* menu
閉じる

観光観光

2016.05.25

湯・食・美がそろった癒し空間
小樽朝里クラッセホテル

writer : 濱野まさひろ

小樽朝里クラッセホテルのある朝里川温泉郷は、1954(昭和29)年に開湯しました。「小樽の奥座敷」とも呼ばれ、三方を山で囲まれた自然豊かな環境の中にあります。
朝里川温泉卿

提供写真:小樽朝里クラッセホテル

その特徴は、なんといっても利便性! 新千歳空港から車で60分、札幌からだと40分、小樽築港からだと、なんと15分程度というアクセスの良さです。こんな短い時間で、都心から山間の静かな心落ち着く空間へと、あっという間にたどり着けちゃいます。
北海道旅行の際、「札幌も小樽も両方観光したいけれど、心も癒されたい!」なんていう欲張りさんにオススメなのです♪
ホテル外観
その朝里川温泉の中でも小樽朝里クラッセホテルは、温泉だけでは無く、「美と健康」にこだわった一味違ったリゾートホテルです。宿泊はもちろん、日帰りでも楽しめるものを中心に、その秘密を見ていきましょう。

女性支配人による、エイジングケア・リゾート!

館内に入ると、少し照明を落とした、落ち着いた雰囲気のロビーで、たくさんのキャンドルが出迎えてくれます。
館内ロビー
「朝里クラッセホテルのコンセプトは””癒やし””なんです。キャンドルには、人間をリラックスさせる1/fゆらぎ効果があると言われているんですよ」と語る支配人の武田亜也さん。
支配人の武田亜也さん
天井のキャンドル型シャンデリアはLEDですが、キャンドルが持っている1/fゆらぎを解析し、数値化したデータをプログラミングして再現。ロビーにいるだけで、キャンドルの灯火に囲まれているような気分になり、心癒やされることでしょう。

「また当館はエイジングケアにも注力しています。温泉入浴を健康や美容に活かす工夫をたくさん用意しているんですよ。」と、女性支配人ならではの、嬉しい心配りが期待出来そうです!

季節で表情を変える、開放感あふれる露天風呂に癒される!

大浴場は1階の一番奥にあります。浴場に入ると、大きな内風呂! 浴槽全体が窓に面しているので、外の景色を眺めながら入浴が楽しめます。
大浴場からの景色

提供写真:小樽朝里クラッセホテル

42度と少し熱めのお湯は透明で、臭いもなく、万人向けのサラリとした入浴感です。泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉で、筋肉痛や神経痛、疲労回復などに効果があると言われています。また保温効果も高く、浴後はなかなか湯冷めしません。
四季を楽しめる露天風呂

提供写真:小樽朝里クラッセホテル

内風呂で温まったら、続いて露天風呂へと向かいましょう。岩造りの露天風呂は開放感たっぷりです!
春夏は庭園の草花を、秋冬は紅葉や雪景色を眺めての入浴を楽しむことができます。
冬の露天風呂

提供写真:小樽朝里クラッセホテル

入浴の時間帯によっても表情を変える露天風呂は、身体の疲れだけではなく、心の疲れも取ってくれます。つい長湯してしまいそうですね。湯あたり注意!

美味と健康にこだわった食事を楽しむ!

温泉に入浴すると、お腹が空きますね。小樽朝里クラッセホテルでは、1階のロードレストラン「シルフィード」で、美味しい食事を楽しむことができます。
週替わりランチセット
こちらは午前11時から午後14時に提供している、「週替りランチセット」(1,300円)です。洋食、中華、和食の3種から選べます。写真は洋食の一例でボンゴレロッソのパスタセットでした。具材がタップリ入った、本格派のボンゴレです。彩りも綺麗。
小樽あんかけ海鮮焼きそば
次に人気ナンバー1の「小樽あんかけ海鮮焼きそば」(1,450円)です。海老やイカ、ホッキ貝など海鮮具材がゴロゴロと入っています。味も海鮮のコクが餡に出ていて、極上のあんかけ焼きそばに仕上がっています。
小樽あんかけ海鮮焼きそば
ここで武田支配人から「実はこのあんかけ焼きそばも、美と健康レシピシリーズとして、お腹や腸の環境をサポートする乳酸菌がプラスされているんです!」との驚きの一言が!ホテルの「美と健康」に対する、強いこだわりを感じました。

美と健康のための施設も充実!

小樽朝里クラッセホテルの「美と健康」を象徴する施設が、「エイジングケアサロン」です。
AGEリーダー

提供写真:小樽朝里クラッセホテル

まず体内糖化、肌年齢や血管年齢を、AGEリーダーという希少な機械で測定します。(測定料1,000円)その結果を元に、常駐の健診コンシェルジュから入浴法や食生活、サプリメントの飲み方まで、健康に関するすべてのアドバイスをもらうことができるんです!
足圧ボディケアコーナー
また、大浴場に隣接した休憩所には、足裏で筋肉をほぐす珍しい「足圧ボディケアコーナー」(15分1,000円~)があり、入浴後気軽に身体のケアが出来ます。肩こり、腰痛に悩んでいる方は是非!

産地直送の野菜が買える売店!

温泉ホテルの売店というと、お土産品が中心のイメージですが、小樽朝里クラッセホテルは、違います。小樽周辺で採れたて直送の野菜や果物が年中買えるのです!
季節ごと旬の果物や野菜がある売店
取材時はりんごとじゃがいも中心でしたが、季節により色々な旬の物が入れ替わり入荷してくるそうです。
もちろん、お土産品も充実しています。ホテルオリジナルの乳酸菌入り小樽あんかけ焼きそばや、甘エビソースで仕上げた小樽カレーなど、ここでしか買えない商品がたくさんあるんです!
小樽カレー
また温泉ホテルの売店は、日中閉店しているところが多いのですが、こちらは、午前7時から午後9時まで(土日は午後10時)開いているのも嬉しいですね。

スマートポイント

  • 日帰りでも、ゆっくり過ごしたいという方には、お得な入浴と食事のセット「湯ららお食事パック」(タオル付き2,600円)がオススメ! 午前11時から午後8時30分の好きな時間に、入浴や食事を楽しめます。
  • 満月の夜8時からは、ロビーで「満月コンサート」が行われます。観覧無料なので、満月の日に合わせて夜の入浴&音楽を楽しんでみては?
  • スキーシーズンには、お得な朝里川温泉スキー場のリフト券と日帰り温泉のパックがあります。1日券と入浴が出来て2,900円というお値ごろさ!

ライターのおすすめ

さらに美と健康を!という方には、宿泊での利用がオススメ。例えば中華の調理長は薬膳料理、和食の調理長はマクロビオティックの資格保持者です。ご希望に合わせて、これらの料理を堪能することができます!

濱野まさひろ

生粋の道産子。北海道の素晴らしさは、ウニやカニだけじゃないことをお伝えしていきます!

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0