* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.02.24

[久米島]海辺の隠れ家
通いたくなる海の店むる星

writer : 糸数麻美

「おいしい食堂を作りたいんです」
気さくな店長の熱い想いに魅了され、今日も常連客が次々に集まってくる。港にひっそりとOPENしている海の店むる星は、誰もが通いたくなる秘密がいっぱいのお店です。

海辺の隠れ家を探そう

隠れ家のような海の店むる星。まずは、場所をご案内しましょう。町役場「具志川庁舎」を背に、港方向へと続く坂道を下っていきます。文具店先の信号が目印。この信号を渡り、細道を直進すると左に鳥島漁港、右に2階建ての白い建物が見えてきます。
この2階が、海の店むる星です。
海の店むる星外観
普通の民家と思いますが、らせん階段を上ると、ちゃんとお店の入口につながっているので、ご安心ください。お天気の良い日は、手作りのかわいい看板も立っていますよ。
手作りのかわいい看板

限定5食の大満足ランチ

海の店むる星の新メニューが、地元客をとりこにしています。
それが、こちら。
新メニュー
熱々の鉄板の上には、ジューシーな牛リブロースとポテトの山。1日5食しか出せない限定ランチメニューのサイコロステーキ(ライス・スープ・サラダ付1,000円税込)。150gオーバーの肉厚なステーキは、食べ応え抜群。沖縄県民がこよなく愛する、甘酸っぱいA1ソースとツーンと刺激のあるワサビ塩の2種類の味も楽しめるようセッティングしてくれています。さらに、こちらのサイコロステーキに限り、200円追加で冷えたビールも一緒に飲めるそうです。自分へのごほうびランチに選んであげたくなる、そんなメニューです。

お店自慢のタコライス

海の店むる星の定番メニューといえば、タコライス。沖縄に来たら絶対に食べておきたい沖縄グルメです。
タコライス
タコライスの中でも、お店イチオシなのが、プルプルの温泉卵をのせた温玉タコライス(700円税込)。卵を崩せば、スパイシーなタコミートが濃厚でまろやかな風味に早変わり。1度に2度おいしい、味に変化をつけて楽しみたい方におすすめです。
温玉タコライス
奥にあるタコライスは、女性に人気の高いふわふわたまごと2種類のチーズをのせたこだわりのオムタコライス(700円税込)。こちらは、お弁当としても好評で、島の商店(玉寄スーパー・マーケット吉浜)でも販売されているそうです。

バラエティー豊かなメニュー

ランチタイムの他に、夜も営業している海の店むる星。昼夜ともにメニューが豊富で、お料理上手な仲宗根こずえ店長がメニューを考案し、腕を振るっています。
「昼も夜も、2名でお店を切り盛りしているため、お待たせしてしまうことも多くて」と、仲宗根店長。それでも、その手際の良さとスタッフとの連係プレーは見事。真心こめて料理を提供してくれる姿勢は、常連客から愛されている理由のひとつです。昼間は、日替わりメニューもあり、取材日は、彩りも美しいサバのみそ煮定食でした。
サバのみそ煮定食
壁には、学校給食の献立表のように、月の日替わりメニューが張られていました。
「次は、何を食べようかな」と、思わず選んでいる自分。常連客の通いたくなる気持ちがわかった瞬間です。
月の日替わりメニュー
食後におすすめなのが、アメリカ生まれ沖縄育ちのブルーシールアイス。その中でも、「ちょっとレアなアイスを食べてもらいたいんです」と、仲宗根店長がチョイスしているのが、沖縄田芋チーズケーキ味。
沖縄田芋チーズケーキ味のアイス
沖縄県産の田芋(ターム)のほんのりした甘さの中に、なんとゴロっとチーズケーキが入っていて、得した気分になれる幸せアイスなんです。夏場は、アイスの種類も増えますよ。
店内の棚には、常連客のキープボトルが並び、夜は、お酒を楽しむ地元客も集まってくるそう。
ドリンクの種類も多く、牛ハラミやアボガドの天ぷらなど、お酒に合う料理でおもてなし。
夜のオススメメニューが書かれたボード
夜のオススメメニュー
ドリンクメニュー
今後も、工夫を凝らした仲宗根店長の創作料理がお目見えしそうです。

こんなところに、観光名所

海の店むる星の魅力は、なんといっても海が近いこと。
店内の大きな窓からは、光り輝く地平線が広がり、漁港の先には、久米島の観光名所のひとつになっているガラサー山も見えます。
店内
窓
お店のオープン作業中、窓から見えた満天の星空に感動した仲宗根店長。お酒を飲みながら、この星空も楽しんでもらいたいと「海の店むる星」と名付けたそうです。
のどかな久米島の風景
のどかな久米島の風景を楽しみたい方も、ぜひ久米島の隠れ家店を探してみてくださいね。

スマートポイント

  • 夏場は、テラス席も解放しているそうです。海風を感じながら、時間帯によっては、夕焼けや星空を眺めながら、テラス席で飲むキンキンに冷えたビールもまた最高なんだとか。
  • 11時までに電話予約をすれば、店内のランチメニューのテイクアウトも可能。
  • 店長さんがこっそりと教えてくれた夜の裏メニュー。納豆天ぷら(700円税込)が、密かに人気を集めているそう。店内が混んでいると作れないため、確実に食したい方は、要予約してみてください。

ライターのおすすめ

地元客も多い海の店むる星。晴れた日のロケーションは最高で、居心地も抜群です。毎月の日替わりメニューは、Facebookからも確認できます。どんなメニューに当たるのかも楽しみの一つですね。

糸数麻美

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0