* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.07.25

[宮古島]とハワイと熊本の風
レッドドラゴン旋風が今ここに

writer : 砂川葉子

宮古島市熱帯植物園前の三叉路、朱色の花がまぶしい鳳凰木の向こうに見えたのは、くまモンのイラスト。
ここは宮古島なのに???という疑問をさらに膨らます、熊本名物の肉巻きおにぎりとハワイ料理であるガーリックシュリンプの看板。そして奥からはハワイアンミュージックと子ども達の楽し気な笑い声も響いています。
不思議な雰囲気が漂いながらも、なぜだか妙に引きつけられる存在感。
レッドドラゴン外観
ここレッドドラゴンは、熊本から移住してきた松吉秀樹さんが経営するパーラーで、肉巻きおにぎりとガーリックシュリンプが名物です。
熊本を代表するB級グルメとハワイ・ノースショアの名物料理を宮古島の風を感じながら食べる!レッドドラゴン流の宮古島の楽しみ方がじわじわと島に広がっています。

技あり!レッドドラゴンの宮古島ガーリックシュリンプ

レッドドラゴン名物のガーリックシュリンプは、海老を丸ごとパクパクと食べれて、しかも手を汚さずにいただける、技ありのガーリックシュリンプです。
メニュー一例
通常は殻ありかなしかを選ぶスタイルですが、レッドドラゴンではエビはむき身になっていますが、殻は羽根のように残されています。それゆえに、殻があるからこその海老の豊かな風味と香ばしさがちゃんとあって、殻のパリパリ感も海老のぷりぷり感の両方がしっかりと味わえます。また、大きめの海老でボリュームあり、辛さの調整はオーダーできます。
そして、この濃厚なタレがご飯にとってもよく合い、さらにレモンをきゅっと絞れば、また風味が変わってさっぱりといただけます。
缶のオリオンビールも販売
それにしても、これはビールがほしくなる味だと思ったら、ちゃんと缶のオリオンビールが売っていました!
ハワイアンフード×オリオンビールを宮古島の風に吹かれていただけるのも、ここレッドドラゴンだからこその楽しみ方です。

島の恵み溢れる宮古島ガーリックシュリンプソース

このレッドドラゴンの味、ガーリックシュリンプを家庭で楽しめるようにと、オーナー松吉さんが生み出した「ガーリックシュリンプソース」は、昨年度に宮古島で開催された「宮古島の宝物グランプリ2016」で準優勝に輝きました。
オーナー松吉さんが生み出した「ガーリックシュリンプソース」
原材料のニンニクや唐辛子、レモンは宮古島産のものにこだわり、ガツンとしたニンニクの風味を前面に押し出すのでなく、マイルドに食べやすく和風テイストのソースになっています。審査員からは、本場のハワイで食べたのよりおいしいし食べやすい、という声も挙がるくらいでした。
ハワイ料理でありながらも、まさに宮古島ガーリックシュリンプといえる逸品で、お土産品としてもおすすめです。
テラス席
松吉さんに聞くと、ガーリックシュリンプを食べ終わって、お皿に残ったソースにパスタを絡めて食べるのもおすすめとのことで、砂川もさっそく試してみました。これは家庭で作るからこその楽しみ方で病みつきになりますよ!

熊本大震災を乗り越えて、花開く夢

実はレッドドラゴンのオーナーの松吉さんは、肉巻きおにぎりのブームの火付け役となった一人です。
青い空とパラソル
そんな松吉さんが次に目を付けたのが、ハワイのオフショア名物のガーリックシュリンプでした。凝り性の性格と肉巻きおにぎりのたれを開発したノウハウを生かし、ついに納得の味に仕上がります。が、ハワイと気候が違いすぎる日本での広がりの難しさを感じ、この味が開花する場所を探し求め選んだのが宮古島でした。
そして、宮古島へ物件探しに訪れた数日後、熊本大地震に見舞われます。その時に思い出したのが、大神島を訪問した時のことでした。偶然一緒になった女性にいわれた「あなたは宮古島に呼ばれてきてる、来るべくして来た」というお告げのような言葉でした。
素晴らしい景色
その時は冗談にしか捉えていなかった言葉でしたが、その言葉通りまさに導かれるように松吉さんは宮古島に渡り、パーラーを開き、夢を叶えていきます。

レッドドラゴンは地元にも人気の穴場スポット

レッドドラゴンは、地元民にとっても穴場的なパーラーです。
アイスは、シングル150円、ダブルは250円とお財布に優しい上に、マンゴーや紅芋、といった沖縄フレーバーもそろっています。
奥にある座敷スペース
トランポリンなどの遊具を楽しめるスペース
店の奥には座敷スペースがあり、さらにその奥にはトランポリンなどの遊具を有料で楽しめるスペースがあり、小さなお子様連れの地元客で賑わっています。
また、珊瑚や貝殻でランプシェードをつくる体験スペースもあり、観光客にも人気のコーナーです。
珊瑚や貝殻でランプシェードをつくる体験スペース
そして、忘れてはならない肉巻きおにぎり。沖縄産の分厚いお肉がまかれ、醬油ベースのタレがしみ込んだご飯の美味しさは格別です。それまでは熊本産のお肉でしたが、宮古島に移住後は沖縄県産豚肉に変え、沖縄×熊本の味の肉まきおにぎりとなり、地元住民の胃袋をがっちりつかんでいます。
肉巻きおにぎり
肉巻きおにぎりにガーリックシュリンプ、熊本の味もハワイの味も、宮古島の風が優しく包み込んで、新たな風を吹かせてます。

スマートポイント

  • 肉巻きおにぎりは、チーズをトッピングしたチーズ肉巻きや、韓国風肉巻き、大葉入り肉巻きなど全6種類があります。
  • ガーリックシュリンプは、エキストラバージンオリーブオイル使用でとてもヘルシー。値段は6尾1,000円、15尾1,500円です(すべて税込み)。ライスをダブルにしてシェアして食べるのもおすすめです。
  • ガーリックシュリンプも肉巻きおにぎりもテイクアウト可能です。すぐ隣の宮古島市熱帯植物園や、レッドドラゴンから車で5分の高野漁港でいただくのもおすすめです。

ライターのおすすめ

レッドドラゴンのガーリックシュリンプと肉巻きおにぎりをテイクアウトして、車で5分の高野漁港やパイナガマビーチで食べるのもお勧めですよ!また、お土産品に宮古島ガーリックシュリンプソースもお忘れなく!

砂川葉子

岐阜県出身、宮古島諸島のどこかの小さな島に在住。農業と民宿業、島興し業と並行してライター業にも携わる。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

4+