* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.10.03

沖縄セラードコーヒーが届ける
上質な自家焙煎の珈琲豆

writer : 草野裕樹

店主が焙煎して丁寧にドリップしたコーヒーはまろやかで飲みやすい。沖縄の住宅街にひっそり佇むコーヒー屋さんは、コーヒーの知識も深まりますよ。

コーヒー豆の違いを知って楽しんでほしい

店主が時間をかけてドリップする
ここ最近、沖縄でブームを呼んでいるのが、個人が経営するコーヒーショップ。コーヒーを愛する店主が、丁寧に焙煎された豆を使い、時間をかけてドリップする。心を込めて注がれた一杯のコーヒーには温もりがあり、ひと時の安らぎを与えてくれる。

店舗が集まる港川の外人住宅街で営む「OKINAWA CERRRADO COFFEE BeansStore」も、コーヒーブームを牽引するショップのひとつだ。こちらは、焙煎した豆を店舗などに卸していた「沖縄セラードコーヒー」が昨年オープンしたお店。
ハンドドリップコーヒー

桃のようなフルーティーな味わいで飲みやすい、コスタリカの豆を使用した、ハンドドリップコーヒー(HOT)400円。

新鮮な豆を自家焙煎
店主の末吉さんは、「飲むコーヒー屋さんというよりは、豆屋さんという気持ちで営業しています。コーヒー豆の違いによって、様々な味が楽しめることを知って欲しい」と話す。

コスタリカやコロンビアなどで生産された新鮮な豆を自家焙煎。豆の特徴に合わせて焙煎方法を変えていて、浅煎り、深入りなど、多様な味を揃えている。コーヒー豆ひとつひとつに丁寧な解説が添えられていて、そんなところからも、コーヒー豆を知ってもらいたいという、店主の熱い思いが伝わってくる。

「いろいろな好みの方が楽しめるように、味のバリエーションに幅を持たせている。自分の好みを探してほしいですね」
味のバリエーションに幅を持たせる
豆の特徴に合わせて焙煎方法を変える

目の前でドリップ。自宅でも試してほしい

注文をしたコーヒーを目の前で入れてくれるのも店主のこだわり。高価な専門器具は使用せず、家庭で使える器具を使ってドリップしてくれる。

「浅煎りは酸味を抑える為に短時間で入れる」「深入りは反対に時間を掛けてじっくりと入れる」「ペーパーは水に浸してから使った方が甘みを出しやすい」といった、コーヒーを入れる時にまつわる、いろいろなアドバイスをしてくれるので、家庭で入れる時の参考になる。

「自宅で一番おいしい状態で飲んでほしいので、質問されれば丁寧に伝えるようにしています」

豆のセレクト、焙煎の仕方でも異なるコーヒーの味。浅煎りはまろやかな飲み口で、甘みもある。コーヒーが少し苦手な人も飲みやすいので、一度試してみよう。
暑い時期におすすめカスカラソーダ

暑い時期におすすめなCASCARA SODA¥450

コーヒーの果肉部分を乾燥させてカスカラをシロップに。ソーダー割なので爽やかな飲み口です

スマートポイント

  • 店内ではコーヒー豆や、コーヒーを入れるための器具も販売しています。
  • 店内にはカフェスペースはないが、ベンチは用意されています。店主とゆっくりお話しできます。
  • 店舗周囲にはパン屋さんやタルト屋さんがあり、散策しても楽しい。

ライターのおすすめ

店主と一対一で話せるのが魅力。店主にいろいろ質問をして、コーヒーの知識を深めてみよう。

草野裕樹

暮らしの中で見つけた沖縄のいいところを届けていきたい。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0