* menu
閉じる

通り池

海とつながる2つの池は
ダイバー憧れのスポット

writer:編集部(2015.12.10)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

通り池は下地島を代表する観光スポット。海のすぐそばにある円形型の2つの池は、琉球石灰岩の地層が海水の浸食により穴が空いたことでできたといわれている。このような地形の池は全国でも珍しく、2006年に国の名勝及び天然記念物に指定されている。

Point1

海につながる2つの池

通り池は一見、大小2つの池が並んであるように見えるが、それぞれが地下でつながっており、それが通り池の名前の由来となっている。海に近い方の池は海底で海と繋がっており、中の海水は潮の干満により水位が変化する。池の直径は海側が75m、陸側が55mある。

Point2

お散歩がてら楽しむ観光スポット

駐車場から通り池までは歩道が整備され、通り池の周りも遊歩道があり、そこから池の風景を見て楽しむことができる。東屋からは池の中を見渡すことができる。休憩できる場所もあるので、池を見ながらゆっくり過ごすのも良い。

Point3

人気のダイビングスポット

ダイビングスポットしても有名で、海から通り池へは水深20mほどの位置にある高さ約20m、幅約45mもある巨大なトンネルから入ってくることができる。トンネルから見る幻想的な風景や周辺を回遊する大型の魚の姿を見に、多くのダイバーが訪れる。ダイビングのライセンスがあるなら海からの通り池も堪能しよう。

スポット詳細

アクセス

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0