* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.05.25

100年続く老舗で極上の一杯
ビヤホールライオン狸小路店

writer : 上坂 由香

札幌の有名なアーケード街・狸小路(たぬきこうじ)は、明治の頃から続く歴史ある商店街。その狸小路2丁目にある「ビヤホールライオン狸小路店」は、北海道に現存する一番古いビヤホール。100年以上も前から、札幌の街を見守ってきた歴史あるお店です。
ビール
日本ではじめてビールを醸造した「開拓使麦酒醸造所」が前身の、サッポロビール直営店ということもあり、ライオンで味わうビールのおいしさはまさに本物!ビール党にはたまらない人気スポットなのです。バラエティー豊かなおいしい料理とともに、サッポロビールが誇る「極上の一杯」をご堪能あれ!

狸小路とともに歩んだ歴史と復活したライオン男爵

狸小路2丁目
地下鉄大通駅とすすきの駅を結ぶ地下街ポールタウンから3丁目の出口を上がってすぐ。狸小路2丁目にある「ビヤホールライオン狸小路店」は、1914(大正3)年創業の老舗。北海道は「日本のビール発祥の地」ということもあって、その歴史を知れば知るほど、伝統の味にのどを鳴らしてみたくなりますね。
ビアホールライオン狸小路店
ライオン男爵
現在の建物は1960年に建て替えられた3代目。欧風の白壁と屋根が特徴的な2階のベランダには、ビールジョッキを持った外国人風のおじさんが! 実はこの方「ライオン男爵」という立派な名前のからくり人形。正午から1時間ごとに動き、ビールを飲み干しながらコミカルに話します。しばらく動かない時期もありましたが、2014年、創業100周年を記念して復活! 再び通りを歩く人の目を楽しませている、人気者の男爵さんです。

「ビヤホールライオン狸小路店」伝統のこだわりとは?

木のぬくもりとレンガの温かみを基調とした落ち着く店内。ソムリエエプロンをつけたホールスタッフの手際よいサービスも、老舗ならではといったところでしょうか。レトロ調のメイド服を来たスタッフも、ビヤホールの雰囲気を醸し出しています。
店内
一度注ぎ
ここでぜひとも味わってほしいのが、「一度注ぎ」のサッポロ生ビール黒ラベル樽生。いまの主流は、ビールを注ぎ終わった後に泡をのせる「二度注ぎ」が一般的ですが、ライオン伝統の「一度注ぎ」は、泡を作りながら一気に注ぎきるという匠の技。こうしてできた自然の泡はシルクのようにきめが細かく、余計な雑味が少ないスッキリとしたビールに。「泡まで本物!」の飲みやすいビールになるのです♪
ラベル
趣きのある明治時代のラベルは、いま見ても繊細で素敵なデザイン。昔のお父さんたちは、このラベルを眺めながら、至福ひとときを味わっていたのでしょうね!

北海道のビールにはやっぱりジンギスカンが合う!

ジンギスカン御膳
こだわりの「一度注ぎ生ビール」に合うメニューといえば、やっぱりジンギスカン。人気メニューの「ジンギスカン御膳」(1,150円)は、やわらかいラムを秘伝のタレで味付けた逸品です!
パリッ!と歯ごたえのあるジューシーな「ビヤホールウインナー」(750円)も人気のおつまみ。コクのある上品なおいしさで評判の「琥珀エビス」は女性に人気がある美しい色彩のビールです。
ビアホールウインナー
琥珀エビス
また、本格的にジンギスカンを食べたい人は、同ビル4階の「山小屋ジンギスカン麦羊(ばくよう)亭」、3階は「お座敷個室しゃぶしゃぶのあぐら」と、お肉好きさんにはうれしいお店もラインナップ!

長く愛され受け継がれる伝統のビールのうまさ

「ビールは、温度やガス圧などで毎日コンディションが変ります。樽の保管や炭酸の微調整など熟練の技で品質管理を行っています」と語る支配人の松原一彰さん。札幌麦酒株式会社として日本のビール作りをはじめた頃から受け継がれる、徹底したおいしさの追求はいまも脈々と続いています。
写真
サッポロラガービール
日本でもっとも歴史のあるブランド「サッポロラガービール」(600円)は、昭和生まれの人にはお馴染みのラベル。しっかりと深みのある味わいに「やっぱりこれだね!」という根強いファンもいるとか。大正時代から続く老舗「ビヤホールライオン狸小路店」で、ゆっくりとおいしいビールを味わってみませんか?
お店のビール

スマートポイント

  • 小さなお子さん連れの方は、個室のある3階の店の方がのんびりとくつろげます。おいしいビールは1階のライオンで扱っているものがそのままありますのでご安心を!
  • 土日祝日は混みあいますので、事前に席を予約をした方が確実です。
  • 狸小路は商店街で老舗のお土産店やも多く、散策をしながら買い物するのにピッタリ! アーケードは1丁目から7丁目まで。8丁目以降にアーケードはありませんが、レトロな風情にあふれている穴場的スポットです。

ライターのおすすめ

ビールが好きな人は、主力銘柄のサッポロ生ビール黒ラベルや北海道限定のクラシック、琥珀色に輝く琥珀エビス、明治時代に発売された日本で最も歴史のあるサッポロラガー(瓶)など、飲み比べてみるチャンス!

上坂 由香

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0