* menu
閉じる

スキー・スノボスキー・スノボ

2021.10.27

道内最長コースは全長6km!
景色最高のサッポロテイネ

writer : 國分 知貴

サッポロテイネスキー場
サッポロテイネスキー場は札幌市中心部から車で約40分。
高速道路テイネICからは約7分とアクセス抜群の都市型スキー場で、札幌市民を始め多くの観光客にも人気のスキー場です。市内にありながらも標高1,000mを超える山頂からは札幌市の街並や石狩湾を一望でき、最高のパウダースノーを味わうことができます。

この記事では2021-2022年のサッポロテイネスキー場を満喫するためのおすすめ情報や、オープン日や営業期間などを紹介します!

2021-2022シーズン

サッポロテイネリフト券付
格安スキーツアー情報   >


サッポロテイネスキー場は、1972年に開催された札幌オリンピックの会場にもなった歴史あるスキー場です。ハイランドゾーンはスキーアルペン競技の会場として、オリンピアゾーンではボブスレー、リュージュなどのソリ系5種目の会場として利用されました。オリンピアゾーンには聖火台が残っており一見の価値ありです。

夏のテイネは観覧車がトレードマークにもなっている遊園地としても人気となっています。
石狩湾を一望

多彩なコースが魅力のハイランドゾーン

眺めのいいコース
スキー場のエリアは上部に位置する「ハイランドゾーン」と中間に位置する「オリンピアゾーン」の大きく2つに分かれます。

標高1,023mから滑り降りるハイランドゾーンでは多彩なコースが魅力。「シティビュークルーズ」は手稲山の尾根沿いにあるコースで札幌市街を見下ろしながらのクルージングは最高です。「ナチュラル」は子供や初級者でも安全な斜度でゆっくりと自然を満喫できる林間コースで、そのままオリンピアゾーンに続く「レインボー」まで滑れば全長5,700kmの北海道最長コース!ビギナーでも山頂からのクルージングが楽しめると人気のコースになっています。

全長約6kmの北海道最長コース
麓から山頂まで行く4人リフト「サミットエクスプレス」から見えるのは、最も注目の浴びる「北かべ」。最大斜度36度の急斜面では未圧雪で最高のパウダースノーが楽しめます。スキー場のコース内にありながらも立ち並ぶ木の姿は自然そのもの。腕に自信のある方にはたまらないコースです。

「パラダイス」コースにはダイナミックに遊べるテレインパークがあります。キッカーやレール、ボックスなどの様々なアイテムが設置されており、ビギナーからエキスパートまでアクロバティックなランディングが楽しめます。

ハイランドゾーン

ハイランドゾーン
イラストマップ提供:サッポロテイネスキー場

オリンピアゾーン

オリンピアゾーン
イラストマップ提供:サッポロテイネスキー場

ファミリーや観光客に人気のオリンピアゾーン

ファミリーや観光客の方でもが安心
夏は遊園地にもなる観覧車が印象的なオリンピアゾーンではファミリーや観光客の方でもが安心して滑ることができるコースが多彩にあります。
1枚バーンで幅広いコースが魅力の「白樺サンシャイン」やウエーブやバンクがスリリングな「ビギナーズクロス」が人気です。

幅広いコースが魅力
かつて札幌オリンピックで実際に使用された聖火台もあり記念撮影スポットとしても人気です。聖火台の名前がついた3つのコースでは石狩湾を望む眺望を楽しみながら滑る事ができ、それぞれ初選級者向け、中級者向け、上級者向けと選ぶ事ができます。
子どもと一緒にソリやチューブ滑りを楽しみたい方には、冬の遊園地「恐竜キッズパーク(入場料1,000円)」にも足を運んでみてください!スキーやスノーボードの初体験をさせてあげる事もできますよ。3歳以下のお子様や、リフト券1日券や時間券をお持ちの方は無料で入場することができ、ソリやスノーチューブも無料でレンタルして貰えます。

「恐竜キッズパーク(入場料1,000円)」

困ったら何でも揃う「ハイランドスキーセンター」へ

場内には全部で5つもの施設がある
スキー場内には全部で5つもの施設があります。メインの施設はハイランドゾーンの中心にある「ハイランドスキーセンター」。ショップ、ロッカー、レストランなど
何でも揃います。4Fにあるレストランの食事メニューはラーメンやカレー、丼ものが人気。また、ギアレンタルはこの施設で可能です。

オリンピアゾーンの中心にあるのが「オリンピアスキーセンター」。食事やショップ、レンタルの他、テイネオリンピアスキー学校の受付があります。レストランからは石狩湾の眺望が広がる絶景のセンターハウスです。

食事もできます

お得なパック料金が豊富!

家族利用で大幅割引
サッポロテイネスキー場は定番のランチパックや家族利用で大幅割引になるファミリーパックなど豊富なパックメニューが魅力です。
観光客に人気なのはリフト券と往復バスがセットになった「ビッグランズ号(7,200円)」。札幌市内の主要7ホテルとサッポロテイネスキー場を直接結ぶお得なバスパック!スキーやスノーボードを楽しんで帰りもビッグランズ号でホテルへ戻る人気のパックです。
※7日前までの予約で利用可能。

他にもリフト料金とタクシー代金がセットになったタクシーパックなどお得なパックが豊富です。
ここに書いたのは一例なので利用前には事前に確認する事をオススメします。札幌に来たら家族や友達とサッポロテイネスキー場に遊びに行こう!

提供写真:サッポロテイネスキー場

*2021-2022シーズンの営業期間について(2021年10月27日更新)*

・オープン予定日
2021-2022シーズンは、2021年11月20日(土)オープン予定

【ハイランドゾーン】
・営業期間
2021年11月20日(土)~2020年5月5日(木)
・ナイター営業
2022年4月1日~3日、9日、10日、16日、17日を予定

【オリンピアゾーン】
・営業期間
2021年12月4日(土)~2022年3月27日(日)
※営業期間はコース状況により変更になります。

・ナイター営業
2021年12月4日(土)~2022年3月27日(日)

※積雪状況により営業期間が変更になる場合がございます。
※最新の情報は公式WEBサイトよりご確認ください。

地域共通クーポン取扱店舗

2021年2月1日まで「地域共通クーポン」をご利用いただけます。

【利用可能項目(予定)】
リフト券・レンタル・スクール

取扱店舗マップ(GoToトラベル事務局)
※取扱店舗の営業時間が変更となっている場合がございます。リンク先のGoToトラベル事務局サイトにてご確認ください。

2021-2022シーズン

サッポロテイネリフト券付
格安スキーツアー情報   >


※こちらは、公開日が2017年11月21日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

スマートポイント

  • 定番ランチパックはリフト券1日券にお食事券1,000円が付いて6,000円と普通に利用するよりも500円お得。
  • 高校生以下の学生がいる家族は 「1日券親子割」がお得。親子割でリフト・ゴンドラ一日券を購入すると10%~15%OFF!
  • ハイランドスキーセンター4Fのカフェテリアの食事はホテルのシェフが作っているので美味しい!

ライターのおすすめ

「シティビュークルーズコース」は外せません。 小樽から札幌に続く海岸線が綺麗です。腕に自信のある人にオススメの「北かべコース」では、降雪があった日の朝はフカフカのパウダーランが最高です。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
4+