* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.02.18

スパイスたっぷり野菜ゴロゴロ
ピカンティのスープカレー

writer : 金子 美里

大きな野菜がゴロゴロと入っているのが印象的なスープカレーのピカンティ。初期からブームをけん引し、多くのファンを持つ実力店です。
看板
スープには、漢方に使われる素材を含めスパイスを20種以上も調合。
体の調子を整える食材のエキスがたっぷり入っており薬膳食ともいえる健康的なもの。姉妹店の札幌駅前店はさっぽろテレビ塔など観光スポットからも徒歩圏内で気軽に立ち寄れる場所にあります。
人気のスープカレーでヘルシーな体を手に入れよう。

野菜いっぱいで色鮮やかなヘルシーカレー

ピカンティのスープカレーの特徴は、ゴロゴロとたっぷり野菜が入っていること。約10種から選べる具材にはどれも、色とりどりの野菜がしっかり入っています。
野菜は、素揚げして香ばしさもプラスしながらそれぞれ食材の旨みが感じられるよう手が加られています。
スパイシーなスープと合わせて食べると、両者のよさが口の中で溶け合って、ますます奥行きのある旨みに。
スープカレー
一番人気の具は「サクッとPICAチキン」990円。サックリと揚げたチキンレッグは、外側の小気味よい食感とふわっとジューシーな内側のコントラストがクセになります。
野菜のススメ
「野菜のススメ」990円は、約10種の季節の野菜が入ってビタミン不足も一気に解消できそうなメニュー。女子だけでなく、男子にも人気の一品です。

野菜は安心・安全を考えてできうる限り道産を使用しています。
どこまでも食べる人の健康を考えた、ヘルシーな料理なのです。

スパイシーで体にやさしい薬膳スープ

自分でメニューをカスタマイズするのが、この店のスタイル。スープ、具、辛さ、ご飯の量、それぞれ自分好みに選びます。味の要となるのは、スープです。

札幌駅前店の場合、スープは、シャンバラと呼ばれるあっさり系と、濃厚なアーユルヴェーダー薬膳の2種類から。どちらも多種のスパイスを使っていますが、アーユルヴェーダー薬膳には、20種類以上を調合し、ピカンティの原点に近い、刺激的で深い味を楽しめます。
スパイスの説明書き
スパイスの中には、春ウコン、高麗人参、トウチなど漢方薬として使われている食材もたっぷり入っています。
中には、デトックス効果や、胃腸の働きを助けるなど、体の調子を植物の力でやさしく整えてくれる効果があるものも。スープには、辛味とともに体にじんわりと染みこむような奥深さを感じられます。
スパイシーで健康的な薬膳のスープ。食べれば体の内側からもりもり元気が湧いてくるかも!?

辛さのレベルとライスの量も自分好みに

辛さのレベルは1番から5番まで。2番は一般的な中辛程度で、3番以上は辛みの素であるピッキーヌが入ります。赤いトウガラシの形をしたピッキーヌ。3番以上は追加料金がかかり、辛さに自信のある人向けです。
メニュー
ライスはターメリックで炊いてあり、ほんのり黄色く染まっています。量も半分から特盛りまで7種類の段階があって、おなかの空き具合によって調整できるのがうれしい。
カレーだけを楽しみたい人には、ライスなしも選べます。意外にも、ライスなしを選んでお酒のおともにする人も少なくないのだとか。

トッピングや器にもこだわりあり!

カスタマイズが完了したら、お好みでトッピングの選択も。玉子やチキンなどの定番から、道産大豆やひきわり納豆といった個性的なメニューも含めて約20種類のトッピングが用意されています。
プレミア舞茸
一押しは「プレミア舞茸」200円。
愛別町矢部舞茸園で育った大ぶりな舞茸を使用しており、シャキシャキした歯ごたえと、芳醇な香りが特徴です。
特注の常滑焼の器
店のこだわりは器にも。
特注の常滑焼の器は、内側が二段になった特徴的な形。これは、店の特徴でもある大きめの具材を一口大にカットするために、一部底上げされた段の上を、カッティングボード代わりにしてほしいという、やさしい配慮なのです。
中には、本来の使い方だけでなく、からっと揚がった食材がスープに浸り過ぎないよう具を「避難」させたりする人も。

ホットなカレーの後にはオリジナルスイーツを

オリジナルスイーツ
カレーを食べて辛くなった口を緩和するのに、自慢のオリジナルスイーツはいかが?
「とろとろぷりん」250円(写真右)は、名前のとおり、とろりとした舌ざわりの手作りプリン。使用する卵も牛乳も道産を使用しており、マダガスカル産バニラビーンズが豊かな香りを楽しませてくれます。
「カタラーナ」300円(写真左)も道産食材を使って手作り。
バーナーでパリパリに仕上げたカラメルの香ばしさが、クリーミーな甘さのアクセントに。

スピーディーなシステム。テイクアウトもOK

カウンター
オーダーは、スタッフがとりにくるのではなく、カウンターで頼んで精算を先にすませるシステム。さらに、料理の提供もスピーディーなので、待ち時間が短くすみます。
テイクアウト可能なので、気分に合わせて好きな場所で味わうことも可能。店の近くには、大通公園や創成川公園もあるので、天気のいい日は公園のベンチで食べても気持ちよさそう。ホテルに持ち帰って夜食にするのもいいアイデアでは?
外観
ホットでスパイシーに体を癒やしてくれる健康的なスープカレー。
エビだしスープもメニューに登場しました。ヘルシー志向というコンセプトはそのままに、新たな進化を続けていきます。

スマートポイント

  • 周囲には大通公園やさっぽろテレビ塔、時計台など観光スポットがいろいろ。観光とあわせてご当地グルメを楽しめます。
  • 待ち時間の少ないシステムなので、混んでいてもすぐにあきらめちゃダメ。満席ならテイクアウトして、公園などお気に入りの場所で食べてもOKです。
  • 喫煙ルームがあって分煙がしっかりされているので、愛煙家にはオススメ。

ライターのおすすめ

スープカレーブームを初期から支えてきた味の一つで、個人的にはかなり好きな味。オリジナルスイーツはこの店でしか味わえない逸品です。

金子 美里

フリーランスライター。地元情報誌の編集として勤めたのち独立。現在は観光情報誌や旅行雑誌などに執筆。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
2+