* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.08.26

ディープでノスタルジック!
栄町市場で味わう本格餃子

writer : 福田展也

亜熱帯なアジアの空気感を楽しめるディープスポット、栄町市場。個性的なお店がひしめくこの市場は、ローカルの間でも人気の場所。昔の沖縄の雰囲気を残す場所を垣間見ることができるとあって、県外はもちろん、海外からの観光客にも那覇市が誇る人気エリアです。
べんり屋 玉玲瓏(イウリンロン)
今回お邪魔したのは栄町市場にある人気店、べんり屋 玉玲瓏(イウリンロン)。50年ほど前までは惣菜を作って売るというお店だったそうですが、現オーナーがご両親から譲り受け、べんり屋という屋号をそのまま引き継いで、小籠包をはじめとする点心で名を馳せるお店に仕立て直したのです。

グルメサイトでも高評価の人気店

復帰直後の沖縄のような独特な雰囲気が漂うこの店では、グルメサイトでも高い評価を受けている餃子や小籠包のほか、中華と沖縄料理が融合したようなオリジナルな小皿料理も好評です。
北京出身のオーナー夫人
「自分がおいしいと思うものをつくってるだけですよ」と気負わず語るオーナーの言葉通り、すべてのメニューに工夫とこだわりが感じられます。厨房で腕をふるっているのは北京出身のオーナー夫人。だからこそ、味も食感も本格的なのです。

口の中に溢れる肉汁がたまらない

ビールと一緒に楽しんだのは、「焼餃子」、「小籠包」、「島ラッキョ金山寺味噌」。
便利屋の焼き餃子
「焼餃子」は一皿10個で600円。薄すぎず厚すぎずがちょうどよい、手製の皮は表面カリカリ、中プリプリの組み合わせが◎。海老の旨味が効いた自家製ラー油との相性が抜群。女性や子どもでも食べやすい一口サイズで、どんどん箸が進んでしまいます。
便利屋の小籠包
続いて、「小籠包」。こちらは一皿8個で650円。見た目が可愛く、ビジュアル的にも食欲をそそる、ちょっと小ぶりなひと口サイズ。透明感のある皮にそーっとやさしく包まれて、丁寧に蒸された感じが伝わってくる、とってもキュートな小籠包。口の中にあふれ出す旨味たっぷりの肉汁はくせになりそうです。

テレビでも取り上げられた裏メニューも

島ラッキョ金山寺味噌
箸休め的にオーダしてみたのが、「島ラッキョ金山寺味噌」(500円)。沖縄料理に欠かせない定番的な存在の島らっきょはオリオンビールにぴったりマッチ。唐辛子が隠し味だという甘辛系のオリジナル金山寺味噌と島ラッキョの組み合わせで、アジアンな味のマリアージュを楽しめました。

そのほか、テレビでも話題になった「ゲンコツチューチュー」などユニークなメニューも目白押し。しかも、ほとんどのメニューが300円〜500円とリーズナブルで嬉しい限り。

地元の人とゆんたくしながら過ごす夜

屋台風の店構え
コンパクトなスペースにテーブルと椅子が所狭しと並べられた屋台風の店構え。お客同士の距離も自然と近付きます。地元客も観光客も、肩を並べて一緒になって、ビールを片手に、小皿料理を思い思いに楽しむ姿には、どことなく古き良き昭和の面影が・・・。カジュアルでローカルな夜を楽しみたい時にぜひおすすめのお店です。

スマートポイント

  • 開店時間の18時にはすでに行列ができている日がほとんど。並ぶのが苦手な方はできれば週前半の月〜水曜に!週後半しかタイミングが合わない場合は、夜9時半以降がおすすめだそうです。
  • 国際通りからも徒歩圏内の好立地!沖縄都市モノレール安里駅から歩いて2分。
  • 那覇市内でもディープでアジアンな市場なので、その場にすーっと溶け込みたい方はカジュアルな装いがオススメです。

ライターのおすすめ

ディープな市場の雰囲気を味わいたいならば、カウンター席がオススメですが、クーラーが効いた別室もあります。

福田展也

目下の趣味はサーフィン・沖縄伝統空手・養蜂。心で触れて身体で書けるようになることが10年後の目標。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+