* menu
閉じる

観光観光

2015.12.01

[久米島]銭田森林公園
海の見える公園で遊ぼう

writer : 糸数麻美

自然豊かな沖縄は、遊びの宝庫です。ノープランの日は、たまには子どものころに戻って、思いっ切り「遊び」を堪能してみてはいかがでしょうか。

ブランコで遊びながら、コバルトブルーの海を眺められる贅沢な公園。
ブランコの乗る女の子
ここは、島の子ども達に、好きな公園は?と聞くと、必ず名前が上がってくる人気1・2位を争う銭田森林公園です。

公園までの道のり

銭田森林公園は、リゾートホテル久米アイランドの裏手側の山を少し登った場所にある公園です。
銭田橋の補修工事も終わり、ホテル前の道路からもすんなりと公園に行けるようになりました。
銭田橋の補修工事終了
銭田橋
銭田橋を渡ったら、銭田森林公園の案内板は見えませんが、左に曲がってください。
道路
すぐにこちらの景色が見えますので、このまま山方面へと進んでいきます。
山が見える道

緑と青が織り成す世界

お天気が良い日は、遠くハテの浜も見ることが出来る銭田森林公園。
公園の緑と海や空の青が、何ともいえないバランスで視界を楽しませてくれます。
銭田森林公園
銭田森林公園は、観光地ではないので、平日は貸し切り状態になることもしばしばあります。
野原
まさに穴場スポット。

広い原っぱでは、歩くたびにバッタがピョンピョンと飛び跳ねていたり、松ぼっくりがゴロゴロと落ちていたり、真夏のセミの大合唱は迫力満点。まるで、自然の方から「遊ぼうよー!」と誘ってくれているようです。
松
松ぼっくり
公園内を散策したり、体を動かす遊具もあるので、子どもだけでなく、大人も一緒に楽しむことができます。
遊具
遊具

風の帰る森

実は、近日銭田森林公園が生まれ変わろうとしています。
島の子ども達や東日本大震災で傷ついた福島の子ども達のための施設を作ろうと「風の帰る森プロジェクト」が2015年2月からスタートしました。
今現在、子育てに関心のある島の有志達が集まり、久米島や他の地域の子ども達の交流拠点として、親と子がともに成長できるような場所を目指し、プロジェクトが進められています。今後、銭田森林公園内には、保養施設や学童などが入る予定です。

ロゴもお目見え

先日、風の帰る森プロジェクトのロゴが発表されました。
フクロウ
フクロウのようなこの生き物のロゴが入ったTシャツは、12月に久米島で開催の久米島町産業まつりなどでこれから徐々に発売していく予定です。
フクロウテーシャツ
フクロウロンパース
プリントシャツ
フクロウシャツを着た子供達
どんどん進化をしていく銭田森林公園は、更に島内外の人々の絆を深める交流の場になってくれることでしょう。

スマートポイント

  • 地元キッズに人気だった長い滑り台は、現在老朽化のため使用禁止になっています
  • 周辺で一番近いお店は、ココストアイーフビーチ前店です。お弁当など購入して公園へ行く際は、ゴミはお持ち帰り下さい。
  • 「風の帰る森プロジェクト」の今後の情報は、こちらからどうぞ。合同会社久米クリエーション HP:http://kumecreation.com/

ライターのおすすめ

大きな木もあるので、比較的日陰のできやすい公園です。きれいな海も眺められるので、ぜひ、島人になった気分で公園にも足を運んでみてください。

糸数麻美

東京出身。元旅行代理店カウンター勤務。島で唯一のベビーシッターが、魅力いっぱいの久米島をご案内します。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0