* menu
閉じる

おみやげおみやげ

2017.07.18

シンプルでさりげないデザイン
世代を超えて愛される中村洋装

writer : Naoko Uchima

本島中部の北中城「イオンモール沖縄ライカム」近くの中村ビル5階にアトリエを構える中村洋装は、同フロアでメンズとレディースの洋服を展示・販売しています。

オーナーであり、デザイナーでもある中村卓矢(なかむら たくや)さんは、顧客の顔が見えるサービスを大切にし、これまで取材などには、ほとんど応じてこなかったのですが、今回は特別に取材許可をいただきました。

ヨーロッパの風習のように世代を超えて、お父さんから息子へ、お母さんから娘へと、家族に託されていくテーラーメイドの一着がここにあります。

メンズとレディースの洋服を展示・販売している中村洋裁
店内
テーラーメイドの一着
様々な糸

中村洋装の服の魅力とは

1997年にオープン以来、20年を越える中村洋装を訪れるのは、地元の人が大半を占め、親子二世代にわたる長い付き合いの家族も多いそう。幅広い年齢層に長く愛される中村洋装の魅力はどこにあるのでしょう?

中村洋装がスタートした’90年代後半は、沖縄の雑誌『hands』(現在は休刊)を中心に、ファッションや音楽、バンドブームでした。当時、沖縄のファッション業界を牽引していたのが、バルーンスカートの生みの親として知られるファッションブランド「PICTURES」の大城司さん、今はなきサイバーパンクのブランド「キュービック」、その次に頭角を現してきたのが中村洋装だったそうです。

独創性が魅力の2ブランドと違い、中村洋装はシンプルで飽きのこないデザインが受け入れられ、いつの間にか馴染むように県内のクリエイターやおしゃれな人たちの間で浸透していったのです。

スタッフの石嶺亜美(いしみね あみ)さんは、「シンプルだけど,さりげないデザインが効いていて(ここへ来るお客様は)そこに気がついてファンになってくれた方が多いようです」と語ってくれました。

シンプルで飽きのこないデザイン
スタッフの石嶺亜美さん
定番白シャツ
さりげないお洒落

中村洋装をクールに、かわいく着こなす亜美さん。

お客様の顔が見えることを大切に

中村洋装では、お客様との対話をとても大切にしています。その中から趣味や好みを汲み取り、要望に合わせて、購入した洋服の基本のシルエットを崩さないようカスタマイズやお直しをしてくれます。

簡単なお直しならコーヒーを飲んでいる間にすませてしまうこともあるし、長い付き合いのお客様とは、それが大切なコミュニケーションの時間に。洋服を通しての出合いが、その後、何十年にもわたって続く理由がここにも一つありそうです。

洋服にまつわる人生のエピソードも数知れません。
「父がいつも大事に着ていたから、亡くなった時に服と一緒にお見送りをしました」とか、「遺された服を家族が譲り受け、今でも着ているよ」
中村洋装にはそんな声も届きます。

内側のポケットが人気

フランスのパン屋さんの作業着にヒントを得て内側にポケットを。ロングセラーだが、残すところ数点のみ。

針とボビン
ユニークな柄の椅子

ユニークな柄の椅子はリーバイスのジーンズをカスタマイズしたもの。

定番ジャケット

ちょっと抜く感じのおしゃれ

中村さんは、中学生の頃に雑誌でみたTOKIO・KUMAGAIというデザイナーの洋服に衝撃を受けたそう。中村洋装の服は、クラシックでアバンギャルド。

シンプルだけど、凝ったデザインが、カジュアルにも、スマートにも、どちらでも着こなせる印象です。

お洒落をすることに100%気合いを入れるわけではなく、ちょっと抜く感じでファッションを楽しむお客様が多いようです。
ディテールが楽しいシャツ

ポケットだけニットのシャツやボタンホールの縫い糸など、ディテールが楽しい。

お洒落な靴
カラフルなファッション
中村洋装看板

APARTMENT OKINAWAに参加して

沖縄のアパレルをまとめ、グループで県外や海外で活動するAPARTMENT OKINAWAについて、「ピカソたちの住んでいたLe Bateau Lavoir(バトー・ラヴォワール)のようなイメージ。一つのアパートに住み、アトリエを構え、お互いを触発しながら創作活動を行う拠点のようなものと捉えているとのこと。

「沖縄のファッション業界の人は狭いようでいて、意外と知らない者同士のことも多い。APARTMENT OKINAWAがきっかけとなって、触発し合ったり、新たなインスピレーションが生まれるようになったらおもしろいですね」

中村さんの夢は、「できれば県外、海外へもトランク一つに服を詰めて出かけていって、自分達の作った服を見てもらいたい!」とのこと。

一見シンプルだけど、沖縄の中村洋装にしかない服、中村さんとの出会いを含めて、ぜひ沖縄旅行でとっておきの一枚を見つけてみてはいかがでしょうか。

ニット編み機

編み機を使ったニットアイテムも今後増えそうです。

目印「きらく亭」看板

きらく亭の看板を目印に真ん中のビルが「中村ビル」

駐車場

駐車場は建物下の屋根がある部分。赤い柱が目印。

スマートポイント

  • セレクトショップとして、APARTMENTM OKINAWA参加ブランドの「monsieur monsieur」や、イギリスで経験のある沖縄出身デザイナーによる「ma'ona」なども取り扱っています。
  • 中村洋装は、東京・下北沢で年に数回、展示販売会しています。東京で注文して沖縄で受け取りなども可能です。またロンドンからの「POP UP SHOP」も不定期開催しているので詳しくはfacebookにて。
  • 周辺情報として、プラザハウスショッピングセンターや外人住宅を改装したjiji・cafe、Roguiiなどからも近く、地元のハイセンスな人たちの感性を体感できます。

ライターのおすすめ

スタッフの亜美さんが着ているジャケットや小技の効いたシャツがステキでした。男女問わず、年齢や流行に関係なく、おしゃれを楽しむ人たちにとって、特別な一枚がきっと見つかると思います。

Naoko Uchima

地域に根ざした情報をグローバルな視点で捉え、楽しく、ディープな沖縄のヒト、モノ、コトをご紹介。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0