* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.09.14

[渡嘉敷島]阿波連ビーチ前!
トミーパーラーでB級グルメ

writer : 小川研

慶良間諸島の渡嘉敷島といえば、やっぱり「阿波連ビーチ」。観光客で賑わう夏場のランチ時は、周辺で多くの飲食店がこぞって営業しており、どこに入るか迷うところ。でも中には混み合って「20分待ち」などという場合も…。日帰りの旅行者にとっては、時間のロスは避けたいところですよね。そんな時は、「渡嘉敷島唯一のファストフード」! 早い・安い・おいしい「トミーパーラー」がオススメです。
早い・安い・おいしい「トミーパーラー」

阿波連ビーチ入口前という好立地! もちろん水着のままOK

阿波連ビーチ入口前広場にあるトミーパーラー。店舗、、、というよりちょっとした“スペース”で、看板通りそこはまさに“休憩所”。
ちょっとした“スペース”で、看板通りそこはまさに“休憩所”
つまりは、“外”なので、海から上がったばかりの、びしょびしょ水着のままでも余裕でOK! また、目の間は路線バス乗り場につき、バス待ちの利用者も少なくありません。
開放感いっぱいのスペース
何といっても、昼間からビールやカクテルなど、アルコールをオーダーできる点が魅力です。海から上がって即!の、冷えた一杯は最高です★
アルコールもオーダーOK
そしてもうひとつ、夜22時までの営業も頼もしい限り。というのも、渡嘉敷島の夜は早く大抵の居酒屋は21時で閉店…。「飲み足りないので2軒目!」と思ってもどこもやってない…。そんな時こそ、トミーパーラー。昼間と同じメニューではりきって営業中!
22時まで営業
店主は、「縁あってこの島に来まして、2013年に店をオープン」したという、那覇出身の丹羽賢治(にわ けんじ)さん。フードメニューはいずれもお気軽&リーズナブル♪ B級グルメ感たっぷりの早くて安くておいしい、10ほどのラインナップ。オススメは? 「チキンとタコスがダントツです」。
豊富なメニュー

沖縄本島の人気ファストフード仕込みのフライドチキン

ハラペコさんは迷わず「フライドチキン」(400円)を。とにかくボリュームがすさまじい!直径15〜17cmほど、重さ250gほどの拳大…。ずしりと重い骨なし肉は、オーダー後に揚げるため、数分待ちますが、揚げ立ての衣は香ばしさ満点! 外はサクっと、中はプリっと、そして濃い目の味付けは、実にジャンク(笑)。濃密なナトリウムと重厚なタンパク質で、泳ぎ疲れた体にエナジーチャージ! また、辛いのがお好きな方は、チリソース付きの「チリチキン」(500円)も。
フライドチキン
味の秘密は、当初、ともに立ち上げた店主のご実弟、あだ名“トミー”さんが、沖縄本島のファストフード店『A●W』の従業員だったことに由来。「彼は仕事柄、フライドチキンの味付けをよく知っていました。もちろん店名は彼からです。もう辞めちゃいましたが(笑)」。その、妙にひきつけられる魅惑の味に納得です。ちなみに、「揚げたて」にこだわる店主は、“走って”席まで届けてくれます(笑)。
チリソース付きの「チリチキン」

目指したのは宜野湾のあの超人気老舗タコス店の味

続いて、女性に人気は、店主自ら「一番好き」という「タコス」(1ピース400円)。チキンとはうって変わって、マイルドな風合いが際立ちます。直径およそ20cm、いわゆる「ハンバーガーサイズ」と呼ばれる大きめのソフトシェルに包まれた、たっぷりの具。見た目ではわかりづらいですが、ぎっしり詰まったタコミートにレタス&トマト。そこに絡まるエッジの効いたチェダーチーズ。なめらかな口当たり、そして程よいサイズ感、そしてシンプルながらも深みのある味わい。どこかで食べたことがあるような…?
タコス
「ボクは、宜野湾市の老舗『メキシコ』のタコスが大好きで。あそこは別格、沖縄一ですよ。まだまだ追い付けるとは到底思っていませんが、あの素晴らしい味を目指して、タコスを追求しています」。なるほど。美味しさのマインド的ルーツには、名店メキシコがあったというわけです。他にも、タコライスやチキンカレーなど、ファストフード好きにはたまらないジャンクメニューが目白押し。
フライヤー

誰でも気軽に入れて食べられる「島唯一のファストフード」

ところで、この“キッチンと鉄骨だけ”という造り、ちょっと不思議ですよね。「数年前に亡くなった義父が、ここに何か、おそらく民宿を建てようとしていたらしいんです。でも途中で亡くなってしまって…。それで、せっかくここまであるなら、何かできないかなと、店を始めることにしたんです。何をするか考えた時、ふと、そういえばこの島には居酒屋や食堂はあるけど、『ファストフード』がないなと。ボクは沖縄本島の人間なので、地元のように、もっと誰でも気軽に入れて、テイクアウトもできる店があったら良いなと。今は、観光客はもちろん、島の人にも気軽に利用してもらってます。というのも、フライドポテトやチキンって、揚げものだから家ではあまり作らないんですよ。だから、おやつとして買いに来てくれるんです(笑)」
店長
観光客のみならず、地元民の、ちょっとした「休憩所」でもあるトミーパーラー。GWから10月始めまでと、オンシーズンのみの営業ですが、親しみやすさとジャンクの味わいは、一度行ったらクセになること確実。阿波連ビーチで泳いだ“直後”にぜひ!
ちょっとした「休憩所」

スマートポイント

  • 13時~15時くらいは、混み合うことが多いので覚悟! ゆったりお食事を堪能するなら、正午のオープン直後が狙い目です!
  • 「ちょいのみセット」(800円)は、ハーフサイズのフライドチキンとフライドポテトとオリオンサザンスターのセット。お一人で軽く飲みたい方にオススメです。
  • 他店は15時にはランチタイムが終わりますが、例えば海を楽しんだ後、バスが来るまでの待ち時間に、遅めのランチもOK!

ライターのおすすめ

夕方から夜間は静かで雰囲気◎。カップルや女子旅組にもオススメ! でも、阿波連集落内には野良猫がたくさん! 特に夜はエサを求めて、トミーパーラーにも出没。食べ物をテーブルに置いたまま、席を立つと瞬時に持って行かれるのでご注意を(経験者談)!

小川研

世界を歩きまくって醸成されたオンリーワンのフィルターを媒介し、沖縄情報を立体的に熱(苦し)く伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+