* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.10.02

わがままじぃじぃが胸を張る
濃厚ミルクのソフトクリーム

writer : MAYO

旭川中心部から車で約30分。JR北永山駅すぐそば、大雪山につながる国道39号線沿いに、大きく「おやき」と書いてある看板が目印。テーブルセットを置いてパラソルを立てた小屋が「わがままじぃじぃ」の店舗です。
手作りやおやき わがままじぃじぃ
おやきはケーキのようにフワッとやわらかく、ソフトクリームはとっても濃厚でミルキー。近くの農業高校の生徒や家族連れのドライブ客も訪れ、一度食べたらリピーターしたくなる味と評判の、田園の隠れた名店です。
ソフトクリーム

売っているのは、わがままじぃじぃの好物だけ

お店をはじめたのは2008年。定年後の気ままな暮らしに、ピリッとスパイスを効かせるつもりでスタート。小屋の外にはテラス席も用意しています。
わがままじぃじぃ
店名から、わがままガンコなおじいさんをイメージする人も多いそうですが、ウサギのピーターを愛する至って気さくなじぃじぃ。お孫さんが最初に呼んでくれたのが「じぃじぃ」だったので、店名にも付けたといいます。
ウサギのピーター
お店で売るのは、味がきちんとわかる自分の好きなものだけ。好物しか出さないというワガママさは、実は美味しいものを提供したいという思いからだったのです。
木の札のメニュー

永山界隈ではどこにも負けない!ソフトクリーム

人気のソフトクリームは同じ旭川市内・江丹別(えたんべつ)の酪農家、伊勢ファームが作るカウ&カーフのミックスがベースですが、独自のアレンジをちょっとだけプラス。この「ちょっとの手間」がじぃじぃのこだわりでもあります。
ソフトクリーム250円
牛乳の味が濃厚で、口どけクリーミーなソフトクリームは250円。美味しさだけでなく、界隈のどこにも負けない安さも自慢です。国道39号線のドライブ途中に、美味しいソフトを超リーズナブルで! 余計な添加物が入っていないため、外で食べると溶けやすいことから、小さなお子さんにはカップでのサービスもしています。

冷めてもフワッフワのおやき!

看板にあったもうひとつの名物、おやきも半年間試作を繰り返してたどりついた自慢の味です。時間が経っても硬くならないおやきを目指して、小麦粉にはケーキ用の粉を使用。あんこは旭川の老舗店から仕入れ、じぃじぃ好みの甘すぎない甘さに調整しています。
おやき
おやきは1個ずつ紙袋に入れるという丁寧さ。紙袋を選んだのは、食べ物が呼吸できる素材だからと、どこまでも美味しさにこだわるじぃじぃなのでした。
店主じぃじぃ

無農薬栽培のポップコーンは100円詰め放題!

ほかにも気になるメニューが2つ。揚げもちフランクは肉感しっかりのフランクフルトにおもちを巻いたもの。揚げたてアツアツを頬張れば、表面カリッ、おもちモッチリ、フランクぷりっと楽しい食感です。
揚げもちフランク
気になる2つ目は世にも珍しいポップコーンの詰め放題。紙袋にポップコーンをすくっては入れ、あふれるほどになった紙袋はビニールの手提げ袋に入れて渡してくれます。
ポップポーン詰め放題
ポップコーンに使うのは自宅の畑で無農薬栽培した、とうきび(北海道ではトウモロコシのことをこう呼びます)。粒は小さいけれど、やわらかくて、とうきびの甘みがしっかり。大いに価値ある100円詰め放題、ぜひにもトライを!
とうきび

スマートポイント

  • JRの場合は北永山駅下車。250mほどで国道39号線に出てたら、すぐ右手にあります。電車の本数が少ないので、隣の永山駅か観光スポットの上野ファーム(車で10分程度)にタクシーを呼んで向かう手も。
  • マイペースなじぃじぃは、自宅でお茶していることもよくあります。お店の小屋にいないときはセンサーに向かって「じぃじぃ!」と手を振れば、30秒以内で出てきてくれます。
  • ワガママなじぃじぃは、お店は時間通りに開けますが、お天気やその日の気分で早めに店じまいすることがあります。午後遅めに寄りたいときは念のためお電話を。

ライターのおすすめ

奥さんが丹精込めて手入れをしているお庭もなかなかのもの。お店や自宅の前に咲く花を眺めながら味わうソフトクリームは、まさに田園の味! アットホームな気分でくつろげるのも魅力です。

MAYO

札幌生まれの札幌育ち。一時期、京都・東京で過ごす。北海道大好き、沖縄大好き、旅行大好き、キャベツ大好き。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0