* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.04.25

昭和31年から引き継がれる
こだわりのタレがうまい山小屋

writer : 上坂 由香

平成15年に札幌のすすきのにオープンした生ラムジンギスカン山小屋は、肉質にとことんこだわったラムと、エゾジカ肉が人気メニューのお店。
1956(昭和31)年創業の北海道ジンギスカン店の草分け的なお店・小樽景勝園(現在休業中)で出されていた特製タレを、そのまま引き継いで提供しています。
山小屋のジンギスカン
歴史ある老舗のタレがすすきので味わえるという山小屋は、ジンギスカン店ではめずらしい、意外なモノも食べ放題といううれしいサービス付き!

ジンギスカンとプチトマトのコラボが山小屋風

食べ放題のもやしと玉ねぎ
食べ放題のもやしと玉ねぎ。肉汁のうまみを吸いこませるため、鍋のまわりにたっぷりとスタンバイ。炭火で焼かれたアツアツの鍋に脂をなじませていくと、食欲をそそるあま~い香りがしてきます。
ラム肉&シカ肉
こちらは『ラム肉&シカ肉(数量限定1,000円)』。
北海道産エゾジカ肉は鮮やかな赤身。脂身の少ないヘルシーなお肉とあって、若い女性に人気です。ラム(生後1年未満の羊肉)は、ニュージーランド産とオーストラリア産を厳選して提供しています。
鍋のまわりのプチトマト
鍋のまわりを飾るのは、なんとプチトマト! ツヤツヤと赤いプチトマトは色どりもよく、かわいらしい感じがします。口直しに出されるサービス品で、食べ放題というから驚きです。そのまま生で食べてもよし、焼けばさらに甘みが濃厚になる焼トマトに変身!思いがけずくせになるかも。

追っかけがいる山小屋の特製タレ

タレ
「あのタレでジンギスカンが食べたい!」と、景勝園時代の常連客が追っかけをしてやって来る人気のタレは、りんごをたっぷりと使って熟成させています。おろし玉ねぎはお好みでどうぞ。
焼トマト
ラムはジューシーでやわらかく、1956年から引き継がれた特製タレにからめれば、肉の脂がサッパリとしてやみつきになるおいしさです。シカ肉もプリプリの食感!肉のうまみを引き立てるこのタレに、追っかけがいるのもうなずけますよ。
山小屋特製もち
山小屋特製もち(500円)も人気のひと品。「火の通りを考えて薄めに作ってもらっている特注品です」と、店長の成田さん。
こんがりと焼いたもち
ほどよく肉の脂がしみ込んだ鍋の上で、こんがりと焼いたもちを、特製タレにからませて食べるというヒットメニュー!1人前(6枚)は多いかな?と思っても、ペロリといけちゃいます。数あるすすきののジンギスカン店で、もちがメニューにあるのは、山小屋さんだけかも。

心なごむアットホームなお店

木のぬくもりにあふれる山小屋風の店内は、カウンター15席のみ。肉を焼く七輪は一段下がったところに置かれ、カウンターとほぼ一体化。鍋全体を見渡せます。
カウンター

提供写真:山小屋

お店のスタッフはほぼ全員女性で、まるでお母さんが肉を焼いてくれるような居心地のよさ。「もやしと玉ねぎ入れましょうか?」「肉は焼き過ぎない方がおいしいですよ」と、ほどよい加減でやさしい声がかかります。中国語、韓国語、英語で書かれたメニューも用意しているとのこと。海外からの観光客にも人気のジンギスカン店です。
外観

スマートポイント

  • 地下鉄すすきの駅から徒歩3分。ビルの1階にお店があり、赤い提灯や行燈が目印です。
  • カウンターのみ小さなお店なので、来店前は電話で空席の確認や予約を。
  • お肉の匂いがしみつかないように、カバンやコートが入る大きなビニール袋が手渡される心配りがうれしい。

ライターのおすすめ

60年以上の間受け継がれるタレは、いわゆる角のないまろやかな味で、特製のお餅が絶品。焼いたプチトマトも、甘みと酸味がジンギスカンとよく合います。

上坂 由香

5年に1度くらいしか風邪をひかない体質を自慢していたら、普通に歩いていただけで膝の半月板を故障。足腰の弱まりを痛感している今日この頃。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0