* menu
閉じる

観光観光

2016.02.24

大湯沼の湯の花が舞う!
蘭越町交流促進センター雪秩父

writer : さとう努

露天風呂
北海道のみならず、全国にファンを持つ人気の高い雪秩父(ゆきちちぶ)温泉が、施設の老朽化によって建て替えられ、2015年9月、日帰り専用施設としてリニューアルオープンしました。JRニセコ駅から道道66号線(パノラマライン)を車で約20分。距離にして15kmほど岩内方面へ進んでいくと、標高600mほどの小さな高原地帯にあります。夏季のみJRニセコ駅前からバスも運行しています。
大湯沼
施設のすぐ横には大湯沼があります。雪秩父という名前は、青年将校時代の秩父宮様が、1928(昭和3)年にスキーでこの地を訪れたことに由来しています。

源泉・大湯沼からの匂いに気分も高まる!

バリアフリー
施設のそばまで来ると、雪秩父の源泉である大湯沼や、近くを流れる川からも、硫黄泉特有の匂いが漂ってくるので、温泉にやってきた!という気分が高まってきます。玄関で履物を脱いだら靴棚に置き、施設の奥の方へと進みましょう。館内はバリアフリーになっています。
券売機
入浴料は券売機で券を購入するシステムになっています。入浴料は大人が500円で、小人が300円。「ニセコ湯めぐりパス」(下記スマート情報参照)も利用できます。

施設内はバリアフリーの優しい設計。特産品を扱う売店も!

温泉たまご
券売機の置かれたフロント付近は売店になっており、お米や漬物など、蘭越町の特産品や、おにぎりといった軽食も買えるようになっています。温泉たまご(60円)も売ってますよ!
エレベーター
浴室は地階にありますが、エレベーターを使って降りることもできますので、車いすの方や、足腰の弱い方でも安心ですね! なお、階段横の廊下には、100円リターン式の貴重品ロッカーが備え付けてあります。脱衣室には貴重品ロッカーがありませんので、お財布などは、浴場へ行く前にここへ入れておきましょう。

硫黄泉と鉄鉱泉の二種類のお湯が楽しめる!

泉質は、大湯沼を源泉とする硫黄泉(単純硫黄泉)と、自家源泉の鉄鉱泉(単純温泉)の二種類。硫黄泉は美肌効果が期待できる灰白色のお湯。
鉄鉱泉は褐色で、よくあたたまる優しいお湯です。
男湯の内湯
男湯の内湯は、硫黄泉と鉄鉱泉の2つの浴槽。加水や加温のない源泉かけ流し。窓も広く、浴室内も明るい感じがします。
岩風呂
露天風呂は開放感たっぷり! 男湯は岩風呂と檜風呂の2つ。どちらも硫黄泉です。
檜風呂
春から夏にかけては緑の中で森林浴が、秋は紅葉、冬は雪景色と、温泉に浸かりながら四季折々の景色を楽しむことができますので、癒やし効果も高そうですね!

女湯だけの「泥パック」で、湯あがりはすべすべ美肌に!

女湯の内湯
女湯の内湯も硫黄泉と鉄鉱泉の2つ。こちらも窓が広く明るい作り。
女湯の露天風呂
女湯の露天風呂ももちろん絶景! しかも男湯の2つに対し、なんと5つもの浴槽があります。こちらは硫黄泉、鉄鉱泉とあり、浴槽も岩風呂と檜風呂の他に寝湯もあって、さらに大湯沼の湯の花を溜めた泥風呂まであるんです!
泥風呂
この泥風呂では、湯の花を手ですくって全身や顔などに塗る「泥パック」を楽しめるので、お風呂あがりのお肌がすべすべになる美肌効果が期待できます!

入浴後のひとときをゆったり過ごせる大広間や食堂も!

食堂
施設内には、そばやうどん、カレー、豚汁定食などの軽食が楽しめる、食堂もあるのです(営業時間は午前11時から午後14時まで)。広い窓から大湯沼を眺めながら食べられます。
休憩室
また、1階には50畳ほどの広さの休憩室があり、マッサージチェアも置いてあります。お風呂あがりもゆっくりできますね。
外観
窓を広く取るなど、全体的な作りはリニューアル前よりも明るく開放的になり、日帰り専用施設として、とても居心地のよい空間に生まれ変わりました。もちろん、評判のよいお湯は以前と変わりません。ぜひ足を運んでみてください!

スマートポイント

  • 1つの施設で泉質の違う2種類のお湯が楽しめちゃいます。湯あがり後のお肌はすべすべに!
  • 開放的な露天風呂からは、季節の移り変わりを一年を通じて楽しめるのも魅力。いつ行っても新鮮な気持ちになれます!
  • 加盟施設のうち3軒で利用できる「ニセコ湯めぐりパス」(1,440円)で、お得に入浴しましょう! 「ニセコ湯めぐりパス」は直接施設で購入できます。

ライターのおすすめ

特に女性はエステ感覚で泥パックが楽しめるのは嬉しいですね。湯あがり後に硫黄泉の匂いが体に残って気になるという方は、仕上げに鉄鉱泉に入ることで和らぎますよ!

さとう努

温泉ソムリエ師範。ニセコ温泉部部長。真っ赤なロードスターで湯めぐりする若き中年・トムさんが、旬の話題をお届け!

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0