* menu
閉じる

アクティビティアクティビティ

2015.12.21

ニセコビレッジで雪遊び!
スキーやスノボー以外の魅力

writer : 國分 知貴

アクティビティ
冬の楽しみはスキーやスノーボードだけではありません。ニセコビレッジリゾートでは冬を思う存分楽しむアクティビティが盛りだくさん!

冬の散策の定番、スノーシューツアー。白い雪が舞う中、ロマンチックな雰囲気たっぷりのトナカイソリ。広大な雪原を駆け抜けるスノーモービル。優雅に雪原を散歩する冬の乗馬体験など魅力的なアクティビティばかり。また、その全ての体験窓口が1つなのも便利な所。冬の北海道、ニセコ。思いっきり雪遊び体験してみませんか?

気分はサンタクロース? トナカイソリ

トナカイとそり
冬のニセコビレッジで人気なのが「トナカイソリ」。3歳以上から体験できます。雪が舞う中トナカイの後ろ姿を見ながらゆっくりと楽しむことができ気分はまるでサンタクロースかおとぎ話の主人公のよう。
愛くるしい表情と迫力満点のツノが自慢のトナカイは真っ白な世界に良く映えます。子どもは少しおっかなびっくり!?「ソリ」になじみの深い北海道民でもあまり経験できないソリ体験です。ニセコエリア内にある、さまざまな冬のアクティビティの中でも珍しい「トナカイソリ」。是非体験してみてはいかがでしょうか。
トナカイ

雪原を優雅に「冬乗馬体験」

雪の上を乗馬
ニセコの乗馬体験は人気のあるアクティビティですが、春や夏だけではありません。ニセコビレッジでは冬でも乗馬体験をすることができ、馬の背中から眺める雪原は最高です。スタッフの方が手綱を引いてゆっくりと歩くので4歳以上から体験できます。たっぷりスキーを楽しんだ後は早めに切り上げて馬上からの景色を楽しむのも素敵な過ごし方です。
美しい雪景色

キラキラ輝く雪原を散策しよう!

スノーシューツアー
自分の足で雪原を散策したい人には「スノーシューツアー」がオススメ。スノーシューとは西洋式の「かんじき」で雪上を埋まらずに歩くための道具です。ツアーは前日までの予約で参加可能。もちろんスノーシューとブーツ、ポールのレンタルは料金に入っているので手ぶらでOKです。

普段は人が歩かないような真っさらな雪原を約1時間半かけて冒険にでかけます。しんしんと雪のふる日は辺りは静まりかえり雪の音だけが聞こえてくるよう。晴れた日には目の前全てがキラキラと輝く美しい景色が広がり、運が良ければ野生動物に会えるかもしれません。普段の生活では味わうことのできない自然体験をしてみませんか?

スキーを体験したい人にはクロスカントリースキーがオススメ。いわゆる歩くスキーなので気軽に体験できます。約1kmの専用コースを常設しており、ギアをレンタルした後は自分のペースで楽しむができます。
クロスカントリースキー

スリル満点! スノーラフティング

スノーラフティング
刺激やスリルを求めている人にもってこいのアクティビティもあります。「スノーラフティング」ではスタッフの運転するスノーモービルが牽引する川下り用のゴムボートに乗り込み雪の大地を駆け抜けます。爽快感抜群!

自分自身で雪原を駆け抜けたい人には「スノーモビルアドベンチャー」がオススメ。1人乗り、2人乗りとあるので好みに合わせて利用可能。2人乗りは後ろ側が前のドライバーにつかまって走るわけですが後ろの人はつかまる場所が体しかないので実はスリル満点です。スノーモービルアドベンチャー2

このように1つのリゾート施設内で好みに合わせてさまざまなアクティビティを楽しむことができるのもニセコビレッジの魅力。
今回は冬のアクティビティの紹介でしたが、夏には夏のアクティビティが盛り沢山!北海道ナンバーワンのジップラインをはじめ、ほかにもさまざまな自然体験ができますよ。

提供写真:ニセコビレッジ

スマートポイント

  • トナカイソリや乗馬をしたら記念撮影をしよう。
    スタッフにカメラを渡せば写真を撮ってくれます。
    カメラを忘れずに!
  • 防寒着やウェアがない方はレンタルもあります。
    アクティビティ前にスタッフに問い合わせを。
    ウェア上下 大人3,500円 子ども2,900円
  • 晴れた日は羊蹄山がキレイに見えます。
    晴れた日の夕方は真っ白な山が夕日に照らされてピンク色になることから 「ピンク羊蹄」と呼ばれています。出会えたらラッキー!

ライターのおすすめ

雪遊びをした際には「雪」そのものに注目する良い機会。
新雪を手ですくってじ〜っくり見てみると雪の結晶が見えます。
日によってまったく違う結晶の形。どんな結晶に出会えるでしょうか。

國分 知貴

自然で遊ぶ事と美味しいものを食べてお酒を飲むのが何よりの好物。フォトライターとしてそんな好物を生きた情報でお届けする。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
1+