* menu
閉じる

季節特集季節特集

2020.01.20

雪上車や馬そり体験&冬花火!
とうべつ あそ雪の広場

writer : タカハシアキコ

札幌郊外の町のひとつ、緑豊かな美しい田園風景が広がる当別(とうべつ)町。2月上旬のさっぽろ雪まつりシーズン中に、こちらでは1,500発もの花火大会や、馬そりにスノーモービル、自衛隊の雪上車にまで乗れてしまう「とうべつ あそ雪の広場」が催されます。
とうべつ あそ雪の広場
「大型雪のすべり台」をメインに、さまざまなイベントやご当地名物のグルメも集まって会場はヒートアップ! 町を挙げてのお祭りは地元の人たちの温かさも感じられて心がほっこり。道外からの観光客もまだ少ないので、混雑することもなく余裕をもって楽しめるのもポイントです。さっぽろ雪まつりとはまた違ったワクワクを求めて、「とうべつ あそ雪の広場」へ足を延ばしてみませんか。

待つストレスなし! 何度でも滑れちゃうジャンボすべり台

札幌市近郊にある当別町は、札幌中心部から北東へ車で約40分。JR札幌駅からは学園都市線が石狩当別駅との間を40分で結んでいるので、札幌からのアクセスも便利です。「とうべつ あそ雪の広場」が催される阿蘇公園は、石狩当別駅から徒歩10分ほどの場所にあります。
大型雪のすべり台
大型雪のすべり台は、普通に滑るゾーンとゴムチューブに乗って滑るゾーンの二つがあって子どもたちに大人気。ゴムチューブは乗る時に貸してもらえます。さっぽろ雪まつりの大通会場やつどーむ会場のように混雑することなく、ここでは何回でも滑ることができますよ。
当別町イメージキャラクターの「とべのすけ」君
雪のステージでは、ゲーム大会やビンゴ大会、YOSAKOIソーラン演舞、お餅つきなどのイベントが行われます。会場内ではそりを使ったレースなども行われ、当別町イメージキャラクターの「とべのすけ」君も頑張っています! 向こうに見えるのはグルメ屋台で、地元ならではのおいしい食べ物がたくさん売っていますよ。

大人気イベント! 自衛隊の雪上車に乗ってみちゃう?

毎年大好評のイベントが、雪上車の体験乗車。当別町には航空自衛隊の分屯基地があるので、あそ雪の広場では特別に乗せてもらえるのです。たくさん人が列を作っているので、お目当ての場合は早めに並びましょう。
雪上車の体験乗車
広い基地内を移動するのに、冬場は欠かせないという雪上車。乗る前から気分も盛り上がってきます。定員は8名で、向かい合って座るようになっています。揺れるため、必ず上部のバーを握ってくださいね。
向かい合って座るようになっている車内
運転席
倒れそうな急斜面も持ちこたえるのは、キャタピラで進む雪上車ならでは! でこぼこ道もなんのその、遊園地の乗り物に負けないほどのリアルな迫力に大人も子どももドッキドキの体験です。

馬そりにスノーモービル、無料で楽しめるアクティビティ

ほかにも、優しい目をしたお馬さんが雪ぞりを引く、しゃんしゃん馬そりの体験や、スピード感がたまらないスノーモービルの体験など魅力的なイベントがいっぱい。
お馬さんが引いてくれる雪ぞり
スノーモービルのコース
スノーモービルのコースは本格的で、公園内の木々のなかを抜けた後、土手を上り一気にダウン! そして当別川の河川敷を疾走するという、スリリングで爽快な体験が病みつきになりそう。一人乗りと二人乗りのスノーモービルがあるので、親子で一緒に乗せてもらえるのもうれしいですね。

エゾシカ肉に絶品ポークフランク、手抜きなしの当別グルメ

グルメ屋台は、その名前の通り当別のグルメがずらりと並んで目が迷ってしまいそう。ラーメンや焼きそばもありますが、ジビエ工房のエゾシカジンギスカンは、柔らかなエゾシカ肉の旨みに開眼! 道内外でも人気の浅野農場が育てたポークのビッグフランクは、ジュワッと口のなかで広がる肉汁がたまりません。
グルメ屋台
当別町商工会の女性部の方々
当別町商工会の女性部の方々が作る「当別母さんのいもだんごおやき」と、あっさりスープで熱々の「当別母さんのいもだんご汁」もどうぞ。
当別母さんのいもだんごおやき
いももちに使うジャガイモや中身の野菜は、地元当別ならではのもの。いもだんごおやきは、豚生姜、チーズ、きんぴら、小豆あんの四種類。どれも開発に1年かかったとあって、具材たっぷりで絶妙なおいしさが人気です。

冬空に映える、美しい打ち上げ花火が1,500発!

土曜日の夜には、ビンゴ大会の後に1,500発の花火が打ち上がります。雪も染める色とりどりの花火には、思わずうっとり。忘れられない思い出になること間違いありません。足元には手作りのスノーキャンドルが会場を灯して幻想の世界へ誘います。
冬空に映える、美しい打ち上げ花火
1,500発の花火
足元の手作りのスノーキャンドル

写真提供:当別町観光協会

札幌から1時間以内で、雪のなかのお祭りを存分に楽しめる「とうべつ あそ雪の広場」。さっぽろ雪まつりもいいけれど「こちらのほうが楽しみ!」と話す札幌市民も少なくない、実は穴場のイベントなのです。

※こちらは、公開日が2017年1月15日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

スマートポイント

  • それぞれの体験やイベントによって開催時間が異なるので、シーズン近くになったら公式サイトでスケジュールを確認するのが確実です。
  • 雪上の花火大会は格別の美しさ。札幌など道内からも多くの人が訪れます。ぜひ旅行のスケジュールに組み込んでみて。
  • ビンゴ大会や子ども餅つき、餅まきなどにも参加してみてはいかが。ちょっとアットホームな感じで、旅先でありながらも地元の人になったような気分を味わえますよ。

ライターのおすすめ

「さっぽろ雪まつりは人混みがすごくて、体験するのもすごく並んで疲れちゃう……」とは、地元の人からもよく聞くところ。とうべつ あそ雪の広場は、それほど並ばずにめいいっぱい会場内を楽しめますよ!

タカハシアキコ

北海道移住歴20年。亜熱帯の血を持つ寒がりライター。お手ごろで魅力的なモノやスポットを発掘すべく歩き回っています。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
1+