* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.05.05

オホーツク海の景色とともに
西や本店の極上ラーメンを

writer : 金子 美里

流氷観光で知られるオホーツク海沿岸の港町・紋別市。西や本店は、雄大なオホーツク海を眺めつつ、味わい深いラーメンが味わえる地元の人気店です。西やの看板メニューでもある塩らーめんに加えて、本店限定のガラムマサラらーめんもイチオシ。スパイスが効いた独特の味わいはトリコになる人続出です! あっさりなのにコクがあって、後を引くスープは最後の一滴まで飲み干したくなるほど。極上のラーメンを味わってみて。
西やの看板メニューでもある塩らーめん

西やといえばやっぱり塩らーめん! 外せない定番メニュー

紋別は札幌や旭川と都市間バスで繋がっているだけでなく、市内にオホーツク紋別空港があるほか、女満別空港も使えるとあって、道外からのアクセスがいい道北の観光地です。流氷の街とも呼ばれていて、冬になると流氷を砕いて進む観光船・ガリンコ号での観光が人気。
西や本店
ガリンコ号の乗り場にもなっている海洋交流館のなかに店を構えるのが、ラーメン店・西や本店です。館内に入ると真正面に見える大きな赤い暖簾が店の入り口。
塩らーめん
西やの看板メニューといえば、なんといっても塩らーめん(700円)です。オホーツクの塩を使って作る特製の塩だれは、まろやかで奥深い味わい。観光スポットが集中するエリアにあるので、観光客が多く訪れるのはもちろんのこと、わざわざこの味を楽しむためだけに市民が足を運ぶほどのおいしさ。一度食べればまた味わいたくなる魅力的なラーメンなのです。

旨さの秘密はじっくり仕込むスープと自家製焦がしオイル

食べた人をトリコにするおいしさの秘密はなんといってもスープ。豚の大腿骨などゲンコツと呼ばれる骨と背骨を約6時間じっくりと煮込んで旨みを出しだしに、さらに鶏ガラや香味野菜でとっただしをブレンドして作ります。
自家製の焦がしオイル
このスープに、ラードを焦がしてつくる自家製の焦がしオイルをプラスして、さらに旨みを加えて仕上げるのです。
白濁したスープ
白濁したスープは一見こってりなのかと思いきや、味わってみると後味はすっきり。でもコクと旨みはしっかりと伝わってくるので、ついついレンゲが進んでしまうクセになる味なのです。丼を空にして帰る人が多いというのもうなづけます。
中太の縮れ麺
そのスープをしっかり絡むのが、中太の縮れ麺。小麦粉の配合から太さまで、特注で製麺したこだわりの麺です。豚ロースをホロホロに煮込んだチャーシューや味のアクセントになる香ばしいフライドオニオンなどがトッピングされれば、極上の一杯に。幸せの笑みがこぼれるおいしさです。

本店限定味は食べなきゃ損! 魅惑のガラムマサラらーめん

塩らーめんももちろんのこと、本店を訪れたらぜひ味わいたいのが、限定メニューのガラムマサラらーめん(850円)です。ガラムマサラといえばカレーの主要なスパイスの一つ。名前だけでも一体どんなラーメンだろうとワクワクしますね。
ガラムマサラらーめん
運ばれてきたのは、カレーラーメンのような、スープカレーのようなルックスのラーメン。ひと口をスープをすすると、まずは体が温まるようなスパイシーな旨みが口いっぱいに広がります。そのあと、コクのある辛味がじわり。
独特な味わいのベースは、独自に配合したスパイスを混ぜ込んだ味噌。スパイスの調合は、試行錯誤を繰り返しながら理想の味へと近づけていった苦心の作だそう。
個性的なトッピング
さらに、ブロッコリーやフライドポテトなど、個性的なトッピングもスープにベストマッチです。本店ではこれしか注文しないという常連のファンもいるほど。最後の締めにはぜひライスを。スープと合わせて食べれば、これまた独特の味わいでクセになること間違いなし。

紋別らしいロケーションも極上、ソフトやコーヒーもあり

西や本店がある海洋交流館は、ちょうどガリンコ号の乗船場の目の前にあります。防波堤やオホーツクタワーもすぐそばというロケーション。店の壁は一面ガラス張りになっていて、オホーツク海の美しい景色を眺めながらラーメンが味わえちゃいます。
店内
夏は真っ青な大海原、冬は流氷の浮かぶ海、ガリンコ号が出港するようすもばっちり見えますよ。船着場の向こうには、長い防波堤とその先端に建つオホーツクタワーも。雄大な景色を目の前に食べるラーメンは格別の味です。
興部(おっこっぺ)ノースプレインファームのソフトクリーム
テイクアウトもできるコーヒー(200円)や、興部(おっこっぺ)ノースプレインファームのソフトクリーム(300円)など、カフェのようなメニューもあるので、ちょっとひと息つきたいときに立ち寄るのもOK。
オホーツク海の景色と塩ラーメン
まろやかな旨さの塩らーめんや、オリジナリティーあふれるガラムマサラらーめんなど、手間暇かけてつくる唯一無二の味と、オホーツク海の景色を一緒に味わっちゃいましょう。

スマートポイント

  • スープの濃さは調整可能。自分の味の好みを気軽にスタッフに伝えれば、対応してくれますよ。
  • 無料の紙ナプキンも用意しているので、服にはねそうと思ったら迷わずお願いしましょう。ガラムマサラらーめんを注文した人は利用するのが○。
  • 子ども用の器やフォークスプーンも自由に使えるように準備されているので、ファミリーでも利用しやすいです。

ライターのおすすめ

メニューには道北の街・網走の地ビール「流氷ドラフト」(600円)が。チャーシューやメンマ、ギョウザなどお酒のつまみになる料理もあるので、海を眺めて昼からビールもOK。地ビールはお土産に購入もできます

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0