* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.02.08

沖縄の旨味をぎゅ〜っと詰めた
プカプカプーカのソーセージ!

writer : 松村葉子

プカプカプーカ
その名も「口笛ソーセージ」。
それは食べた時のうれしさに、思わず
口笛をふいてしまうから。
無添加・無着色。
材料は県産食材を多く使用。
身体に優しく、じんわり沁み入る、
地元民にも愛され続ける味。

こじんまり。されどお洒落に、食肉加工

店舗内観
那覇市のお隣、浦添市。国道から少しわき道に入った場所に、手作りソーセージ「プカプカプーカ」の工場兼店舗がある。材料に多くの県産食材を取り入れ、すべて無添加・無着色、じっくり手間と時間をかけて作られる。「旅行の最終日に空港へ向かう途中で寄って、お土産を買っていかれるお客さんが多いです」と、店長の照井孝弘さん。
手作りソーセージ
ご夫婦で経営する店舗はさりげなくセンスが良い。設立当初から変わらない豚さんマークのロゴ、かわいらしい商品のパッケージ。
豚さんマークのロゴ
もともと奥様の麻衣子さんがケータリングフードサービスをしていた。そんな中でお客さんのニーズもあって、身体に良いものをと無添加ソーセージを作ってくれる所を探したところ、メーカーは対応不可能。「ならば、自分達で作っちゃおう!」とソーセージ作りをスタートさせた。孝弘さんご自身は、1週間に1kg(!)は食べていたという大のソーセージ好きで、口に残る添加物が気になっていた経験から、無添加ソーセージ作りの探求へとつながった。

豊富な種類、味のバラエティ

ホットドック
県産豚肉100%「口笛ポークソーセージ」(130g・620円)がその場で味わえるテイクアウトのホットドック。季節のスープセット750円〜。(スープ単品450円)。
さて、その味は…じんわりしたお肉の旨味にスパイス&ハーブの深み、シャキシャキ玉ねぎも加わって、絶品。
しっかりとした旨味を持ちながら、無添加の優しい味は、既製品とはまったく別の食材に感じるほど。
さまざまなソーセージ
味の種類、形状や大きさもさまざま。写真左から2種オリーブ入り、バジルとオリーブのリヨナー(100g・540円)。スパイスとポルトワイン入り、馬のひづめの形をしたソフトチョリソー(130g・640円)。パセリの粗挽きフランク(150g・750円)。島とうがらしとパプリカのリヨナーソーセージ(130g・560円)。
ショーケース

写真提供:プカプカプーカ

ショーケースはバラエティ豊か。「森のソーセージ」と名付けられるきのことホウレンソウ入り。胡麻、大葉、長ネギが入った「サマーソーセージ」。沖縄ならではの食材、ミミガー、島とうがらし、アーサ、津堅島にんじん、島らっきょう入りも(各130g・700円前後・不定期商品)。

商品は、ソーセージだけじゃございません

スモークチーズ
燻製が趣味という孝弘さん特製スモークチーズ(150g・650円)。
その他チャーシュー、ハム、ベーコン、レバーペーストといった商品も取り扱う。
フライッシュケーゼ
県との事業で開発、近々販売予定のフライッシュケーゼ(ソーセージ風ミートローフ)は、シークヮーサーとパセリ(写真右)、甘みの豊富な津堅島にんじん(写真左)の色どり美しい2色の他、バジル、島とうがらし入りも展開。(150g・各780円・要問い合わせ)
商品棚
厳選されたワイン
商品棚には、ソーセージの付け合わせとなるさまざまな風味のマスタード、瓶詰め商品が並ぶ。客層はビール好きの大人が多いかと思いきや、意外と小さなお子さん連れのお母さんが多いとか。子どもがソーセージ好きでも、添加物が気になる。そこでプカプカプーカの登場だ。授乳中のお母さんもソーセージを楽しく味わってもらうためにと、厳選されたノンアルコールのビールやスパークリングワインも揃える。
「プカプカプーカ」の店名にはお年寄りもお子さんも親しみやすいようにという思いが込められている。

ちょこっと工場見学させてもらいました

硬派な調理器具が気になって厨房を見学させてもらうことに。
(※一般公開はしておりません)
厨房に一歩足を踏み入れると意外や、生臭くない。清潔に保たれた床に感動。
氷を砕く機械
これはソーセージ生地をペースト状にする時に使用する氷を、砕く機械だそうです。
なんかかっこいいなぁ~
肉と脂と水をペースト状にしてくっつかせる機械
肉と脂と水をペースト状にしてくっつかせる機械。
結着剤を使用したら簡単にソーセージらしい食感をだせるところを、微妙な温度調節を施すことで肉をまとめて、ジューシーさを出している。
手動スタッファー(腸詰め機)
開店当初使っていた手動スタッファー(腸詰め機)。今は一度に15kg扱える半自動の大型スタッファーを使用。
九州産の桜のスモークチップ
ほんのり甘い香りがする九州産の桜のスモークチップ。ボイルした後のスモークの工程で、香りづけに使用する。プカプカプーカのソーセージは、スモーク控えめの白っぽい表面が特徴。
店舗と店長の照井孝弘さん
裏側をのぞいて、愛され続ける理由がさらにわかった気がします。
「また来るからね~」と手を振りました。

※文中価格はすべて税抜表記

スマートポイント

  • テイクアウトのホットドックは、口笛ホットドックの他に、チリドックや季節のホットドックもあり。ドリンクは珈琲、紅茶、自家製ドリンクなどがそろいます。お店のベンチで頬張るのもまた良し。
  • 持ち帰り商品はすべて真空パック、冷蔵で1週間、冷凍で1ヶ月保ちます。スモークチーズは、冷蔵でも1カ月保ちます。持ち帰り用、保冷剤や保冷バック常備(有料)。店頭から発送も可能。
  • 粒マスタードとソーセージ詰め合わせがセットになった「にっこりソーセージセット(約1,000g・2,590円・贈答用箱代込み)」などギフトセットも。オンラインショップを覗いてみて!

ライターのおすすめ

沖縄でソーセージ??イメージではないかもしれませんが、忘れちゃいけない、豚肉大国沖縄。県産の豚肉料理のイメージを変えて、こんなに楽しめる形で提供してくれる、地元民もリピーターなお店なんです。

松村葉子

15年住んでいますが、沖縄はいつも深く濃ゆ〜く目の前に…。背伸びせず、面白いと思ったものを、ご紹介していきます。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0