* menu
閉じる

観光観光

2017.02.08

石狩湾のオーシャンビューと
化石海水温泉が自慢の番屋の湯

writer : 上坂 由香

日本海を一望しながらドライブが楽しめる国道231号線は、通称オロロンラインと呼ばれる絶景スポットが続きます。そこから石狩市に立ち寄って、旅の疲れを癒したい方は、石狩天然温泉「番屋の湯」がオススメ! 
天然温泉
石狩湾のオーシャンビューに抱かれた「番屋の湯」は、地下数百メートルの海底からくみ上げた、大自然のミネラル豊富な太古の海水。化石海水温泉と呼ばれる天然温泉は、美肌の湯としても好評です。朝のさわやかな潮風から日本海を染める夕陽のひとときまで、日帰り温泉を楽しむなら「番屋の湯」できまり!
石狩天然温泉「番屋の湯」

鮭漁が名物の町にある上質なくつろぎ空間にほっこり

札幌市内から国道231号線を北に車で向かって約40分。中央バス札幌ターミナルからは「石狩行き」に乗って約1時間。「石狩温泉前」で下車してすぐ目の前に見える「番屋の湯」は、アクセス便利な日帰り温泉です。
中庭
「番屋の湯」の番屋(ばんや)とは、浜に点在する漁師の作業小屋という意味。鮭漁で栄え、石狩鍋で有名になったこの町にぴったりな、風情あふれるネーミングですが、意外(?)にも、建物内は素敵な和洋のモダンテイスト!とてもおしゃれなくつろぎの空間が広がり、上質な高級感までも漂います。
お洒落な内観

褐色のいで湯で美肌を手に入れよう!

「番屋の湯」の温泉は、海底深くに閉じ込められた太古の海水を汲み上げている化石海水温泉という珍しいもの。さらりとした褐色の温泉には、海のミネラルが豊富に含まれていて、泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物強塩泉。
広い内風呂
ぺろっとなめてみるといかにも濃厚な海水を感じさせるショッパイお湯は、神経痛、筋肉痛、疲労回復、慢性消化器病、病後回復期、冷え性、関節痛などに適用があり、アトピーや美肌効果も! 地元のお母さんたちの肌がつるつるなのは「番屋の湯」のおかげかもしれませんね。
内風呂
内風呂はジャグジーを挟んで高温と低温にわかれていて、好みの温度をチョイス。石狩浜側にある露天風呂は、さわやかな潮騒を聞きながらのんびりとどうぞ。
露天風呂

晴れた日は対岸の小樽まで見渡せる大パノラマが広がります

ほかほかの身体をゆっくりと休めるなら、2階のリクライニングコーナーへ。一人掛けの上質なソファには、個別のテレビが付いています。無料で利用できる人気のお休み処ですよ。
リクライニングコーナー
ここから見る景色は、窓一面のオーシャンビュー! 石狩湾の大パノラマが広がります。天気のよい日は、小樽方面まで見渡せ、時々ゆっくりと大海原を行く船の往来を見ているだけでも心が癒されます。夕焼けの時間にあわせて、このソファに座るのもいいですね! また、しっかり眠って疲れを取りたい人は、1階にある仮眠室へ。1床ごとに仕切りがあって充実したプライベート感。心地よくリラックスできますよ。
仮眠室

飾られた写真や絵画も「番屋の湯」の素敵ポイントです

休憩コーナーは広い畳敷き。思う存分ごろ寝ができます。太古の恵みたっぷりの化石海水温泉に入り、マッサージチェアに座った瞬間、そこはもう至福の楽園!といったところでしょうか。
マッサージチェア
写真や絵画
壁に飾られた古い写真や絵画は、石狩の古き良き時代のものばかりで見とれてしまうほど。訪れた町の黎明期や繁栄の頃を物語るギャラリーは、旅情をいっそう深めてくれるかもしれません。日本の缶詰発祥の地としても名高い石狩の「鮭の缶詰」ラベルは、いつか復刻してほしいなと感じるほど、繊細で素敵なデザインですよ。
鮭の缶詰のラベル

つるつるお肌の仕上げに石狩らしいグルメはいかが?

ゆっくりと温泉につかった後は、不思議とお腹が空くもの…。石狩の海の幸がたっぷり入った「番屋のちゃんぽん」はいかがでしょう。エビやホタテ、ふっくらと焼き上げたイカが丸ごと入った「番屋のちゃんぽん」(1,000円)は、ヘルシーにシメたい湯上りの美人さんに大人気のメニュー。塩味と味噌味が選べます。
番屋のちゃんぽん(1,000円)
しっかりとコクのあるスープのなかに、海鮮の風味が溶け込んでまろやかな塩味。磯の香りがたまらないおいしさです。また、地元の名物石狩鍋が付いた「石狩番屋御膳」(1,450円)や北海道らしさ満点の「なまらザンギ丼」(900円)など、バラエティー豊かなメニューがそろっています。
美しい景色
札幌から少し足を伸ばしただけで楽しめるアクセス便利な「番屋の湯」は、手ぶらで行ける(タオルセット300円があります)手軽さも魅力のひとつ。都会の喧騒から離れ「ちょっと海を眺めたい」「石狩川ってどんなところだろう」…そんなシチュエーションにピッタリの日帰り温泉です!

スマートポイント

  • 大通公園1丁目付近にあるNHK放送会館前と、東区の地下鉄栄町駅からは無料バス(水・木曜は運休)も発着していて便利! 「番屋の湯」(0133-62-5000)か公式サイトで確認してみて。
  • 「番屋の湯」がある石狩は、幕末期から昭和まで、俳句結社「尚古(しょうこ)社」のあった俳句の町。俳句ロードと呼ばれる通りの句碑の数々も見どころのひとつです。
  • 「番屋の湯」にあるレストランは、温泉とは別に入口があり、食事だけでもOK。ランチバイキング(大人1,080円 小人650円)でたっぷりとどうぞ!

ライターのおすすめ

「番屋の湯」がある弁天町や本町付近は、石狩の町でも一番古い歴史のある場所。そこから少し足を伸ばせば石狩灯台のある「はまなすの丘公園」があります。ゆっくりと町の探訪をしたあとに温泉に入るのもいいですね。

上坂 由香

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0