* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.09.15

沖縄の夏を丸ごと食べる!
琉冰のフルーツ満載かき氷

writer : Hinata

かき氷2種
店舗正面から
沖縄の夏には、フルーツたっぷり山盛りのかき氷が最高!

暑い真夏の太陽から逃げるようにココナッツの葉のひさしの下に駆け込むと、そこにはカラフルな冷んやりかき氷とトロピカルなフルーツドリンクがずらりとメニューに並んでいた。

さて、どれにしようかな。あれもこれもおいしそうで、かなり迷ってしまう。 アメリカンビレッジのアイランドデポへにある琉冰。 琉冰のかき氷は盛り付けがかわいくゴージャスで、女子の心をぐっとつかむようなメニューのラインナップになっている。

沖縄食材を使って

ここで使っている沖縄の食材は、果物も野菜も農家さんから直接仕入れているので新鮮そのもの。沖縄独特のメニューは紅芋や田芋、マンゴーやパイナップルのフルーツからなんとゴーヤーまで!? そんなこんなをチャンプルーして氷の上に乗せちゃったらなんとも美味しい夏の冷んやりスウィーツに早変わり。
店員がかき氷を作っているところ
外観・離れて座席からの画像
琉冰(りゅうぴん)の琉は、琉球から取ったもの。沖縄を表現することにしっかりとこだわっている。だからその内容もこの通り、まるで沖縄の夏を丸ごと食べちゃうようなかき氷なんだ。

みんなでワイワイ楽しんじゃおう

おすすめは、アイスマウンテンのトロピカルフルーツ(1,000円税込)、そして紅芋&山城抹茶のぜんざい(700円税込)! 沖縄は、夏に冷たいぜんざいを食べるんだよ。というか、沖縄でぜんざいといえば冷たい食べ物なんだ。 紅イモ&山城抹茶のぜんざいは、本格抹茶のほど良い苦味とバニラアイスの甘みが絡まってそこに白玉や金時豆までのっかっている。 さらに紅イモとのハーフ&ハーフのトッピングにしてみたので紅イモのナチュラルな甘さとイモ本来のどっしり感で、しっかりとした食べ応え。その上に練乳がトロリとかかっているのだ!
ぜんざい
そして堂々の人気第1位のアイスマウンテン・トロピカルフルーツは、マンゴー、パイナップル、パッションフルーツと、何とも色鮮やかなドラゴンフルーツのフルーツ4種盛り!そこにマンゴーアイスとたっぷり練乳とくれば、もうおいしくない訳がないよね。(フルーツは季節によって異なる)。
人気第1位の アイスマウンテン・トロピカルフルーツ
これがまた山盛りビックサイズなもんだから、みんなでワアーとかキャーとかいいながら、ついでに写真撮っちゃったりしながら食べるのが最高。 あ、溶けないうちにね〜

選びきれない?ラインナップ

沖縄は冬以外は夏のようなもの?なので一年のほとんどはかき氷を満喫できる。 冬は一転して、アイスクリームチャンプルーがはやるらしい。これもコーンフレークの上にヨーグルト、アイスクリームとフルーツや豆、白玉などがのっかったおいしい変わり種となっている。もちろん夏に食べてもおいしいよー

他にも「スップル」(沖縄方言でしゃぶる)という名前の、トロピカルフルーツジュースにプルプル寒天が入ったものもあるんだ。もう、選びきれなくて足踏みしちゃうかも。
スップルメニュー黒板
さあ、何を食べるか決まったらさっそく美浜の琉冰へレッツゴー!
シーサーとかき氷ののれん
文章 Hinata
写真 Yoshiaki Ida

スマートポイント

  • 7月~9月ごろは生マンゴーを使用しているのでかなりスペシャルです!
  • ボリューム満点な上、種類豊富なのでいろいろと選んでシェアできて楽しい。
  • 沖縄でしか食べられない、沖縄食材をふんだんに使ったかき氷です。

ライターのおすすめ

かき氷の概念を崩してしまった、ご馳走かき氷!ホントにお腹一杯になっちゃいますよ〜♪

Hinata

神戸出身。西表島の生活を経て沖縄本島へとたどり着く。独自の感性で沖縄の物語を伝える。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0