* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.03.12

海のないニセコの絶品居酒屋
魚屋直営の名店・次郎長!

writer : 千石 涼太郎

冬はスキーやスノボー、夏はアウトドア系のアクティビティが盛んなリゾート地、ニセコ。駅前の綺羅(きら)街道は、商店が建ち並ぶニセコ町のメインストリート。その一角にあるのが、地元では知らない人がいない人気店「次郎長」です。
居酒屋 次郎長
なぜ人気かといえば、海がないはずのニセコで、港町と比べても遜色のない新鮮な魚を出し、かつ魚が港町よりリーズナブルな価格だから。「ニセコだから魚はないよね」という先入観は捨てて、参りましょう!
お刺身

清水商店だから、次郎長なのだ!

「清水商店」と書かれた魚店の横に入口があることでもわかりますが、次郎長は魚屋さんがやっている居酒屋です。つまり、魚屋さん直営なのです。しかもニセコ町は、実は海の町である岩内まで車で30分と海に近いため、新鮮な魚が店頭に並ぶのは、不思議なことではないのです!
三度笠
次郎長の名は「こわもての親父さんがやっているから」と思っている人もいるようですが、清水商店だから、次郎長なのです。入口には、清水次郎長らしく三度笠が!
清水商店

はじめてなら、カウンターに座って魚を見たい!

カウンター席、テーブル席、2階のお座敷と、少人数から団体まで対応できる居酒屋ですが、魚好きならば、少人数でカウンター席に座り、ガラスケースのなかの魚を見たり、親父さんや奥さんにオススメを聞きたいところ。
新鮮な魚
ガラスケースの魚
その日のオススメは黒板に書いてありますが、そのなかでもとくにお得なものは、やはり聞いてみないと!なのです。
オススメが書かれた黒板

八角やソイなど、北海道ならではの魚を抑えたい!

北海道というと、ホッケを焼いて…なんて思うのは、素人さん。やはり、お刺身重視で食べたいのが、次郎長です。とくにいいのは、この三点。八角(トクビレ)、ソイ、しめサバ。八角は小樽や札幌でも食べられますが、この鮮度と味、値段の安さ(大きさによりますが、700円〜1,200円程度)は、まず他では味わえません。
新鮮なお刺身
続いて、北海道のタイとも呼ばれる手前の白身、ソイ。魚そのものは関東以北なら棲息しているはずなのですが、まったく味が違います。ぜひお試しを! しめサバも、脂のノリ、しめ方のほどよい感じがたまりませ〜ん!
タラの白子
冬なら、北海道で「タチ」や「タツ」などと呼ばれるタラの白子も、なまらオススメ! なまらというのは、「超」とか「めっちゃ」という意味。これをポン酢醤油でいただきましょう!

串物も充実、ニセコの夜は次郎長で決まり!

お刺身が売りの居酒屋ですが、地元客も多い次郎長は、串物も焼き魚も充実しています。秋のサンマは脂でパンパンになったのが登場、春告魚でもあるニシンも美味しい!
脂ののったさんま焼き
ねりもの
串物
魚が焼けるいい匂いが漂うカウンターで、サッポロクラシックなど飲みつつ、旅の想い出を語り合う。そんな夜を楽しめるお店です。調理中が真剣で無口な親父さんですが、手が空けばニセコの話もしてくれます。ぜひ、話しかけてみましょう。
調理場
カウンター

スマートポイント

  • ニセコ町で、魚を食べたかったら、花吉という寿司屋か、次郎長です。
  • スキーシーズンは混み合うこともあります。予約しておきましょう。
  • ホテルからは、オンデマンドバスや季節によって近所まで巡回バスがありますが、タクシーも予約できるので、絶対に飲んだら運転しないこと。

ライターのおすすめ

小樽名物の八角ですが、この店を知ってからは「八角はニセコ!」と思ってしまうくらい次郎長の八角が美味しいのですが、ヤナギノマイなど、あまりお目にかからない白身も美味しい店なのです。

千石 涼太郎

北海道や旅、地域文化に関する書籍を多数上梓。「北海道新聞」、月刊誌「O.tone」等でエッセイ連載中です。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
1+