* menu
閉じる

観光観光

2017.03.02

「石の蔵ぎゃらりぃはやし」で
アートにふれつつカフェで一息

writer : 石田 美恵

札幌駅北口から歩いて数分のところに、味わい深い石蔵と、ピンクの窓枠がかわいい古民家があります。ビル街のなかにあって、ここだけが昔ながらの風景。石蔵は大正時代に建てられたもので、札幌で産出される「札幌軟石(なんせき)」を使っています。2002年からは、カフェ&ギャラリー「石の蔵ぎゃらりぃはやし」として営業中。
石の蔵ぎゃらりぃはやし
ギャラリーでは、陶芸や絵画、手工芸、テキスタイルなど、いつもさまざまな展覧会が行われています。コーヒーと手作りケーキも評判で、一人でふらりと立ち寄っても、落ち着いた時間が過ごせます。アートの余韻にひたりながら、おいしいコーヒーでゆっくりしませんか?
石の蔵ぎゃらりぃはやしの看板

2階建ての石蔵が、隠れ家のようなギャラリーに

建物は木造の母屋と石蔵が連なる形になっていて、玄関を入って右手が石蔵。1階2階が貸しギャラリーとして使われています。厚い扉の向こうに、木製の階段があります。
厚い扉の向こうにある木製の階段
階段をソロリソロリと上がっていくと、まるで隠れ家に迷い込んだようなワクワク気分。少し勾配が急ですが、手すりがあるので安心です。
階段
蔵のなかは天井が高く、とっても素敵な雰囲気です。展示は地元の作家の作品が多く、運がよければ作家が会場にいることも。約1週間ごとに展示内容が替わるので、どんな出合いがあるかはお楽しみです。
繊細な銀細工の展覧会が行われたときの様子
額に入れて展示された銀細工
写真は、繊細な銀細工の展覧会が行われたときの様子です。展覧会によっては、販売している場合もありますので、お気に入りを見つけて自分へのお土産にしてもいいですね。

かつての質屋が、時を超えてくつろぎのスポットに

左手の母屋の1階部分が、カフェになっています。こちらの建物は一度火事に合い、1930(昭和5)年に建て替えられたもの。それでも、約100年の歴史を刻む古民家です。かつては、質屋さんの店舗として使われていました。
カフェになっている母屋の1階
オーナーの林常子さんはもともと陶芸が好きで、「小さなギャラリーをやりたい」と思っていたところ、偶然この建物を発見。「展覧会をする作家さんが、お客さんとお茶を飲める場所があれば」と、カフェも併設することにしました。
立派な梁
2002年にオープンするとき一部を改装しましたが、昔ながらの建物を大事に活用しています。天井に見える立派な梁は建築当時のもの。また、以前は建築事務所として使われていた時期もあり、そのときにリフォームした部分も多いそうです。窓枠や玄関の扉などはスウェーデン製なんですって。
窓に面した明るいカウンター
窓に面した明るいカウンターは、お一人様にもうれしい特等席です。春になると、向かいにある合同庁舎の桜や、ライラックの花がきれいに見えます。

手作りケーキやワイン、ビールもあります!

「喫茶メニューはあまり増やさないようにしているんです」という林さんですが、コーヒーは昔から大好きだったこともあり、ブレンドのほか、週替わりのストレートも提供しています。
フルーツケーキ
手作りのケーキも人気で、5種類のドライフルーツが入ったフルーツケーキは、コーヒーとセットで800円。本格派のおいしさです。このほか、ピザトーストなど軽食もあるので、お腹が空いても大丈夫。ワインやビールもあるので、夕暮れどきにちょっと一杯もいいですね。
陶芸作品
店内にもさりげなく陶芸作品が飾ってあり、購入もできます。写真の赤絵の器は、林さんがほれ込んだ函館の陶芸家の作品。
ギャラリーの建物を描いた絵
壁には、ギャラリーの建物を描いた絵が何枚もかかかっています。多くのファンから愛されているんですね。いろいろな発見や、出合いが楽しい「石の蔵ぎゃらりぃはやし」。札幌駅付近に来たときは、ぜひ時間を見つけて立ち寄ってみてはいかがでしょう。

スマートポイント

  • 札幌駅北口の東端のほうから出ると、徒歩3分ほどで到着します。札幌駅付近で、ちょっと時間が空いてしまったときにもオススメの場所です。
  • カフェだけ、ギャラリー見学だけの利用もOK(ギャラリー見学は無料です)。古民家ファンのかたは、建物全体の雰囲気も満喫しましょう。
  • ギャラリーの展示内容はジャンルが幅広く、時期によっていろいろな作品に出合うことができます。作品を間近でじっくり鑑賞できるのが大きな魅力です。

ライターのおすすめ

オーナーの林常子さんの気さくな人柄も、「石の蔵ぎゃらりぃはやし」の人気の秘密です。店内にある陶器など、気になった作品があれば、質問するといろいろ教えてくださるので楽しいですよ。

石田 美恵

札幌出身。料理本編集者として東京の出版社に勤めたのち札幌にUターン。海藻と羊肉、鮭、お寿司が好きです。

スポット詳細

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン
2+