* menu
閉じる

観光観光

2017.01.21

いまも愛され大切に保存される
炭鉱遺産「美唄鉄道旧東明駅」

writer : 石田 美恵

その昔、炭鉱で栄えていた美唄(びばい)市は、貴重な炭鉱遺産として美唄鉄道旧東明(とうめい)駅舎とSLを保存しています。まちの東側にある東明駅は、1948(昭和23)年にスタートし、1972(昭和47)年まで使われていました。赤い三角屋根のかわいい駅舎から、いまも当時の雰囲気が静かに伝わってきます。
東明駅
駅舎の裏側にSLとホームの一部があって、だれでも自由に見学OK。かつての駅全体の様子がよくわかり、写真撮影にも人気のスポットになっているのです。
SL

坂道に強い4110形の展示は、国内でここだけ!

美唄は札幌と旭川のほぼ中間にあるまち。美唄鉄道は1914(大正3)年に美唄軽便鉄道としてはじまり、三菱美唄炭鉱から産出する石炭を運ぶために誕生しました。駅舎と一緒に保存されているSLは、正しくは「4110形式十輪連結タンク機関車2号」という名前です。
正式名『4110形式十輪連結タンク機関車2号』
機関車の説明書き
大正時代にドイツから輸入された「4110形」をモデルに特注され、坂道でもぐいぐい登れることが特徴。車体の横には、三菱のマークが輝いています。
三菱マーク
完成は1919(大正8)年、購入に約22万円かかったそうで、いまの価格にするとなんと約11億円! 同じ形の車体が見られる場所は、国内では他にないので、鉄道ファンにはたまらないスポットです。

駅舎やホームの雰囲気もそのまま

美唄鉄道旧東明駅は、木造平屋建てのこじんまりとした駅舎ですが、最盛期は約3万人もの住民が利用していました。ふだんは無人で、なかに入ることはできませんが、近くに住む「東明駅保存会」の皆さんが手入れをしているので、どこもスッキリきれいです。
駅舎は赤い屋根の木造平屋
改札口
改札口の様子も当時のままで、お客さんの姿が目に浮かぶようです。レトロな雰囲気が素敵ですね。
ホーム跡地
かつてホームだった場所には、コンクリートの一部が残っています。線路は撤去されてサイクリングロードになっていますが、いまは残念ながら使っていません。

なかを見たい人は、お盆がチャンス!

駅舎の内部には、昔のままの改札口や切符販売機などが、大切に保管されています。毎年お盆のころに、保存会の皆さんにより写真展が開かれ、内部を一般開放しています。
駅舎内部
切符販売機
炭鉱や鉄道の写真

提供写真:東明駅保存会

この年に一度のチャンスに、全国から多くのファンが訪れます。これらはすべて、東明駅を大切に思う地域の協力があってこそ。周辺の草刈りや花壇の整備など、多くの方々が40年以上にわたって駅を守り続けているのです。
その積み重ねを想像すると、小さな駅舎やたくましいSLの姿が、より素敵に温かく感じられます。ドライブの途中や遺産めぐりの際に、ぜひ立ち寄ってみませんか?
周辺の草刈りの様子
花壇の整備の様子

提供写真:東明駅保存会

スマートポイント

  • かつての鉄道跡地に、駅舎、機関車、ホームの一部がそのまま保存されているので、鉄道全体の雰囲気を体感できます。
  • 東明駅の近くにある「居酒屋幸楽」は、「東明駅保存会」の副会長さんのお店。詳しいお話が聞きたいときは、お食事がてら訪ねてみては。
  • 東明駅から歩いて数分の場所に、美唄のおすすめ観光スポット「安田侃彫刻美術館アルテピアッツア美唄」があります。時間があれば足を伸ばしましょう。

ライターのおすすめ

お盆の時期は駅舎内で写真展が開催され、内部も見学できます。古い券売機や時刻表、カレンダーなど、鉄道ファンならずとも見どころがいっぱいです!

石田 美恵

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
0