エビ」(604円)には、ベーシックルーを使用。
ぷりぷりのエビがたくさん入った「エビ」
エビのおいしさがストレートに伝わります。でも、お好みに合わせて、インデアンルー(421円)+エビ(194円)といった組み合わせも可能。そのほか、カツ、ハンバーグ、チキン、チーズの具材があり、組み合わせは自由自在です。
オープンキッチン
オープンキッチンには、常に三つのカレーがグツグツと出番を待っていて、いい香りが漂っています。ベストチョイスを探していろいろ試してみましょう。意外な発見があるかもしれませんよ。

十勝では、外食デビューにもインデアンカレーが定番!

ほかの店舗も同様ですが、「カレーショップインデアンまちなか店」は、一人でもグループでも、女性でも子どもでも、「入りやすいこと」が大きな特徴です。
店長の前谷陽大さん
店長の前谷陽大さんは、帯広出身・帯広育ち、小さい頃からインデアンカレーを食べて育ちました。そんな前谷さんが中学生のとき、初めて友だち同士で外食をしたのも、インデアンだったそう。「映画を観た帰りだったかな。おこづかいでカレーを食べて、大人の気分になりました」
ハリウッドスターのポスターが飾られた店内
カウンター席
ハリウッドスターのポスターが飾られた店内は、ちょっと背伸びしたい中学生たちを、優しく迎えてくれたに違いありません。あなたも帯広市民になったつもりで、じっくりインデアンを味わってみませんか?

スマートポイント

  • 辛さは「普通」から「極辛」まで5段階に分かれています。「普通」は、子どもから大人まで食べられる安心の辛さなので、初めての人にもおすすめです。
  • とにかくどのメニューもお手頃価格! オレンジジュースやコーラなど、ソフトドリンクも86円と安く、「インデアン」(421円)と合わせても507円です。
  • インデアンルーのカレーで、カツを食べたいときは、「インデアンカツください」と注文すると、地元っぽく聞こえます。

ライターのおすすめ

エビ、ホタテ、アサリがふんだんに入った「シーフード」(734円)は他のメニューと比較すると(他があまりに安いので)高く見えますが、この充実ぶりでこの値段は、とってもお得です。

石田 美恵

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0