* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.05.12

全国のご当地餃子を食べ比べ!
ナンジャ餃子スタジアム

writer : 西宮めぐみ

人気のナンジャ餃子スタジアム
北は北海道から南は九州まで、選りすぐりのご当地餃子が楽しめる「ナンジャ餃子スタジアム」。異なる店舗の餃子を一皿で食べられる「食べ比べメニュー」もあって、餃子好きにはたまらないグルメなテーマパークです。場所は、東京を訪れる観光客にも人気の池袋・サンシャインシティにある、「ナンジャタウン」の中。餃子でパワーをつけてショッピングやレジャーを満喫しちゃいましょう!

昭和のノスタルジックな雰囲気も一緒に味わえる!

「ナンジャ餃子スタジアム」は、ナンジャタウンを構成する3つの街のうち、昭和30年代の懐かしい日本の風景が広がる「福袋七丁目商店街」にあります。提灯の灯る路地に置かれているのは、ビールケースに板を乗せただけのテーブル。よく見ると板塀に探し猫の張り紙があったりして、なんとも味わいのある空間です。
雰囲気のあるナンジャタウン

「ナンジャ餃子スタジアム」と言えば、餃子四天王!

全国から厳選した8店が軒を連ねる「ナンジャ餃子スタジアム」。2つのグループに分けてご紹介しましょう。まずは“餃子四天王”グループ。構成するのは、かつての「池袋餃子スタジアム」で絶大な人気を集めた「鉄なべ荒江本店」(博多)、「丸満」(古河)、「包王」(滋賀)、「華興」(東京)の4店です。(※「華興」は「全国たれ比べ餃子」店で販売。)
餡が絶妙な「鉄なべ荒江本店」

「鉄なべ荒江本店」鉄なべ餃子:6個入り390円

20種類以上の具材の餡がおいしい「丸満」の餃子

「丸満」丸満餃子:3個入り390円

餃子グルメを唸らせた、店それぞれの美味しさ

独特のカリカリ食感の皮と、たっぷりのキャベツとニラに秘伝のタレを効かせた餡が絶妙な「鉄なべ荒江本店」。まんまる型がユニークな「丸満」の餃子は表面パリッ、中モッチリの皮に20種類以上の具材の餡が詰まっています。「包王」は、近江牛の肉汁あふれる餡が何ともジューシー!皮も卵黄や秘伝のスープを使う贅沢さ。「華興」の餃子は豚肉の肉汁に玉ねぎの甘味が効いていて、ジューシーながらさっぱり。皮も厚めで食べ応えアリです。さらに4月15日に新しくオープンした「北海十勝餃子」。現地直売とお取り寄せでしか手に入らなかった人気餃子が、北海道から遠く離れたナンジャタウンで楽しめるようになりました。
近江牛の肉汁あふれる餡がおいしい「包王」

「包王」牛とん包:3個入り470円

新しくオープンした「北海十勝餃子」

「北海十勝餃子」十勝餃子:3個入り390円

「ナンジャ餃子スタジアム」だから楽しめる

“食べ比べ”もう一つは“食べ比べ”グループ。テーマごとに複数店の餃子を一皿で楽しめるので、初心者からグルメまで大人気。“羽根付き餃子の共演”は、「ニイハオ」(蒲田)と「安亭」(新宿)。“宇都宮と浜松の共演”は、「宇都宮餃子館」(宇都宮)と「石松」(浜松)。そして“日本三大中華街の共演”は、「四五六菜館」(横浜中華街)、「皇蘭」(神戸南京町)、「老李」(長崎新地中華街)というラインナップです。
羽根付き餃子の「ニイハオ」と「安亭」の共演

「羽根付き餃子の共演」食べ比べ二店盛り4個入り490円

食べ比べることでより際立つ、それぞれの美味しさ

羽根付き餃子発祥の店、と言われる蒲田の「ニイハオ」は、羽根パリパリに皮モッチリでさすがの美味しさ。「安亭」はチーズの羽根!がクセになる香ばしさです。「宇都宮 健太餃子」は、ニラとにんにくが効いたしっかり味でタレなしでも美味。対する「石松餃子」はあっさりジューシー。浜松餃子のお約束、ゆでモヤシと共に。
「宇都宮 健太餃子」と浜松の「石松餃子」

「宇都宮と浜松の共演」 食べ比べ二店盛り6個600円

横浜中華街の老舗「四五六菜館」は野菜の旨味が印象的。味噌ダレで食べる「皇蘭」は、餡のお肉も大きめカットで食べ応えあり。「老李」の水餃子は、ぷりぷり食感の皮と肉汁ジューシーな餡でつい食べ過ぎちゃいそう。
日本三大中華街の共演「四五六菜館」「皇蘭」「老李」の餃子

「日本三大中華街の共演」 食べ比べ三店盛り8個660円

タレで食べ比べるオモシロ企画“全国たれ比べ餃子”

“全国たれ比べ餃子”では、全国から選び抜かれたタレの数々で、餃子を食べ比べることができます。どのタレがどんな餃子に合うのか、同じ餃子でもタレによってどう味が変わるのか、ぜひ“タレ比べ”てみてください。
オモシロ企画で注目の炙りめんたいマヨ餃子

「全国たれ比べ餃子」九州・沖縄代表 炙りめんたいマヨ餃子:6個入り400円

©2016NAMCO All right reserved.

スマートポイント

  • 荷物が多くなりがちな観光客にとってロッカーは強い味方。ナンジャタウンの入園ゲートを入った左手には、200円~500円で利用できるロッカーがあります。狭い路地も身軽に楽しめますよ。
  • 「福袋七丁目商店街」の中にある「三条家」。三畳一間の靴を脱いで寛げる人気スペース。空いていたらとてもラッキー!ちゃぶ台で食べる餃子は、またひと味違うかも?!
  • 「福袋七丁目商店街」には読売新聞の販売所も!ここでは1部500円で1926(大正15)年~2013(平成25)年までの好きな日付の新聞が購入できるのです。誕生日や大切な思い出の日の新聞を買って東京観光のお土産にしても楽しいですね。

ライターのおすすめ

細部まで凝っているナンジャタウン園内には、触って楽しめる仕掛けが町じゅうに!餃子を堪能した腹ごなしに、「福袋七丁目商店街」はもちろん、「ドッキンガム広場」や「もののけ番外地」も探索してみましょう!

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0